エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

暮らし・随想

映画『ハワーズ・エンド』-美しい郊外の邸宅の後継と人間模様/文芸作品、テレビドラマ化へ

イギリスの作家E・M・フォスター(1879-1970)の小説 『ハワーズ・エンド』というのは、 イギリス郊外の邸宅の名前である。 ハワーズ・エンド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-7) 作者: E・M・フォースター,吉田健一 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売…

今日は立秋、明日は満月の合間の所感/ヨウラク玉アジサイがほころんできた

曇りがちになる時もあるものの むっと、暑い外気。 7月には、まあ、しのげたが、エアコンも使い出す。 季節の移ろいがわかりにくくなっているが、 暦では、立秋だという。 明日は、満月だが(部分月食) 昨晩の月はもう満ちていて明るかった。 またエネルギ…

庭のセミしぐれとその姿-高村光太郎『蝉の美と造形』

雨や曇りで、涼しく感じたのもつかの間、 蒸しても、晴れても暑い夏が戻ってきた感じです。 ウメの葉の裏側に、セミの抜け殻がダブルで 庭のあちこちに、セミの抜け殻をたくさん見かけ、 地面には、小さな穴も見られます。 庭木でも、この時期になって、 大…

“魔法の水”(経口補水液)の副効果?-足のむくみ減少/季節のお便り

8月に入りましたね。 7月の初め頃ほどではないものの やはり蒸し暑い。 曇ってきて、午後、雨が降り出して、 ちょっと風が涼しくなってきた。 アロニア(チョコレートの木)の実が色づいてきた www.salon-shiroineko.com www.salon-shiroineko.com 毎年、…

本当の自分を引き出すために-『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』相川圭子さん

今日も晴れて暑い。 それでも、湿度が高くないのか、からっとしている。 お天気雨がぱらついていた。 ようやく、行きつけの美容院で髪をカット。 暑いので、短めにしてもらい、スッキリ軽くなった。 オレンジ色のワカメちゃん(カット)という感じかも(笑)…

ちょっとレトロな夏-眺めて楽しいミニチュア(食品サンプル)

今日も、おおむね晴れています。 昨日も午後、ちょっと雨が降りましたが、 やや日差しが陰りがちになるとほっとします。 オレガノ ケントビューティ 香りもあり、涼やか夏は、和の郷愁も誘うのか、ちょっとレトロな気分が 楽しかったりします。蚊取り線香の…

地植えにしたグレース(スモークツリー)に花芽がついた!

日照りの合間に、昨夜と今朝、久しぶりの降雨。 昼はまあまあ、晴れています。 ここまで、しっかりした花穂が上がっていたのに 全然気づかなかった。 西側で、日差しの来る表に向かって伸びているせいもあるが この時期、更に新葉が伸びて、その先につくとは…

“魔法の水”-自宅で経口補水液を作る/和心でお届け

オイランソウ(フロックス)の白花も 開花してきた。 7月に入って暑い日が続く。 冷房をあまり使わなかったせいもあったのか 一昨晩、夕食の用意をしてから シャワーを浴び、その後、ご飯という時に ちょっとバテてしまった。 もっとも、ご飯は食べれたので…

未知と不確実性を楽しむ-『忘れるだけでうまくいく脳と心の整理術』茂木健一郎さん

今日の日差しは一段と強烈な感じですが、 車を出してもらって、買い物を済ませられてよかった(笑) 西側では、八重のムクゲ(木槿)が、次々咲いています。 脳科学者、茂木健一郎さんの著書。 現代は、記憶する術より、忘れるスキルが必要ではないかという…

夏の出会い-猫との物語の伏線

家に、初めての猫たち(シニアの父子猫)を迎えたのは もう十数年前のこと、1月の末だった。 動物好きなほうであったが、 猫とは馴染みがなく、どちらかというと犬派だった。 庭を荒らされるからと 親の代では、追い払っていたくらい。 その後、小型犬を飼…

モナルダ、エキナセアの季節-野草・薬草系がお好み?

西側で、モナルダが咲いていました。 ハーブのベルガモットです。 ベルガモットは、 香り高い紅茶のアールグレーでもおなじみ。 モナルダとルドベキア ルドベキアをはさんで エキナセアも次々咲いています。 エキナセア ピンクソルベ エキナセア マグナムだ…

ぬばたま-ヒオウギ(檜扇)とヒメヒオウギ

以前、ブラックパール(観賞用トウガラシ)について 載せました。 ちなみに、 黒く輝く実といえば、こちら 神秘的な黒光りは、“ぬばたま”(射干玉) ヒオウギ(アヤメ科)の種子なんですが、 万葉集などでもお馴染みの黒色にかける枕詞 でもありますよね。 …

クロサンドラ “サマーキャンドル”-夏から秋を彩る草花

これも熱帯系で、一年草扱いながら 冬越ししようと鉢を室内に取り込んだり… 毎年のように植えて楽しんだ植物のひとつ。 クロサンドラ キツネノマゴ科 ギリシャ語の「房飾り」に由来し、 花言葉は、「理想の美」や「仲良し」だそうです。 ネーミングの“サマー…

庭の再生(その3)ー 期せずしての一部改修

晴れた日曜日。 あまり風がなくて暑い。 西洋アジサイ 真っ白なアナベルですが、 一部、薄緑色へ移ろってきました。 半日陰のアガパンサス // スポンサーリンク'); // ]]> // さて、ガラクタや要らないモノを片付け、少しずつ、 好みで草木を選んで迎えはじ…

庭の再生(その2)-庭のガラクタ片付け記

早いもので、6月も晦日。 柏葉アジサイ スノーフレークの花の色合いが変わってきました。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 前回の庭の再生をめざしつつの記事、 その後、実際、片付けに取り組めたのは、 ほぼ、一年近く後でした。ー以下ー 今月に入って、…

庭の再生ー既存の庭をなんとかしたいと思い始めた頃

絵本の紹介の時に、一部記事のリライトしたように、 ブログを始める以前、内輪ではあったが ミクシィに書いていたことがある。 たまたま、庭についてふれたものが 目に留まり、ふり返ってみることが出来たので、 覚え書きがてらのリライト。 // スポンサーリ…

メモ的日記/和の趣き-和洋折衷

☆パソコンへのメールの文字化けに対処 最近、仕事を受けるのにメールも使い出したら、 PCに送られてくる携帯やスマホからのメールで 文字化けしているのに出くわした。 調べて、Outlookの対処法を試したら、 あっさり直り、読めたので、メモしておくことに…

詰まりを取る-『新・片付け術「断捨離」』/柄入り折り紙(秋めいて)

雨は、少し降って、 後はぱらつく程度。 ドドナエアの花後のさやが色づいてきた ここしばらく、洗面台の水が流れにくく、 気にしてた家族に、昼前に、洗面台の 下の排水口のS字パイプの上部をはずしもらい、 バケツを置いて水を流し、詰まりを取り除いた。 …

まずは、気になるものを片付ける/ひとやすみしましょ(その2)

明日は、雨の予報ですが、 今日は、曇りがちながら、 何とか洗濯物も乾きそう。 ヤマアジサイ 紅錦、白色に紅がさしてきた カシワバアジサイ スノーフレーク 花が咲き揃って見事に // スポンサーリンク'); // ]]> // このところ、流れで、 何だか、お片付け…

ユスラウメの実が成る頃-ユスラウメのシロップの作り方

お天気は下り坂のようですが、 今日も晴れて、暑いが風も強い。 玄関脇に、 これまた年季の入ったユスラウメ(山桜桃梅)の木がある。 昨年の晩夏の強風や台風で、ぐらりと傾いでしまった。 とりあえず真っ直ぐに戻し、ひもで周りにくくりつけておいた。 12…

夏にぴったりハッカ油スプレー/ハッカ油と重曹の制汗スプレーもいい

晴れて、暑い。 なんか、今日も同じ出だしだな…。 風があるので、からっとはしていて 洗濯物はよく乾く。 そして、ヘナ(ナチュラル100%)で 髪染め済ませて、ほっと一息。 目立つカシワバアジサイ、アナベルなどだけでなく、 いつのまにか、小さな山アジサ…

プチろまん&お芝居アリス

こんにちは。 今日も晴れました。 昨日の午後は一時、かき曇って雷雨。 その後、気温も下がって寒いくらい。 天候の変動も忙しいですね。 今日の一枚 ポストカードこらーじゅ 21 下地に、イタリアの包装紙と、プチブライスのメモ帳も使用。 そういえば、一…

明日の風&猫づくし

こんにちは。 ようやく春から初夏にかけての陽気らしく なってきました。 ここ二日、珍しく家族が連休なので 何となくのんびりしながらも(笑) 買い物でも、ゆっくり見て回ったり楽しいね。 では、今日の一枚 ポストカードこらーじゅ 19 中央のクラシック…

アロマ&リストランテ

こんにちは。 今朝もお日様が気持ちいい。 ようやく、あたたかくなってきたかな。 では、今日の一枚 ポストカードこらーじゅ 17 写真の柄が暗いのですが (写真を新しくしてもらってよかった(^^♪) アロマオイルとランプに、 マステのコーヒーカップがポイ…

欧風&おはよう-マウントハーゲンオーガニックコーヒー

こんにちは。 まだ、晴れたり、曇ったり… スッキリ晴れないかなぁ~ では、今日の一枚 ポストカードこらーじゅ 13 わりと、オーソドックスなモチーフ?で、貼りました。 イタリアの包装紙を下地に、羽根ペンとインク瓶… これ、使いたくてね(笑) で、アン…

日常の場こそ-『黎明』葦原瑞穂さん

半日陰の花壇で、 ミヤコワスレの花が咲いている。 門脇の小さなツツジ // スポンサーリンク'); // ]]> // 誰でも自分の周囲を見渡してみると、自分にとっては日常的な、しかし少しずつ変化している環境があります。それは平凡なものであるかも知れませんし…

『こじらせない練習』石原加受子さん

風が強かった曇り空の一日。 今季は久しぶりに、門脇で ピンク色がかった小さなツツジも咲いてくれていた。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 「今に生きる」とは、これまでも、散々言い継がれてきた言葉です。と同時に、「でも、今に生きるって、どういう…

大地に還す-沈丁花とネコの話

ちょうど、他のブログに載せるため バガヴァッドギーター(インドの神の詩)の カードを見ていて、目に留まった一節で 思い出した記事があったので、載せることにしました。 Yogaは、この体は私たちが経験する場所にすぎないといいます。体という場所を通し…

言葉で創造する-『あなたは誰?-すべてを引き寄せている〈自分〉をもっと知るために』リズ・ブルボー

今日も、強風。 なかなか穏やかな日和ならず…。 シルバー葉に、明るい黄色が可愛い 原種系チューリップ ホンキートンクが沢山咲いている シラー・カンパニュラ―タ 釣鐘水仙の青い花は多いが 白いのはこの株と、脇に出てきたものだけ // スポンサーリンク'); …

よい刃の日に、シャープナー(包丁研ぎ)のこと

朝には雨が上がっていたが、 強風の一日。 花吹雪で、あっけなく リキュウバイも見頃が過ぎ行く。 ひとつだけ、赤いシャクナゲの蕾があった 斑入りコデマリ ピンクアイスの花芽 斑入りツルキキョウの花 // スポンサーリンク'); // ]]> // 前回、猫と障子のお…

障子をめぐるネコのお話

今春になって お客様を家に迎える機会が増え、 お通しする部屋の障子に 穴があいていなくて あらためてよかったと思う。 // スポンサーリンク'); // ]]> // そういえば こんな記事もあったな…。 鉢物も…葉を食いちぎったりもするので、 大物コーヒーの木以外…

だから、本音がいちばん!-『本音こそ直感、宇宙からのメッセージ』浅見帆帆子さん

晴れているものの 強風、いや暴風気味で 桜の花びらが舞い散る。 チューリップ ピーチブロッサムだっけが開花 タイツリソウ ゴールデンハートも更に開花&伸びてきた // スポンサーリンク'); // ]]> // 自分が生まれてきた意味について、考えたことはありま…

リキュウバイ(利休梅)とサクラ(桜)の花の共演

4月に入っても寒かったり、雨が続いたり 風も強かったりと、なかなか絶好のお花見日和とも いかないようだ。 // スポンサーリンク'); // ]]> // それでも、4月半ばともなれば、 庭のリキュウバイと桜の花が共演して 楽しませてくれる。 桜は、そろそろ、葉…

今の自分だから出来る-『悩みを幸せに変える法則』苫米地英人氏

今日も雨。 お天気の回復は遅いのか 結局、今も小雨が降っている。 昨日は、市の公園通りの 桜並木を車で過ぎただけでも、 見事だったのだが、 やはり雨に煙る桜の花だった。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 庭の桜と利休梅も雨に煙る 雨の中で、シャクナ…

春先のあれこれ

庭の桜の花も咲いてきて ようやく春らしくなってきたかと 思うものの、曇ったり降ったり 天気も忙しいうえ、 風がかなり強い。 リキュウバイ 桜や利休梅の花も、 いつのまにか蕾がついてる 背の高いチューリップやらがなぎ倒されるので、 気になってしまう。…

ホワイトセージの花と株

// スポンサーリンク'); // ]]> // ようやく気温も上がってきて 春らしくなってきたようですが、 今日はちょっと風が強かった。 庭の桜の花はちらほらで、 リキュウバイ(利休梅)の白い花が 目につき出したかな。 白い花といえば なぜか、庭の中央にあるホ…

闇でなく光を恐れる私たち-『奇跡のコース』とネルソン・マンデラ氏

// スポンサーリンク'); // ]]> // ラナンキュラス(八重) 前回の『失われた自己をもとめて』など 以前のブログで書いた本の記事を転載して、 そのつながりで、もう一つ書いた記事も載せておきます。 www.salon-shiroineko.com www.salon-shiroineko.com 6…

ユーハイムのカスタードプリンシュー

// スポンサーリンク'); // ]]> // ちょうど先週の金曜から 昨日まで、この一週間というもの、 予定していたことの他にも 期せずしての新しい展開もあって 私としては、めまぐるしく過ぎたほう。 斑入りアジサイ 恋路が浜の新葉全体 今はほんとうに変化も早…

小庭も萌芽期-いよいよ春

// スポンサーリンク'); // ]]> // 春分も過ぎ 冷たい雨の翌日は 気持ちよく晴れた。 ハナニラの花が咲き出していた ワイルドオーツの新芽 ユスラウメ(山桜桃梅) 我が家の桜は、こんな感じの蕾 リキュウバイ(利休梅) シャクナゲ(石楠花)の蕾 シモツケ…

自分たちにお花を-ラナンキュラス ミノアン

// スポンサーリンク'); // ]]> // 穏やかな春分の日だった。 我が家は、連休も関係なくいつも通りなのだが、 昨年の今頃、ちょっとした変化があった。 そしてちょうど、今日で一区切りついて 明日から新しい始まり。 お花の話が続くが、 今度は、ラナンキュ…

宿根カルセオラリア-キンチャクソウ(巾着草)

// スポンサーリンク'); // ]]> // 買い物ついでに 花屋さんを覗く。 お彼岸で忙しいお店の人をよそに、 外の鉢植えで、 すっくと伸びた細い茎の先で 何か面白い 明るい色の小さな花が ゆらゆらと揺れていた。 ネームプレートを見ると 宿根カルセオラリアと…

ひと息ついて春の日和

// スポンサーリンク'); // ]]> // 夕方近くなって やや日差しが陰ってきたら また少し寒さも感じるが、 日中は穏やかな晴天で ゆったり散策するのに 気持ちがよかった。 リキュウバイ(利休梅)の花芽もふくらみつつ 昨日は彼岸の入りで 巷では、今日から3…

『サリーとライオン』-猫の画家クレア・ターレー・ニューベリーのデビュー作(&ライオンと交流)

// スポンサーリンク'); // ]]> // 今は古本となっているようだが、 愛くるしい子猫や犬、うさぎなどを描いた素晴らしい絵本がある。 作者は、クレア・ターレー・ニューベリー (Clare Turlay Newberry 1903-1931) 2歳から絵を描きはじめ、6歳の頃には、…

『すべてきみに宛てた手紙』-長田弘さんより

今年は、春になるかという頃に 真冬ほどではないが、まだまだ寒い。 ボケ(木瓜)の花芽がふくらんでいる // スポンサーリンク'); // ]]> // 昨日のブログで 何かを終わらせるのが不得手なほうと書いたが、 その後たまたま、本をパラパラ拾い読みしていて、 …

春先に、斑入りヤブランの切り戻し-新芽を迎える刈り込み

ようやく、庭の日本水仙が咲き出した 風が冷たく、まだ寒い。 それでも庭では芽吹きなどの日々変化。 カイドウ(海棠)の花芽 // スポンサーリンク'); // ]]> // オリヅルランのような 細い斑入りの葉が、風に揺れる姿も爽やかで 風情のある、斑入りヤブラン…

各々止むなき表現をなせ-宮沢賢治の言葉

// スポンサーリンク'); // ]]> // 2011年に一緒にいたのは先代たちだったけな… 宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこ…

冬眠ならぬ春眠-『整体かれんだー』片山洋次郎氏

日が差すと暖かく感じるが、 何だかまだ寒い。 それでも、庭では 草木はそれなりに伸びてきている。 プリムローズ // スポンサーリンク'); // ]]> // 人間は「冬眠」しない動物ですが、その代わり「春眠」するのではないか、と思うことがあります。2月から…

魅惑のパンケーキ-『楽しいムーミン一家』より

晴れて、日中はまあまあ暖かめ。 春待ち気分のこの頃。 ミニチュアパンケーキのストラップ // スポンサーリンク'); // ]]> // パンケーキとかホットケーキって、何とも魅力的ですね。 お話にも、くまのプーさんなど、よく登場します。 こらーじゅのおもちゃ…

竜がこわい大人たち…『夜の言葉-ファンタジー・SF論』アーシェラ・K.ル=グウィン

今朝は冷え込んで、霜柱がたって 結構地面が白かった。 三寒四温という時期もあるが、 春を前に、寒さが冬に戻ったかのような 日も来る。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 新しいことを始めたり、変化するという段になって 躊躇してしまうというのは、怖れ…

矛盾や葛藤も受け入れる-『自分を信じて生きる-インディアンの方法』松木正さん

予報通り、雨が降っている。 先月後半からか、この辺りは ものすごく寒い日も少なかったが、 どうも、春めいて暖かいという日もあまりなく …といった感じかな。 で、私も、このところ 淡々と更新しているような…(笑) 何だかな~ 変わり目はいろんな面で、…