エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

今季のユスラウメの収穫とシロップづくり、ゆすら梅ソースも!

昨年は実が少なかったユスラウメでしたが、 今年は沢山実がついて、しかも例年(5月末から6月)より早め ちょっと小粒なものも多い気もしたけれど 昨日、第一弾?の収穫をしました。 イチゴのパックの入れ物に一杯で、大体これぐらい(450g) 家族のリクエ…

薫風香る、庭は剪定日和-5月の庭

スズランの木 ブルースカイの花 今期も涼やかに咲いてくれました。 スズランの木 ‘ブルースカイ’ジャンル: 花の苗物ショップ: おぎはら植物園価格: 1,296円 ブルースカイについては以前の記事もどうぞ。 www.salon-shiroineko.com また、以前の記事と言えば…

寒暖の差が大きい4月の庭-晴れると草取りしたくなる頃

夏日のような日差しにもなる頃 放置していた庭の裏側が気になって 草とりするのが、大体4月後半から5月の連休にかけて。 晴れて気温が上がった日曜の昨日、 やりましたよ(笑) 先日の残りの裏側半分と 北側の狭い花壇の草取りと剪定少々。 昨年末に剪定し…

春の庭木-リキュウバイ(利休梅)と桜など、コラージュ100枚目は?

// スポンサーリンク'); // ]]> // 四月ですね! 晴れて暖かいと、 春らしい庭に呼ばれて おとなしく室内で仕事していられない(笑) 庭の桜は、花びらが舞っています 桜は、葉桜になってきましたが リキュウバイ(利休梅)が満開 リキュウバイは、バラ科の…

「想定外を生きる」鎌田浩毅さん-京大・鎌田流『一生モノの超・自己啓発』

書棚にあった 「想定外を生きる」という 副タイトル?が目に留まって読み始めた一冊。 一生モノの超・自己啓発 京大・鎌田流 「想定外」を生きる 作者: 鎌田浩毅 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2015/12/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを…

ラナンキュラス ラックス ミノアンが今春も開花!

占星術的には一年の始まりである 春分の日ですが、冷たい雨(雪のところもあったそう)でしたね。 でも着実に春になっているのは 庭の草木を見れば、一目瞭然 日に日に新たな芽吹きや、葉の伸びが 確認できます。 最近、庭に出る時間が少なく、 以前のように…

『小さな習慣』スティーヴン・ガイズ-毎日やると決めて実行するちょっとした行動

目標は、ばかばかしいぐらい小さくしろ! 表紙には可愛いクマさんが本を広げているイラスト これは出版社の… ↑ここでいったん文を切りましたが、ここまでが50文字か 何やってんの?って はい、この本にも書いてあるんです。後ほど…ね フィットネスの目標を立…

好きなものに囲まれて暮らす-『角野栄子の毎日いろいろ』角野栄子さん

『魔女の宅急便』が 生まれた 魔法のくらし ともあるように 『魔女の宅急便』で知られた作家さん 82歳(本では昨年2017年)になる角野栄子さんの 創作の秘密と日々の暮らしが 写真と取材で綴られた素適な一冊だ。 『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角…

光と闇-チョコレート祭りの陰で

殊の外、寒かった一月でしたが、 節分、立春と春を意識する二月もすぐそこ。 巷で今や、二月の季節イベントみたいになっているのが バレンタインデー。 近年は、ほとんど繁華街まで出なかったのですが、 近場の大手スーパーでも、 バレンタイン・チョコレー…

物事は3ヶ月続くと形になってくる…

今日の一枚 ポストカードこらーじゅ 98 譜面だの、手紙だの、オールドローズ柄を貼ったベースに 好きなタイプライターをどーんと。 このシールを貼るたびに、書いているかもしれませんが(笑) “明日は明日の風が吹く” (The winds of tomorrow will blow to…

ペンディング(一時中断)ブログをとりあえず更新

気がつけば長月と書いた前回から 気がつけば、というより、やはり(薄々わかってた)年が明けておりました。 でも気分は浦島太郎子です。(←子がつくと年代がわかりますね) 時候の挨拶としては 寒中お見舞い申し上げます でしょうか。 クリスマスから咲いて…

気づけば長月(9月)-「一房の葡萄」

気がつけば、9月も半ば過ぎ。 涼しくなった日々が続いていましたが、 台風の後、久しぶりに暑くなりました。 ガウラ 白蝶草 8月末頃から、ちょっと新しいことを始めたり、 9月に入って、家族に伴う生活リズムも変わり、 ほとんどブログを覗く間もなく過ぎ…

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』-壮大な自然と大地で育まれる新たな絆

暦では、 処暑(暑さが収まり始める頃)も過ぎましたが 暑さが戻ってきた感があります。 8月に入って涼しいくらいの日が続いたので、 今更の残暑というのも ちょっとこたえますね。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 『ダンス・ウィズ・ウルブズ』 “Dances…

インド映画『きっと、うまくいく』-笑って泣いてぐっときて…あっというまの3時間

晴れたり曇ったり、風もあるが 家にいると、ちょっと蒸し暑い。 ユウギリソウ(夕霧草)が 再び咲いてきた // スポンサーリンク'); // ]]> // 何というか 馬鹿らしさと真面目さが入り混じり、 もちろん、歌って踊ってのシーンもあり、 ラブロマンス、社会背…

映画『情愛と友情』-イヴリン・ウォー原作の『ブライズヘッドふたたび』

日差しが戻ってきたようだ。 と、午後から、突然の土砂降り…。 そして、また晴れる…。 天気もめまぐるしい。 そういえば、明日の未明に、皆既日食だそうですね。 少し前になるが ツルバギア シルバーレースに花がついていた。 // スポンサーリンク'); // ]]>…

エリザベス・ギャスケル原作『北と南』-BBCテレビドラマをDVDで

夜中に、ものすごい雷鳴で目が覚めた。 雨もひとしきりすごかった。 今朝は、上がっていたが、 ぐずついた天気で、突然 降ってきたりする。蒸してるし、 なかなかすっきりしないですね。 青色(西洋)フジバカマが少し咲いてきた // スポンサーリンク'); // …

『ほんとうの空色』バラージュ・ベーラ 岩波少年文庫

今朝のヨウラク玉アジサイ もう一つ お盆も過ぎようと、八月なかば。 今日は、結局、雨降りになった。 涼しいを通り越して、夏服だと肌寒いくらいかも。 夏はどこへ? 暑いよりは助かるといいながら、 春先もそうだったが、季節はずれの天候続き。 青い空も…

『迷い鳥』タゴール詩集の新装完訳本-心を澄ますもの

ヨウラク玉アジサイが二つ開花中。もう一つはまだ蕾(木の陰) 1 夏の迷い鳥が、わたしの窓にきて、うたをうたい、飛び立つ。 そして、秋の黄ばんだ木の葉が、うたうでもなく、吐息まじりに舞い散る。 『迷い鳥』 タゴール 1 STRAY birds of summer come t…

映画『ハワーズ・エンド』-美しい郊外の邸宅の後継と人間模様/文芸作品、テレビドラマ化へ

イギリスの作家E・M・フォスター(1879-1970)の小説 『ハワーズ・エンド』というのは、 イギリス郊外の邸宅の名前である。 ハワーズ・エンド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-7) 作者: E・M・フォースター,吉田健一 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売…

映画『ロイヤル・セブンティーン』爽快でハートウォーミングなコメディ

秋かと思うほどの涼しさ、 数日、曇りがちに雨降りでしたが、 今日は日差しが戻ってきたようです。 シモツケ ホワイトゴールドが再び花をつけています。 今朝のヨウラク玉アジサイ // スポンサーリンク'); // ]]> // ロイヤル・セブンティーン [DVD] 出版社/…

映画『真珠の耳飾りの少女』ーフェルメールの絵に秘められた物語

オランダでは、モナリザとも称される絵画 フェルメールの作品 “真珠の耳飾りの少女” (画像は、真珠の耳飾りの少女 - Wikipedia から転載) 背景もなく、振り向くように こちらを見て佇む少女の肖像。 その表情が語りかけてくるものには、 想像をかきたてる…

7月末に復刊した絵本『エミリ・ディキンスン家のネズミ』長田弘訳

暑い日が続きますね。 開花しだした 庭のヨウラク玉アジサイ 昨日(8月8日) 本日(8月9日) // スポンサーリンク'); // ]]> // さてと、 今日の一枚は、書のブログから。 小さくとも、思い高く、 一本の花を、一冊の本をそだてるのだ。 微笑みの種子を…

『アーネスト式プロポーズ』英国コメディ映画-オスカー・ワイルドの戯曲『真面目が肝心』

ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』から BBCの人気ドラマ以来、 ミーハーのご多分にもれず ダーシー卿役のコリン・ファースが 出演する映画が 注目リストのいくつかとなり、 その後見たのが、『英国王のスピーチ』 英国王のスピーチ スタンダード・エデ…

今日は立秋、明日は満月の合間の所感/ヨウラク玉アジサイがほころんできた

曇りがちになる時もあるものの むっと、暑い外気。 7月には、まあ、しのげたが、エアコンも使い出す。 季節の移ろいがわかりにくくなっているが、 暦では、立秋だという。 明日は、満月だが(部分月食) 昨晩の月はもう満ちていて明るかった。 またエネルギ…

庭のセミしぐれとその姿-高村光太郎『蝉の美と造形』

雨や曇りで、涼しく感じたのもつかの間、 蒸しても、晴れても暑い夏が戻ってきた感じです。 ウメの葉の裏側に、セミの抜け殻がダブルで 庭のあちこちに、セミの抜け殻をたくさん見かけ、 地面には、小さな穴も見られます。 庭木でも、この時期になって、 大…

“花魁草” オイランソウ(フロックス)-夏から秋を彩る草花

父母のいた頃から、ずっと我が家の 夏の庭の定番の草花といえば、こちら。 毎年、暑い夏から、秋にかけて長く 花壇を彩ってくれるフロックス。 和名では、“花魁草” オイランソウとも。 すっと伸びた茎の先で 小さな花が丸くまとまり、 ゆらゆらと風に揺れる…

映画『ブリジット・ジョーンズの日記3』-12年後の英国ロマンティック・コメディ

ヘレン・フィールディングのベストセラー 『ブリジット・ジョーンズの日記』(1996年)が出た当時は ミーハーそうな内容だわ、とスルーしたので 原作本を読んでいない。 もし、『高慢と偏見』と接点があると知っていたら 手にしたかもしれないが(笑) 結局…

“魔法の水”(経口補水液)の副効果?-足のむくみ減少/季節のお便り

8月に入りましたね。 7月の初め頃ほどではないものの やはり蒸し暑い。 曇ってきて、午後、雨が降り出して、 ちょっと風が涼しくなってきた。 アロニア(チョコレートの木)の実が色づいてきた www.salon-shiroineko.com www.salon-shiroineko.com 毎年、…

“バラのドイリー” ヨーロッパのレースから/ワンダフル・ナイト

曇りがちだったのに、 日中は夏の日差しが ばっちり戻っている。 読んだ本のアウトプットもできるといいけれど、 のんびりと 何ということもない写真の一枚シリーズで 今日は更新。 暑いので 涼しげな草木を 斑入りハイビスカス スノーフレーク 暑くなってか…

久しぶりのミステリー『高慢と偏見、そして殺人』P.D.ジェイムズ-後日談(続編)という作品

暑さが戻ってきたような…。 本好きではあるが、 特にミステリーが好きというわけではない。 基本的に怖がりだし、 陰惨なものは好みでないのもある。 とはいえ、子供の頃から 少年少女向けの世界文学全集やらで いろいろ読んでいたし、 シャーロック・ホーム…