読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

和平への道-ユーモアに癒される絵本『騎士とドラゴン』

 

今朝は冷え込みました。

結露が凍って、二階の窓がすぐに開けられなかった。

この辺りは、幸い、晴れているものの、

本格的な冬なんだなとあらためて、体感。

 

f:id:koboaoineko:20170116124657j:plain

 冷え込みで、くたっとしていたニゲル 日中は復活

 

さて、

ちょっとした火種から、諍いとか争いとか

いざこざが絶えなかったりする世の中。

よくよく考えてみれば、何でこうなるの、

って思うことも少なからず…。

 

喧嘩するより、協力したほうが

みんな楽しく、共に栄えるってシンプルなことを

お子様のためと思われている絵本が

あっさり呈していたりします。

 

 

  

むかし、あるお城にいた騎士

ドラゴンとたたかったことがなく

すこし離れたほら穴にいたドラゴン

騎士とたたかったことがありませんでした。

f:id:koboaoineko:20170116105140j:plain

 

そしてそれぞれが、戦いのハウツー本をみつけ

準備と訓練を積み重ね…

挑戦状も交換して

いざ、決戦~~

×○×○×-

決着は~!?


と、どこからともなく現われた一台の

御所車ならぬ図書ぐるま ←だって荷馬車なんだもん

 

戦い疲れた両者に

それぞれ、一冊の本が手渡され…

 

その後や、いかに?!

感動の結末・・たぶん(微笑 or 爆笑、お好みでどうぞ)

とにかく、おちが、ふるってます。

愉快で、楽しくて、面白い(要するにユーモラスってことですが)


大好きな絵本のひとつです。 ほんとは単純なんだな、私

騎士とドラゴン

騎士とドラゴン

 

  

騎士とドラゴンほるぷ出版

多くの優れた絵本を輩出している作家のトミー・デ・パオラのもの

訳者は、これまたファンタジーの名手、岡田淳さん

これは、戦い好きな大人へ癒しの絵本としても、オススメ(笑)

なーんてったって

“ユーモア”は“愛”につぐ最強のエネルギーだそうな。

文章が少なく簡潔、絵語りでもあるので、英語のペーパーバック

The Knight and the Dragon (Paperstar Book)

も読みやすいでしょうし、パオラさんの

キュートで明るい絵を眺めているだけで楽しい絵本ですが

趣旨、あるいは信念というか思いを変えれば、世界も変わる…

と、深読みしたい方にも、「ザ・シークレット

に勝るとも劣らない一冊でございましょう!?

お茶を飲みながら、たまーに眺めてみるのも

緊張緩和にいいかも~

 

f:id:koboaoineko:20170116115300j:plain

 へそ天(=安心)出来る場は大切 (こんな写真出してご免ね 7カ月の頃)

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。