エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

クリスマス人形の願い-楽しいクリスマス絵本より

 

何かを強く願えばかなう…、つまり、願わなければかなわない!?
 
さて、クリスマス…これは、お人形と女の子の願いごとの物語です。
 
おもちゃの店では、クリスマスの、赤いドレスに緑のペティコートをまとった

真新しいお人形のホーリー(その名もひいらぎ)が、

自分にぴったりの子供が選んでくれることを待っていました。

 

 


身寄りのない女の子のアイビーは、クリスマスを過ごすため、

ひとり、幼子の家に行くように言われますが、

実際はいないおばあちゃんに会うのだと、途中で列車を降りてしまいます。


子供のいないミセス・ジョーンズが、店先で赤いドレスのお人形ホーリー

目を留めます。すると、何かが奥さんの気持ちを揺れ動かし、

久しぶりにクリスマスを祝おうと思い立ち、

ツリーを買い、飾り付けをするのでした。

 

あてもなく町を見て歩き疲れたアイビー、

そろそろおばあちゃんの家を探そうと、家の窓を見てまわります。

ツリーがあって、子供のいない家…

だって、おばあちゃんはアイビーが来るとわかっているはず、と。

おまわりさんに見つかることを怖れて隠れたアイビーでしたが、

そこは暖かい小屋(パン屋さんのかまどの裏)で、寝てしまいました。
 
翌朝、アイビーもおもちゃの店の窓で、ホーリーを見つけて言うのでした。

「私のクリスマス人形!」

ホーリーも、ガラス越しにアイビーを見つけて言います。

「私のクリスマスの女の子!」と。

二人は願うのです、それぞれがその相手だと…、

そうなることを…夢見るのでした。

 

さて、ミセス・ジョーンズは、ミスター・ジョーンズに

「どうかしてる」と言われましたが、部屋をきれいにして、

クリスマスの食卓の準備を始めます。

ピンクと白のテーブルクロスに青い磁器のお皿やポット、

クリーマーやら並べ、ロウソクをクリスマスツリーに灯します。


居た場所も冷え冷えとし始め、すっかりこごえてしまったアイビーは、

おもちゃの店とは別の方向に足が向き、偶然、ジョーンズさんの家に来ます。

それはアイビーが探していた“ツリーがあって、子供のいない家”でした。

そこで、自分のクリスマス人形が必要だと思い出し、おもちゃの店に戻ります。

ここから、物語は不思議なめぐり合わせ、

でも自然に、一挙にクライマックスに向かいます。

見事に想いはかなう運びとなるのですが、全部お話するわけにもいきませんね。


大事な筋立てに、おもちゃ屋の男の子が鍵を落とし、

アイビーが偶然拾っていたことや、

ミスター・ジョーンズがおまわりさんだったことなど、

アブラカタブラというちょっと意地悪なふくろう等の

お人形たちのやりとりなど、お話が並行して面白いのですが、

とにかく読み応えのあるお話しと素晴らしい絵、

実際にご覧頂けたら一番でしょう。

 

お人形の優れたお話を書いた作家といえば、ルーマ・ゴッデンその人、

絵は、バーバラ・クーニーによる

クリスマスにふさわしい清澄な美しい絵本です。

 

クリスマス人形のねがい (大型絵本)

クリスマス人形のねがい (大型絵本)

 

 

原題は“THE STORY OF HOLLY & IVY”で、

クリスマスキャロルの題名にもありますね。

終わりの方で、登場人物たちが言い合います。

「もし、あの時…しなかったら、…でなかったら…」と。

願えばかなう…の物語。

皆様は何を、クリスマスに夢見られるのでしょうか。

                    (文庫“青い猫” #9より)

     

クリスマスも近いので、関連の絵本記事を

また、アップしておきます。

今日の絵本は、字も割とびっしりで、読み応えもあります。

ゴッデンは、岩波少年文庫の『人形の家』もよく知られています。

 

人形の家 (岩波少年文庫)

人形の家 (岩波少年文庫)

 

 

 

特に、子供時代のお人形やぬいぐるみというのは、

大切な話し相手だったり、かけがいのない友人だったりします。

決して、ただのモノでないんですね。全部ではないですが、

いろいろ処分していた時にも、なかなか手放せなかった

最たるものの一部でもありました。

 

ところで、大人になってからも新たに

人形やぬいぐるみが欲しくなったりするんです。

ちなみに、目下、このはてなブログのアイコンでも、

やたらと頭と目の大きい(笑)ブライス

(もう一つは、プチブライス)を使っていたりします。

知る人ぞ知る、今どきのファッションドールですね。

 

人形とぬいぐるみの話だけでも、始めたら

一記事にはなりましょうから、

そろそろこの辺で。

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村
ご来訪ありがとうございます