エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

暮らし・随想

2・3月に公開予定の気になる映画2つー猫好き:岩合光昭さん監督『ねことじいちゃん』/本好き:『マイ・ブックショップ』

西側の寒梅 気がつけば 二月も半ばに近づいて… ますます 日にちの過ぎるのが加速している と感じる、今日この頃。 クリスマスローズ モンテクリスト(だっけ?)開花 今年は、ブログも思いついたら その場でアップしないと 一年あっというまに終わっちゃいそ…

時代の移ろい/今もおちゃめなイラストレーター♡田村セツコさんの『おしゃれなおばあさんになる本』

昨年ブログ(クリスマス)の最後に、たまたま ユーミンこと松任谷由美さんのビデオを貼っていましたが 大晦日のNHK紅白出場で サザンの桑田さんと共に 時の人(話題)となっていましたね。 ツィッターに上がった世紀のコラボを見て 面白かったのね~と後から…

「ノックをしなかったサンタクロース」松岡直也さんの音楽より『ハートカクテル』/~「恋人がサンタクロース」松任谷由美さん

原種系ニゲルが、ちょうどクリスマスに開花。 クリスマスローズとして呼ばれているのは 実は、へレボラス・ニゲルの英名で 暖地ではクリスマス頃に開花するからだそう。 また英名レンテンローズは ヘレボラス・オリエンタスという種で これは春先の開花にな…

エディ・ヒギンス・トリオ「クリスマス・ソングス」、ダイアナ・クラール、リンダ・ロンシュタットetc.ー素適なクリスマス音楽

レース編み スノーモチーフ 私たちの生活を彩り、 楽しませてくれるものは いろいろありますが、 音楽もその一つ。 今年は、思いがけず懐かしい楽曲が 甦った感もありましたが、 今秋、異例の大ヒットとなった クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』もそ…

『子うさぎましろのお話』佐々木たづ(文)/三好碩也(絵)-楽しいクリスマス絵本より

門脇で、オキザリス パーシーカラーが咲いている。 手前の紅白模様がつぼみ。 外国の絵本が多くなりましたが、日本のものでも、 素適なお話と絵のクリスマスがあります。 クリスマスのおくりものをサンタクロースのおじいさんから、 いちばん先にもらった白…

『クリスマスのおくりもの』ジョン・バーニンガム-楽しいクリスマス絵本から

寒くて、庭で新たな写真を撮るのも億劫 … で、 室内に戻って丸くなる猫です(;'∀') さてと、 この季節、トナカイと共に忙しい人といえば、サンタさん。 クリスマスプレゼントの配達を済ませて帰れば、もうヘトヘト…。 おまけにトナカイの一頭は,途中で食べる…

『さむがりやのサンタ』レイモンド・ブリッグスー楽しいクリスマス絵本から

門脇のモミジ 常山アジサイ ”碧の瞳”の実が青くなってきました。 www.salon-shiroineko.com ぐんと寒くなりましたね。 冬らしくなっちゃったところで クリスマスシーズン記事(リライト)です。 とはいえ、今のとこ個人的には あまり盛り上がってませんが(*´…

『クリスマス人形のねがい』ルーマー・ゴッデンのお話&バーバラ・クーニーの絵-楽しいクリスマス絵本より

今年は11月から冷え込みが少なく ここしばらく暖かい日も多かったですが 今日は冷たい雨です。(明日はまた気温上がるとか…) 寒いと、12月だったと思い出し(笑) シーズンもの、クリスマス絵本の登場(リライト)です。 何かを強く願えばかなう…、つまり、…

もう洗濯用洗剤もいらない?-噂の「ベビーマグちゃん」を使い始めてみました!

買い物に行くと、 お店に所狭しと並ぶ商品の多さには 毎回驚くほどですが、その中から 私たちはそれぞれが選んだものを購入しているわけです。 最近はインターネットで買い物をすることも かなり多くなりました。 ところで、食品でも日用品でも いいもの(と…

追記:ダライ・ラマ法王が来日中ー各地での法話などネット中継

前回、今秋の新刊として ダライ・ラマ法王とツツ大主教の対談本を 載せました。 www.salon-shiroineko.com 今朝になって、 実は現在、法王が二年ぶりの来日中だと 知りましたので、追記です。 なぜか、マスコミはあまり報道していないようですが、 ダライ・…

豪華な大型本『ムーミン谷のすべて』徳間書店は、ムーミンとトーベ・ヤンソンファンさん必見!

前回もちらと触れましたが、今秋出版された 徳間書店の新刊『ムーミン谷のすべて ムーミントロールとトーベ・ヤンソン』 ムーミン谷のすべて: ムーミントロールとトーベ・ヤンソン (児童書) 作者: フィリップアーダー,Philip Ardagh,徳間書店児童書編集部 出…

『ムーミン谷の十一月』-内向と深まりゆく季節に/ムーミン年賀状、新刊『ムーミン谷のすべて』

11月に入りました。 子供も読めるが(児童書として)、大人になってから、読んでみて、 その面白さと深さ、実に読み応えのある内容に驚く本も結構あるもの。 前にも触れていますが、 トーベ・ヤンソンのムーミンシリーズ(全9冊)の文庫もそう。 その最終巻…

ギタリストの和田アキラさんから、元祖フュージョン・バンドのプリズム(40周年記念ライブ)を知る

松岡直也さんのバンドに参加してらしたことから、 ギタリストの和田アキラさんの演奏に興味を持ったのが 今さらながらの、この夏。 この人上手いなあ~って、 日本を代表するスーパーギタリストのお一人でした。 失礼しました m(__)m 松岡直也さんのアルバム…

そういえばビタミンB12(メチルコバラミン)で、手のしびれが軽減!?

秋の味覚 柿を初収穫(これはビタミンC系ですけどね) この半年ほど、飲んでいたサプリメントに ビタミンB12がありました。 今年の3月頃、左腕が疲れでだるいほかに、時々 左手にかけて軽いしびれが出るようになったからでした。 まずい(やばい)感じのも…

本『野生ネコの教科書』、CD『JUNE JULY AUGUST~SUMMER PIECES~』、そして一度に一つずつやっていく

斑入りホトトギス インペリアバナーのはずが 葉も、先祖返りして斑が抜けたり、 強風の日が多く、蕾が落ちたりして 貴重な一輪が咲いた 昨日、今日と 暑いこと! 今更の夏の陽気で 何か気だるいというか やる気はなくもないが やるべきことが進まない。 本当…

日本の伝説的プログレ・ロックバンドKENNEDY(ケネディ)-28年ぶりの新譜『トライアングル・モーション』

気になってたいくつかのバンドの新譜の一つ 日本のプログレッシブ・ロックの伝説的バンド ケネディの28年ぶりという 2015年のCDを聴くことが出来ました。 トライアングル モーション アーティスト: KENNEDY 出版社/メーカー: キングレコード 発売日: 2015/02…

気になる猫グッズ-ゴディバのハロウィンキティ、「家に猫がいます」車用ステッカー

この時期、外というか どこかのお店に繰り出してみると オレンジと黒の色調が目を引く ハロウィンシーズン到来。 ハロウィンは 主に英語圏の国々で 諸聖人の祝日前夜祭として10月31日に行なわれ、 秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う行事ですが、 もともとは、1…

今日から10月-オーディオライフも復活(まだあったCDラジカセコンポ)

小紫式部 青色フジバカマと黄金錦 台風一過だが、今日も強風 というか暴風気味で 午前中にさっさと洗濯物も引き上げたが、 猫もさっさと室内に戻ってお昼寝中…。 この夏、音楽志向が戻った話はしていたが、 少々横着というか便利なので、 最近はもっぱらパソ…

『やり抜く力』グリット(GRIT)と”辞める練習”

二度咲きの萩 今日は満月ですが、雨降りとなりました…。 今日のブログタイトル 何か矛盾しているみたいですが、 まず、全米でベストセラーとなった アンジェラ・ダックワースさんの『やり抜く力 GRIT』の本から やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成…

10万円のクリームより効く-『「何もつけない」美肌ケア』池田大志さん

カクノトラノオの花が咲きあがってきた 断捨離やミニマリストについて あちこちで話題となる昨今、 モノの整理だけでなく、生活そのものを見直す人も 少なくないようですね。 我が家も、こうした流れは世代交代から始まり、 生活の変化と共に、自然にいろい…

『松岡直也&ウィシング・ライブ』-音楽活動60周年記念DVD、完全版ブルーレイ

白花のフジバカマが2株だけ自生 日本のラテン・フュージョン界の第一人者だった 松岡直也さん(1937-2014)が他界されて4年。 15歳から本格的に開始された音楽活動が 2012年で60周年となり記念コンサートが行われた。 その時のライブが、すぐDVDとなって…

季節が移ろう-思いのほか、珪藻土のバスマットは使いやすい

昨日は、暦で重陽(菊の節句 ) 今日は新月ですが、9月も10日になるんですね。 晴れているのに、雨がパラパラ降り出して 洗濯物を取り込み、ちょっと蒸しているものの 秋への季節の移ろいを感じます。 二度咲きの錦萩 この夏、 替えてよかったのは、電話機…

今朝の珈琲タイムの一冊-『絶望している暇はない』舘野泉さん

青色フジバカマに、今季初のハイビスカス一輪 絶望している暇はない: 「左手のピアニスト」の超前向き思考 作者: 舘野泉 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/06/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ピアニストとして長年ご活躍の舘野泉氏。 …

2CHELLOS (トゥー・チェロズ)-YouTubeから人気の出たチェロ奏者のデュオ

個人的には、 チェロの響きと言うか音色が好きだ。 高校時代になぜかオーケストラ部に在籍して チェロを弾いたこともある。 バイオリンなどと違って 希望者も少なく、楽器を貸し出してくれたのだ。 あの当時、公立の普通高なのに音楽のレベルが異様に高く 私…

情熱を取り戻すということ-音楽をめぐる断想

(カラー糸のレース編みドイリー) 感動するというのも含め、 結局、人や物事を動かすのは 情熱だと思う。 才能や才覚といったものがあれば それにこしたことはないだろうが どれだけ、夢中になれるかが 大きいように思う。 表向きは特に平穏に見えても 何か…

よみがえる楽譜と音楽-シベリウスの「樅(モミ)の木」、左手のピアニスト舘野泉氏

台風一過ですが、21号は かつての伊勢湾台風並みの強さとか 関西地方では甚大な被害だったようで お見舞いと共に、少しでも早い回復をお祈りします。 9月に入りました。 今年は、夏の終わりから秋口にまた 久しぶりの音楽熱というか波がきて いろいろ聴きな…

電話機(ファックス)を変えたら、ドアホンが聞こえなくなった件

やや曇りがちで 気温も少し低めだと ほっとします。 草ぼうぼうの裏側の庭の 草とり…なんてものじゃないな 文字通り、草むしりを3、40分ほど済ませた~。 午後から、日も差してきた…セーフ(笑) 青色フジバカマが、ポツポツ咲いている さて、近年 古いおた…

猫がジャズピアニストからサインをもらった話-CD『ララの夢』岸ミツアキ氏

部屋の片づけをするたびに思ったのは、 なぜか、本とCDが増殖している! 実際は、つまり 仕入れている人がいるんですけど それが、もしかして私だったりして? 幾多の片付け作業を繰り返し、 本もCDも残した本棚に収まるだけと決め、 今ではだいぶ少なくなっ…

大きく変化するときは、周りのモノも変わる-片付けモードと片付け本

私たちは、基本的には 慣れ親しんだモノや環境が居心地いいし、 往々にして大きな変化を怖れるものですが、 多かれ少なかれ、常に人も物事も変わっているし、 時代も変わっていきます。 むしろ、あまりに同じような繰り返し、 変わらないことにこだわったり…

お盆の随想-「安寧」という墓碑の言葉、墓じまいという選択もある時代

盆花ともいわれる ミソハギ 昨日、終戦から73年というタイトルを見かけて 八月十五日、終戦記念日であったと、 そして、 父の命日であったことを思い出した。 まあ、何といい加減な奴かと思われてもしょうがいないが 昨朝は、すっかり忘れていた。 父母のこ…