エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

マドレーヌのクリスマスー楽しいクリスマス絵本より

 

「パリの、つたのからまるふるいやしきに、12にんのおんなのこたちが、

2れつにならんでくらしていました」

「9時半になると、てってもふっても、さんぽにでます」

 

このおきまりの出だしから始まる、おなじみのマドレーヌシリーズ。

クラベル先生と12人の女の子のパリの寄宿学校のお話。

一番小柄だけど、いつも元気でたくましい、おてんばさんがマドレーヌ。

 

 

 

クリスマスが来るというのに、マドレーヌ以外の皆は、

風邪で寝込んでしまいました、年取ったネズミも、クラベル先生も…。

けれども、そのような時でも、マドレーヌはものともせず、

一人せっせと働いて、皆の世話をしてあげるのでした。

 

そこへやってきたのは、じゅうたん商人のおじいさん…

ちょうど12枚の赤い絨毯を持っていました。皆の足元に置くのにいいと、

マドレーヌは先生に言って、買うのです。

ところが、全部を売り払っておじいさんは、寒さに凍えて、

学校に戻ってきました。

 

マドレーヌは又、かいがいしく、おじいさんを温めて、

薬を飲ませ、お世話するのです。お礼に何かしようと言うので、

マドレーヌはお皿を洗ってもらえますか、とお願いすると…

たちまちお皿はきれいになって元の場所に納まりました。

 

何とおじいさんは魔法使いでもあったのですね。

更に、おじいさんが呪文を唱えると、

赤いじゅうたんはそれぞれ12人の女の子たちを乗せて…。

そして、時は、クリスマス…。

 

とにかく健気で明るいマドレーヌと愉しい絵と活気に満ちたお話が、

何とも洒落ていて、いいですね。

 

「げんきなマドレーヌ」「マドレーヌといぬ」等、

ナルニアホビットの冒険などでも御馴染みの

大翻訳家の瀬田貞二さんの訳で紹介されたロングセラー。

その後、このクリスマス等を、江國香織さんが訳しています。

 

マドレーヌのクリスマス

マドレーヌのクリスマス

 

 “MADELINE'S CHRISTMAS” LUDWIG BEMELMANS  PUFFIN BOOKS

                     (文庫“青い猫”#11より)

 

これを載せていて、

お菓子のマドレーヌが食べたくなった私です(笑)

昨日、久しぶりに千葉に出たら、デパートはもちろん、

新しい駅中が出来ていて、クリスマスも近く、

美味しそうなものや面白そうなものが、沢山並んでいました。

たまに街に出てみると、カラフルで

眺めているだけでも楽しい季節ですね。

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村
ご来訪ありがとうございます