読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

闇でなく光を恐れる私たち-『奇跡のコース』とネルソン・マンデラ氏

// スポンサーリンク'); // ]]> // ラナンキュラス(八重) 前回の『失われた自己をもとめて』など 以前のブログで書いた本の記事を転載して、 そのつながりで、もう一つ書いた記事も載せておきます。 www.salon-shiroineko.com www.salon-shiroineko.com 6…

『失われし自己をもとめて』-ロロ・メイ

// スポンサーリンク'); // ]]> // 今日は、また本に戻ります。 以前紹介した本『自由からの逃走』のタイトル(内容も)に 関連して載せたかったものです。 www.salon-shiroineko.com 精神家医であったロロ・メイの名著『失われし自己をもとめて』 原題は“MA…

ユーハイムのカスタードプリンシュー

// スポンサーリンク'); // ]]> // ちょうど先週の金曜から 昨日まで、この一週間というもの、 予定していたことの他にも 期せずしての新しい展開もあって 私としては、めまぐるしく過ぎたほう。 斑入りアジサイ 恋路が浜の新葉全体 今はほんとうに変化も早…

小庭も萌芽期-いよいよ春

// スポンサーリンク'); // ]]> // 春分も過ぎ 冷たい雨の翌日は 気持ちよく晴れた。 ハナニラの花が咲き出していた ワイルドオーツの新芽 ユスラウメ(山桜桃梅) 我が家の桜は、こんな感じの蕾 リキュウバイ(利休梅) シャクナゲ(石楠花)の蕾 シモツケ…

無頓着で暮らす-『死なないつもり』横尾忠則氏

// スポンサーリンク'); // ]]> // 以前、初めて、横尾忠則さんの本『隠居宣言』を読み、 こちらに載せたことがあった。 www.salon-shiroineko.com その後、横尾氏の最近の新書も読もうと思い、 その『死なないつもり』を読んでみた。 やはり、とても面白か…

自分たちにお花を-ラナンキュラス ミノアン

// スポンサーリンク'); // ]]> // 穏やかな春分の日だった。 我が家は、連休も関係なくいつも通りなのだが、 昨年の今頃、ちょっとした変化があった。 そしてちょうど、今日で一区切りついて 明日から新しい始まり。 お花の話が続くが、 今度は、ラナンキュ…

宿根カルセオラリア-キンチャクソウ(巾着草)

// スポンサーリンク'); // ]]> // 買い物ついでに 花屋さんを覗く。 お彼岸で忙しいお店の人をよそに、 外の鉢植えで、 すっくと伸びた細い茎の先で 何か面白い 明るい色の小さな花が ゆらゆらと揺れていた。 ネームプレートを見ると 宿根カルセオラリアと…

ひと息ついて春の日和

// スポンサーリンク'); // ]]> // 夕方近くなって やや日差しが陰ってきたら また少し寒さも感じるが、 日中は穏やかな晴天で ゆったり散策するのに 気持ちがよかった。 リキュウバイ(利休梅)の花芽もふくらみつつ 昨日は彼岸の入りで 巷では、今日から3…

『サリーとライオン』-猫の画家クレア・ターレー・ニューベリーのデビュー作(&ライオンと交流)

// スポンサーリンク'); // ]]> // 今は古本となっているようだが、 愛くるしい子猫や犬、うさぎなどを描いた素晴らしい絵本がある。 作者は、クレア・ターレー・ニューベリー (Clare Turlay Newberry 1903-1931) 2歳から絵を描きはじめ、6歳の頃には、…

知られざる名作-『白い人びと ほか短編とエッセー』フランシス・バーネット

// スポンサーリンク'); // ]]> // 子供の頃から、本を読むのも好きでしたが、 いわゆる愛読書の中の一冊に、バーネット夫人たる フランシス・バーネット( Frances Eliza Hodgson Burnett 1849-1924)の 『秘密の花園』"The Secret Garden"があげられます。 …

今夏、詩人エミリー・ディキンスンの伝記映画を岩波で上映-『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』

// スポンサーリンク'); // ]]> // アメリカの女流詩人といえば、エミリー・ディキンスン。 19世紀に無名の生涯を送り、没後見つかった大量の詩篇から 類まれなる才能を評価されるようになった。 今では、彼女の詩の数々が、 多くの人を(私もその一人だが)…

『すべてきみに宛てた手紙』-長田弘さんより

今年は、春になるかという頃に 真冬ほどではないが、まだまだ寒い。 ボケ(木瓜)の花芽がふくらんでいる // スポンサーリンク'); // ]]> // 昨日のブログで 何かを終わらせるのが不得手なほうと書いたが、 その後たまたま、本をパラパラ拾い読みしていて、 …

春先に、斑入りヤブランの切り戻し-新芽を迎える刈り込み

ようやく、庭の日本水仙が咲き出した 風が冷たく、まだ寒い。 それでも庭では芽吹きなどの日々変化。 カイドウ(海棠)の花芽 // スポンサーリンク'); // ]]> // オリヅルランのような 細い斑入りの葉が、風に揺れる姿も爽やかで 風情のある、斑入りヤブラン…

各々止むなき表現をなせ-宮沢賢治の言葉

// スポンサーリンク'); // ]]> // 2011年に一緒にいたのは先代たちだったけな… 宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこ…

冬眠ならぬ春眠-『整体かれんだー』片山洋次郎氏

日が差すと暖かく感じるが、 何だかまだ寒い。 それでも、庭では 草木はそれなりに伸びてきている。 プリムローズ // スポンサーリンク'); // ]]> // 人間は「冬眠」しない動物ですが、その代わり「春眠」するのではないか、と思うことがあります。2月から…

魅惑のパンケーキ-『楽しいムーミン一家』より

晴れて、日中はまあまあ暖かめ。 春待ち気分のこの頃。 ミニチュアパンケーキのストラップ // スポンサーリンク'); // ]]> // パンケーキとかホットケーキって、何とも魅力的ですね。 お話にも、くまのプーさんなど、よく登場します。 こらーじゅのおもちゃ…

竜がこわい大人たち…『夜の言葉-ファンタジー・SF論』アーシェラ・K.ル=グウィン

今朝は冷え込んで、霜柱がたって 結構地面が白かった。 三寒四温という時期もあるが、 春を前に、寒さが冬に戻ったかのような 日も来る。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 新しいことを始めたり、変化するという段になって 躊躇してしまうというのは、怖れ…

冬季の銅葉、初夏にかけての面白い花と鞘(さや)-ドドナエア・プルプレア

今日は晴れてきているのだが、 何だか、まだ寒い。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 庭の草木は、確かに動き出していて もう少ししたら、庭仕事もしたくなるんだろうが 足踏みしてる感じだ(笑) 立ち話していて、お隣さんに頂いたシクラメン 今はいろんな…

矛盾や葛藤も受け入れる-『自分を信じて生きる-インディアンの方法』松木正さん

予報通り、雨が降っている。 先月後半からか、この辺りは ものすごく寒い日も少なかったが、 どうも、春めいて暖かいという日もあまりなく …といった感じかな。 で、私も、このところ 淡々と更新しているような…(笑) 何だかな~ 変わり目はいろんな面で、…

毎日が冒険-『隠居宣言』横尾忠則氏

今日は、啓蟄だそうですね。 ようやく暖かな晴天でした。 明日は雨の予報だけど、 そろそろと、庭仕事も始められる時期かな~。 クロッカス リメンバランス // スポンサーリンク'); // ]]> // 毎日が冒険だと思う。未知の年齢に対する冒険もある。新しく眼を…

『自由からの逃走』-エーリッヒ・フロム

日差しは春めいてきたものの 風があるとまだ寒かったりする。 斑入り沈丁花 いい香り~ さて今日の一冊は… って、 あるいは今日の本棚とか? ブログのサブタイトルにしたほうがよさそう(笑) // スポンサーリンク'); // ]]> // タイトルが、逆説的真理とも…

『喜びから人生を生きる!』-アニータ・ムアジャーニさん

昨日は雨でしたが、 桃の節句の今日は、晴れて 少し暖かくなりました。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 桜の木の下で、 咲き出していた、プリムローズ(プリムラ ブルガリア) さて、今日は、 いろいろな面で、興味深い本です。 臨死体験を経て、 壮大な…

マザーグースで占う-ダヤンのフォーチュンカード

こちらは、冷たい雨の一日となりました。 乾燥していたので、お湿りでもありましたが、 これから、少しは、暖かくなるのかな。 // スポンサーリンク'); // ]]> // さて、今日は、これも猫グッズなのか(笑) 可愛いオラクル(ご神託)系カードです。 猫好き…

やはり中庸?-『骨盤にきく』片山洋次郎氏

3月になりました。 まだ、寒いのですけど、 庭でたたずむと、ぐんぐん新芽の勢いが あちこちで感じられます。 リキュウバイ の新葉と花芽 // スポンサーリンク'); // ]]> // 日常生きていて、理屈ではなく「何かちょっと違う」「何か違和感がある」とき、ま…

揺れながらバランスをとる-『整体から見る気と身体』片山洋次郎さん

3月を前に、冬らしい寒さの日も多かった。 季節も、人生の変わり目も バランスをとるのが大事な時期ともいえますね。 // スポンサーリンク'); // ]]> // ――整体の場合、背骨の弾力や、筋肉を具体的に読んでいくわけです。それで今、体がこういう状態だと判…

目覚めてみれば-『ムーミン谷の冬』から

今日は曇りがちで、寒空が広がっていますが、 もうすぐ3月、春が来る。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 大人になってから、初めて読んではまった、 面白いムーミンシリーズも、 それぞれの季節を移ろいながら、 読みごたえもあって楽しめます。 ムーミン…

『カモメに飛ぶことを教えた猫』-誇り高き猫の愛と奮闘

今日は、新月。 ほぼ夜中に、しかも日食とか。 パワフルなスタートのエネルギー。 さて、今日は、面白い猫関連本ゆえ、 その昔、バーチャル文庫を始めようと思った一冊。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 重油にさらされてしまった銀色の翼のカモメ、ケン…

春を前に

早いもので、 2月も残すところ、あと3日ですね。 クロッカスが、ひとつ咲き出していた // スポンサーリンク'); // ]]> // ちょうど3月の訪れ、春を前に、 この時期行われる地元の小さなお祭りがあります。 五穀豊穣と厄除けを祈願しての古くからの奇祭だ…

実践と効果-そういえば、日に一杯のローズヒップティー

この冬、といっても、そろそろ終わりだが、 気がつけば、保湿のローションなど使わずに過ごしてきた。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 例年なら、冬になって乾燥すると、やや粉吹きイモ状態だったり、少し 身体もかゆかったりするので、顔は乳液、身体に…

猫による救いと哀切-『猫の帰還』ロバート・ウェストール

春の嵐つづき 気候定まらずのなか 馥郁たる香り 斑入り沈丁花の花がほころんできた // スポンサーリンク'); // ]]> // 猫もの、児童文学を選んで読んでいた頃知りました。 見つけたのは、図書館の児童書コーナーの本棚 いずれにせよ、優れた作品というのは …

ラッキーな子猫ちゃん

今日は、猫の日だそうな。 そういえば、こんなこともあったっけ。 // スポンサーリンク'); // ]]> // あれからちょうど一週間… 約束のお電話を頂くまでもなく、大丈夫だろうと思っていたが、 お昼前に「正式に子猫引き受けます!」とあるお嬢さんから電話が…

ムーミンママのまどろみー『ムーミンパパ海へいく』など

今年のバレンタインも過ぎたが、入れ替わるように 巷では、ホワイトデーのお菓子が並んでくる。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 一昨年になるが、思わず 缶と箱の柄に惹かれて買った いわゆるパッケージ買いのムーミンクラシックの バレンタイン用チョコ…

空想とホント-『へんてこりんなサムとねこ』エヴァリン・ネスの絵本

風がすごいですね。雨も降るみたいですが、 春先の嵐といった感じ。 // スポンサーリンク'); // ]]> // さて、空想と現実…というと、 とりあえず両者は区別されるものではありますが、 特に子供は自由に両方の世界を行ったり来たり、 あるいは混在した日常に…

『それからどうなるの?』『さびしがりやのクニット』-トーベ・ヤンソンのムーミン絵本とDVD

昨日は、ディック・ブルーナ氏の絵本の話に触れました。 また、ムーミン関連のお話に戻りますが、 トーベ・ヤンソンさん自身による絵本が3冊あります。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 一昨年、ムーミンのお話を全9巻を読んだ後、 まず、これを見つけま…

ミッフィー展の思い出-ディック・ブルーナさんの絵本観

春の陽気から、一転して冬空に戻ってしまいましたね。 それでも、今日は、二十四節気の雨水です。 雪でなく雨、氷がとけて水に、そして草木が芽生える頃とも。 確かに、庭のあちこちで、小さな緑色の芽が出ています。 原種系チューリップとクロッカス // ス…

藤城清治さんの『光の祈り』-光と影、この地球に生きるよろこび

朝から、すごい風が吹きあれていたら、 やはり春一番でしたね。 もうそろそろ、こうした冬もおわりかな。 藤城清治さんのジグソーパズル こたつと猫(26×38㎝ 300ピース) // スポンサーリンク'); // ]]> // こびとたちや動物が踊るように点在し、万華鏡のよ…

ムーミンのお話に登場する子ねこ-『ムーミン谷の彗星』

2月も半ば過ぎ。 日中は、少し暖かでした。 さて、今日も、猫の物語ではありませんが、 ムーミン谷にも、ねこが登場するお話があります。 // スポンサーリンク'); // ]]> // ムーミンが、スノークのお嬢さんやスナフキンと知り合い、 彗星の接近でハラハラ…

「春の気分」に誘われて『南の海で楽しいバカンス』-ムーミン映画とコミックス

猫本紹介の芋づるから、ムーミンに移ったわけではないのだが、 記事って、結構、連鎖しちゃいますね(笑) 昨日は、 www.salon-shiroineko.com // スポンサーリンク'); // ]]> // そして、これもはずせないと…。 2014年は作者のトーベ・ヤンソン生誕100周年…

『ムーミン画集 ふたつの家族』をつらつら眺め、活字を拾って楽しむ

オキザリス 桃の輝き 児童書としてその本のことは知っていながら、 子どもの頃には、なぜか食指が動かなかったのに、 かなりの大人になって、初めて読んで、はまり、 ああ、やはり名作だったんだと感じ入るものが いくつかある。 // スポンサーリンク'); // …

『ネコのミヌース』本と映画-オランダのキュートなファンタジー

前回は、人間になりたがった猫のお話しでしたが、 今度は、猫が人間の女の子になっちゃって…繰り広げられる オランダのキュートなファンタジー。 // スポンサーリンク'); // ]]> // そういえば、以前、千葉にあった猫カフェが”みぬーす”といって タイトルの…

『人間になりたがった猫』など-ロイド・アリグザンダーの猫と魔法

皆さま、 本日もお寒い中、お越し頂きありがとうございます。 エブリディ・マジック-猫と魔法物語の本棚 へ ようこそ。 ん? おいおい、ブログタイトル、違うでしょ。 とはいえ、何か、そんな雰囲気もそこはかと漂う感も なきにしもあらずなこの頃… それで…

今夏公開アニメ映画「メアリと魔女の花」の原作-メアリー・スチュアートの『小さな魔法のほうき』

寒い日が続きます。 今日は、2月に入っての満月、 月食だそうですね。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 猫本続きましたが、今回、載せようと思っていた本は 魔法もの(猫も出てくるな)で、 何と、今夏公開予定の映画の原作となっていました。 アネモネ …

猫文学の金字塔-ポール・ギャリコの本から『ジェニィ』など

猫文学って、何? タイトルに書いておいて何だが 猫が出てくる、あるいは猫を扱ったお話、ファンタジーとか 猫グッズではないが、猫の物語(文芸作品)ってとこかな。 // スポンサーリンク'); // ]]> // まだ、今のところではあるが、 毎日、何か書こうと、…

ふつう?に暮らしたい-『魔女のこねこゴブリーノ』

やはり2月。 一転、寒空が広がると、 暖かな居心地のいい部屋でぬくぬくとしていたいな… とも思います。 // スポンサーリンク'); // ]]> // ある美しい月夜、魔女のこねこのゴブリーノと妹のスーチカは 初めて洞窟から出て、広い世界にワクワクします。 妹…

『図書館ねこ デューイ ―町を幸せにしたトラねこの物語』

晴れて、風がないと暖かいのだけど…。 明日はお天気くずれるのかな ピンクフロスト(クリスマスローズ) 開いた 後ろの白っぽい幹は、桜の木 // スポンサーリンク'); // ]]> // アメリカの図書館ではつとに有名な存在だったらしい デューイ・リードモア・ブ…

『わたしのおふねマギーB』-アイリーン・ハースの絵本

お日さま嬉しい、 だけど、寒く感じる 風が強いのは、春先だからか… アネモネ ポルト 色が出ませんが紫色です。 // スポンサーリンク'); // ]]> // さて、今回は、 見て楽しい夢の集約というのか、美しい絵本です。 これは、おねがいが かなった おはなしで…

『まほうつかいとねこ』ーせなけいこさんの絵本

クリスマスローズ ニゲルのその後 色が変わっても綺麗 今日は晴れていますが、また、風が強くなってきたかな。 // スポンサーリンク'); // ]]> // さて、前回は、 魔女のおばあさんと黒猫ならぬ白猫のお話でしたが、 今度は、魔法使いのおばあさんが黒猫を募…

猫には九つの命がある?-絵本『ネコのアリストテレス』

立春も過ぎ、冬もあと少し? ってところでこんな猫グッズの写真も載せておこうと…。 (おこたでウトウト?キティちゃん) 昔はこたつもありましたが、 今は、ホットカーペットかな。 // スポンサーリンク'); // ]]> // ようやく、ちょっとお湿りがあった今日…

立春-春の息吹を感じる 絵本『はなをくんくん』

ヘレボラス(クリスマスローズ) ピンクフロスト 開花 今日は穏やかに晴れて、 暖かな立春。 寒さの合間かもしれないけれど 日差しはやわらかで、春めいて気持ちよかった。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 春は突然訪れるわけでなく、 棒のような枝から固…

力は使いこなせてこそ⁉-絵本『まほうつかいのノナばあさん』

節分ですね。今夜は、豆まきに、恵方巻でしょうか。 連日、風が強く、乾燥しているので、砂埃が気になる時期です。 (何しろ、そのまま家に出たり入ったりする生き物もいるので…汗) // スポンサーリンク'); // ]]> // カラブリアの町に、昔々、ノナばあさん…