エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

インド映画『きっと、うまくいく』-笑って泣いてぐっときて…あっというまの3時間

晴れたり曇ったり、風もあるが 家にいると、ちょっと蒸し暑い。 ユウギリソウ(夕霧草)が 再び咲いてきた // スポンサーリンク'); // ]]> // 何というか 馬鹿らしさと真面目さが入り混じり、 もちろん、歌って踊ってのシーンもあり、 ラブロマンス、社会背…

映画『情愛と友情』-イヴリン・ウォー原作の『ブライズヘッドふたたび』

日差しが戻ってきたようだ。 と、午後から、突然の土砂降り…。 そして、また晴れる…。 天気もめまぐるしい。 そういえば、明日の未明に、皆既日食だそうですね。 少し前になるが ツルバギア シルバーレースに花がついていた。 // スポンサーリンク'); // ]]>…

エリザベス・ギャスケル原作『北と南』-BBCテレビドラマをDVDで

夜中に、ものすごい雷鳴で目が覚めた。 雨もひとしきりすごかった。 今朝は、上がっていたが、 ぐずついた天気で、突然 降ってきたりする。蒸してるし、 なかなかすっきりしないですね。 青色(西洋)フジバカマが少し咲いてきた // スポンサーリンク'); // …

『ほんとうの空色』バラージュ・ベーラ 岩波少年文庫

今朝のヨウラク玉アジサイ もう一つ お盆も過ぎようと、八月なかば。 今日は、結局、雨降りになった。 涼しいを通り越して、夏服だと肌寒いくらいかも。 夏はどこへ? 暑いよりは助かるといいながら、 春先もそうだったが、季節はずれの天候続き。 青い空も…

『迷い鳥』タゴール詩集の新装完訳本-心を澄ますもの

ヨウラク玉アジサイが二つ開花中。もう一つはまだ蕾(木の陰) 1 夏の迷い鳥が、わたしの窓にきて、うたをうたい、飛び立つ。 そして、秋の黄ばんだ木の葉が、うたうでもなく、吐息まじりに舞い散る。 『迷い鳥』 タゴール 1 STRAY birds of summer come t…

映画『ハワーズ・エンド』-美しい郊外の邸宅の後継と人間模様/文芸作品、テレビドラマ化へ

イギリスの作家E・M・フォスター(1879-1970)の小説 『ハワーズ・エンド』というのは、 イギリス郊外の邸宅の名前である。 ハワーズ・エンド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-7) 作者: E・M・フォースター,吉田健一 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売…

映画『ロイヤル・セブンティーン』爽快でハートウォーミングなコメディ

秋かと思うほどの涼しさ、 数日、曇りがちに雨降りでしたが、 今日は日差しが戻ってきたようです。 シモツケ ホワイトゴールドが再び花をつけています。 今朝のヨウラク玉アジサイ // スポンサーリンク'); // ]]> // ロイヤル・セブンティーン [DVD] 出版社/…

映画『真珠の耳飾りの少女』ーフェルメールの絵に秘められた物語

オランダでは、モナリザとも称される絵画 フェルメールの作品 “真珠の耳飾りの少女” (画像は、真珠の耳飾りの少女 - Wikipedia から転載) 背景もなく、振り向くように こちらを見て佇む少女の肖像。 その表情が語りかけてくるものには、 想像をかきたてる…

7月末に復刊した絵本『エミリ・ディキンスン家のネズミ』長田弘訳

暑い日が続きますね。 開花しだした 庭のヨウラク玉アジサイ 昨日(8月8日) 本日(8月9日) // スポンサーリンク'); // ]]> // さてと、 今日の一枚は、書のブログから。 小さくとも、思い高く、 一本の花を、一冊の本をそだてるのだ。 微笑みの種子を…

『アーネスト式プロポーズ』英国コメディ映画-オスカー・ワイルドの戯曲『真面目が肝心』

ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』から BBCの人気ドラマ以来、 ミーハーのご多分にもれず ダーシー卿役のコリン・ファースが 出演する映画が 注目リストのいくつかとなり、 その後見たのが、『英国王のスピーチ』 英国王のスピーチ スタンダード・エデ…

今日は立秋、明日は満月の合間の所感/ヨウラク玉アジサイがほころんできた

曇りがちになる時もあるものの むっと、暑い外気。 7月には、まあ、しのげたが、エアコンも使い出す。 季節の移ろいがわかりにくくなっているが、 暦では、立秋だという。 明日は、満月だが(部分月食) 昨晩の月はもう満ちていて明るかった。 またエネルギ…

庭のセミしぐれとその姿-高村光太郎『蝉の美と造形』

雨や曇りで、涼しく感じたのもつかの間、 蒸しても、晴れても暑い夏が戻ってきた感じです。 ウメの葉の裏側に、セミの抜け殻がダブルで 庭のあちこちに、セミの抜け殻をたくさん見かけ、 地面には、小さな穴も見られます。 庭木でも、この時期になって、 大…

“花魁草” オイランソウ(フロックス)-夏から秋を彩る草花

父母のいた頃から、ずっと我が家の 夏の庭の定番の草花といえば、こちら。 毎年、暑い夏から、秋にかけて長く 花壇を彩ってくれるフロックス。 和名では、“花魁草” オイランソウとも。 すっと伸びた茎の先で 小さな花が丸くまとまり、 ゆらゆらと風に揺れる…

映画『ブリジット・ジョーンズの日記3』-12年後の英国ロマンティック・コメディ

ヘレン・フィールディングのベストセラー 『ブリジット・ジョーンズの日記』(1996年)が出た当時は ミーハーそうな内容だわ、とスルーしたので 原作本を読んでいない。 もし、『高慢と偏見』と接点があると知っていたら 手にしたかもしれないが(笑) 結局…

“魔法の水”(経口補水液)の副効果?-足のむくみ減少/季節のお便り

8月に入りましたね。 7月の初め頃ほどではないものの やはり蒸し暑い。 曇ってきて、午後、雨が降り出して、 ちょっと風が涼しくなってきた。 アロニア(チョコレートの木)の実が色づいてきた www.salon-shiroineko.com www.salon-shiroineko.com 毎年、…

“バラのドイリー” ヨーロッパのレースから/ワンダフル・ナイト

曇りがちだったのに、 日中は夏の日差しが ばっちり戻っている。 読んだ本のアウトプットもできるといいけれど、 のんびりと 何ということもない写真の一枚シリーズで 今日は更新。 暑いので 涼しげな草木を 斑入りハイビスカス スノーフレーク 暑くなってか…

久しぶりのミステリー『高慢と偏見、そして殺人』P.D.ジェイムズ-後日談(続編)という作品

暑さが戻ってきたような…。 本好きではあるが、 特にミステリーが好きというわけではない。 基本的に怖がりだし、 陰惨なものは好みでないのもある。 とはいえ、子供の頃から 少年少女向けの世界文学全集やらで いろいろ読んでいたし、 シャーロック・ホーム…

案ずるより何とか-孔雀のテーブルセンター

私は、おそらく器用な方ではないし、 どちらかというとめんどくさがりだろう。 以前、レース編みにハマっていた時も、 終始、一本のレース糸だけで 編み上がるというのが、気に入っていて、 色を替えるとか、途中で糸を切るとか、 いわゆるモチーフつなぎは …

ようやくお湿り-庭も人もほっと一息/鍵(かぎ)- Une clef

昨晩からの雨で、気温も下がり、涼しい。 暑さと風で乾ききっていた庭の草木も潤い、 ほっと一息ついた感じ。 何か、のんびりしちゃう…。 南天と雨の雫 すっかり葉がうなだれていた玉紫陽花の葉も 生き返ったようにピンと張っていて、よかった。 何だよ、こ…

ヨウラク玉アジサイの花芽のその後/Pen+のムーミン読本

結局、曇ったり、晴れたり 暑いですが 風もあるから、しのぎやすいほうか…。 ルドベキア タカオが元気 さて、地植えにして初めての花芽が三つついた ヨウラク玉アジサイ www.salon-shiroineko.com 今日はこんな感じ 一番小さいのから 大きいほうといっても、…

隙間で咲き続けるサルビア-コーラルニンフ/朝顔のドイリー

強風。 窓を開けっぱなしなので、 砂も入ってくるからでしょう、 足裏も砂っぽい。 窓の多い居間は、外なのか内なのか わかりませんね。猫も土足?で出入りするし(;'∀') 前にもいったかもしれないが、この サルビア・コクシネアの優しい色合いが好き。 ピン…

『生きていることを楽しんで』ターシャ・テューダー/みかん色のぬくもり

朝から曇りがちで、風がある。 午後から、雨がパラパラ降ったり、 日差しが陰っただけ、ほっとひと息…。 先日、花芽をつけたグレース(スモークツリー) www.salon-shiroineko.com 花穂が大きくなって揺れている 煙の元、花序が伸びています。 こちらは柏葉…

ムーミン一家のよさは、おおらかな自由さ-『ムーミン谷の名言集』

オレガノ ロツンディフォリウム 観賞用オレガノ ケントビューティに似ていますが、白花 いつのまにか、梅雨も明け (雨らしい雨が降らなかったので) 静かな土曜日。 直射日光を、雨戸で遮りながら、 大きく開けた窓からは風が通り抜ける。 外は暑いけれど、…

『樹木たちの知られざる生活』-森林管理官が聴いた森の声 ペーター・ヴォールレーベン

晴れていたが、天気は変わりやすく ざっと雨が降ってきたり…。 グラジオラスが開花 // スポンサーリンク'); // ]]> // 樹木たちは子供を教育し、コミュニケーションを取り合い、 ときに助け合う。その一方で熾烈な縄張り争いをも繰り広げる。 学習をし、音に…

本当の自分を引き出すために-『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』相川圭子さん

今日も晴れて暑い。 それでも、湿度が高くないのか、からっとしている。 お天気雨がぱらついていた。 ようやく、行きつけの美容院で髪をカット。 暑いので、短めにしてもらい、スッキリ軽くなった。 オレンジ色のワカメちゃん(カット)という感じかも(笑)…

ちょっとレトロな夏-眺めて楽しいミニチュア(食品サンプル)

今日も、おおむね晴れています。 昨日も午後、ちょっと雨が降りましたが、 やや日差しが陰りがちになるとほっとします。 オレガノ ケントビューティ 香りもあり、涼やか夏は、和の郷愁も誘うのか、ちょっとレトロな気分が 楽しかったりします。蚊取り線香の…

『私は人生をバケーションのように過ごしてきたわ』-ターシャ・テューダーの言葉

朝はやや曇りがちだったが やはり、しっかり晴れて暑い。 ルドベキア タカオも咲いてきた // スポンサーリンク'); // ]]> // この本は、 既出のターシャさんの言葉(5巻)のベスト版ということで 今年の春に出されたもののようだ。 そういえば、春に新しい…

地植えにしたグレース(スモークツリー)に花芽がついた!

日照りの合間に、昨夜と今朝、久しぶりの降雨。 昼はまあまあ、晴れています。 ここまで、しっかりした花穂が上がっていたのに 全然気づかなかった。 西側で、日差しの来る表に向かって伸びているせいもあるが この時期、更に新葉が伸びて、その先につくとは…

“魔法の水”-自宅で経口補水液を作る/和心でお届け

オイランソウ(フロックス)の白花も 開花してきた。 7月に入って暑い日が続く。 冷房をあまり使わなかったせいもあったのか 一昨晩、夕食の用意をしてから シャワーを浴び、その後、ご飯という時に ちょっとバテてしまった。 もっとも、ご飯は食べれたので…

未知と不確実性を楽しむ-『忘れるだけでうまくいく脳と心の整理術』茂木健一郎さん

今日の日差しは一段と強烈な感じですが、 車を出してもらって、買い物を済ませられてよかった(笑) 西側では、八重のムクゲ(木槿)が、次々咲いています。 脳科学者、茂木健一郎さんの著書。 現代は、記憶する術より、忘れるスキルが必要ではないかという…

ルドベキアー夏から秋を彩る草花/コージー・タイム

暑い日が続いていますね。一昨日、 昨日、今日と続けて風が強く、室内にも砂埃が…。 そういえば、しばらく雨が降っていません。 少しお湿りが欲しい感じです。 ルドベキア リトルスターも開花してきました。 ルドベキア、暑い夏から秋まで長く、 元気に咲い…

夏の出会い-猫との物語の伏線

家に、初めての猫たち(シニアの父子猫)を迎えたのは もう十数年前のこと、1月の末だった。 動物好きなほうであったが、 猫とは馴染みがなく、どちらかというと犬派だった。 庭を荒らされるからと 親の代では、追い払っていたくらい。 その後、小型犬を飼…

ペンタス-夏から秋を彩る草花/小さなバラ一輪

暑い夏も元気に咲く花 ペンタスもそのひとつ。 以前、庭にあった時の写真ですが、 やはり綺麗ですね。 ギリシア語のペンテ(五)が語源といい 小さな星形の花が集まって美しい。 英名は、”Egyptian Star Flower” 星に願いを…ではありませんが、 花言葉は「願…

モナルダ、エキナセアの季節-野草・薬草系がお好み?

西側で、モナルダが咲いていました。 ハーブのベルガモットです。 ベルガモットは、 香り高い紅茶のアールグレーでもおなじみ。 モナルダとルドベキア ルドベキアをはさんで エキナセアも次々咲いています。 エキナセア ピンクソルベ エキナセア マグナムだ…

ぬばたま-ヒオウギ(檜扇)とヒメヒオウギ

以前、ブラックパール(観賞用トウガラシ)について 載せました。 ちなみに、 黒く輝く実といえば、こちら 神秘的な黒光りは、“ぬばたま”(射干玉) ヒオウギ(アヤメ科)の種子なんですが、 万葉集などでもお馴染みの黒色にかける枕詞 でもありますよね。 …

ブラックパール(観賞用トウガラシ)-魅せられた草花

おかげさまで、はてなで、 多様なブログを拝見するようになっています。 私が、もとから、よく見にいってるのが 庭と日常についてのブログ。 庭ブログを書いている人のご多分にもれず、 私も、いわゆるカラーリーフにも 興味を惹かれちゃう。 まあ、斑入りと…

ブルーエルフィン(ブルーウィング)クレロデンドロム-魅せられた草花(木)

一時はまった草花、草木をまたひとつ。 可愛い(面白い)でしょう。 クレロデンドロム、クレロデンドルムという、 南アフリカ原産の常緑低木 ブルーエルフィン(青い妖精)とか ブルーウィング(青い翼)とも呼ばれているそうです。 英名が、ブルーバタフラ…

クロサンドラ “サマーキャンドル”-夏から秋を彩る草花

これも熱帯系で、一年草扱いながら 冬越ししようと鉢を室内に取り込んだり… 毎年のように植えて楽しんだ植物のひとつ。 クロサンドラ キツネノマゴ科 ギリシャ語の「房飾り」に由来し、 花言葉は、「理想の美」や「仲良し」だそうです。 ネーミングの“サマー…

キャットウィスカー(ネコノヒゲ)-夏~秋を彩る草花

庭に、新たに草花を植えるようになってから いろいろ迎えました。 結構、はまっていた? 植物を載せてみます。 過去形なのは、冬越しできず (一年草扱いで)定着しなかったから。 面白い花が咲いていました。 英名では、キャットウィスカー “ネコノヒゲ”と…

挿し木で更新-シコンノボタン(紫紺野牡丹)

7月に入って、暑くなった。 雨が降る予報だけれど、まだ晴れている。 魅惑の紫紺色! そう、シコンノボタン(紫紺野牡丹)漢字だと、何とも、和風な雰囲気ですが、 実は、ブラジル原産の常緑熱帯性の花木だそう。 英名では、Brazilian Glory Bushと呼ばれる…

7月初めのお庭メモ-ヨウラク玉アジサイに花芽⁉

先月、はじけるアジサイ ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花)について 書きました。 www.salon-shiroineko.com その時、地植えにして3年目(で大きくなった)と 書いたのですが、7月に入り、よく見ると もしかして、花芽⁉とおぼしき小さなものが 三つつ…

庭の再生(その3)ー 期せずしての一部改修

晴れた日曜日。 あまり風がなくて暑い。 西洋アジサイ 真っ白なアナベルですが、 一部、薄緑色へ移ろってきました。 半日陰のアガパンサス // スポンサーリンク'); // ]]> // さて、ガラクタや要らないモノを片付け、少しずつ、 好みで草木を選んで迎えはじ…

『蒼蠅(あおばえ)』熊谷守一さん-草花や鳥、虫など生きものを愛した画家

7月に入りました。 断続的に雨が降る 梅雨らしい天気が続いています。 半日陰のお多福アジサイ // スポンサーリンク'); // ]]> // 飄々とした雰囲気の画家 熊谷守一さん(1880-1977)の絵が好きです。 特に晩年の簡朴な作品、 身近な題材、虫や花や草、鳥…

庭の再生(その2)-庭のガラクタ片付け記

早いもので、6月も晦日。 柏葉アジサイ スノーフレークの花の色合いが変わってきました。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 前回の庭の再生をめざしつつの記事、 その後、実際、片付けに取り組めたのは、 ほぼ、一年近く後でした。ー以下ー 今月に入って、…

庭の再生ー既存の庭をなんとかしたいと思い始めた頃

絵本の紹介の時に、一部記事のリライトしたように、 ブログを始める以前、内輪ではあったが ミクシィに書いていたことがある。 たまたま、庭についてふれたものが 目に留まり、ふり返ってみることが出来たので、 覚え書きがてらのリライト。 // スポンサーリ…

常緑(常山)アジサイ “碧の瞳”(アオイノヒトミ)

夏花壇を彩る花魁草 オイランソウ(フロックス)が開花してきました。 昨日、今日と (今度は)門脇のネズミモチ?の剪定で、 門の植え込みに乗ったり、 木が植わっている狭い場所に入り込んだり、 例の伸縮する剪定ばさみを伸ばして振りかざし 首と肩がくた…

梅雨時の地植え-ニワトコ “ブラックレース”/ティー&スイーツタイム

予報通りに朝から雨。 昨日は、晴れて暑かったけれど 気になってた西側の2本ある大きな木↓ 何の木か? ネズミモチみたいな生育旺盛、の 剪定を少ししました。 横着に、家の中(掃き出し窓)から 長い(伸縮)剪定ばさみを振りかざして(笑) ひと仕事。 日…

夏至の頃の庭の花/森の片隅で

今日も朝から晴れて、 暑く、日差しが強い。 それでも、一作日の雨で 草木は葉がピンとしている。 クレマチス レディバード・ジョンソン アメリカのジョンソン大統領夫人の愛称にちなんだ名前。 環境問題に尽力したことでも知られたファーストレディ。 大輪…

うけたもう-『感じるままに生きなさい 山伏の流儀』星野文紘さん

これから、大降りになるのだろうか。 今は小休止の雨の日。 今日は夏至だ。 これも、大きな季節の節目。 またエネルギーも切り替わる。 しかも、今週末(24日)は新月。 ネジバナが花壇の片隅で、今年も咲いている。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 星野…

はじけるアジサイ-瓔珞(ヨウラク)玉アジサイ

ちょっと、曇りがちになると涼しく、 日が差すと、夏めく梅雨の合間…。アジサイの季節ですね。 この種類では、時期的に一番遅いものといわれる アジサイを迎えた時のお話です。(旧ブログの2014年6月~7月より) さて、 新しい植物も迎えています。 こんな…