読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

絵本『ねこのホレイショ』―誇り高きおじさん猫の困惑と冒険

 

f:id:koboaoineko:20170125145500j:plain

寒い中、沢山咲いている西側の小さな梅の木

 

 

 

ねこのホレイショは、

ケイシーさんと街中の通りに面した家で暮らしていました。 

(表紙の絵を見ておわかりのように)
 
「気むずかしい顔つきに見えます。だかれるのはきらいでしたし、

うれしいときにも、めったにゴロゴロのどをならしませんでした。

ホレイショはかわいがられるより、

そんけいをこめてあつかってほしいと思っていたのです。」

 

ケイシーさんは親切な女の人で、

ホレイショも大変可愛がられていましたが、

よその人や動物にまでとても優しく接しました。

しかし、ホレイショはそれがまた面白くありません。


ある日とうとう、家にやって来て一緒だった犬やうさぎ、ハト、

そして遊びに来る隣の子供達にうんざりした彼は、家を飛び出します。

 

成りゆきで、街をあちこち歩くはめになった彼は、

お腹が空いたうえ、子猫たちにまとわりつかれ、

思いもかけない苦労をすることになりました。


しかも、世間知らずでいばっていた彼は、

魚屋さんの前で鳴けば魚がもらえると思っていたくらいでしたが、

追い払われ、犬に吠えられ、さんざんでした。


やがて、必死についてくる子猫達の面倒をいやいやながらも見て、

何とかケイシーさんの元に帰ろうと通りを渡って…、

すると、見たくもなかった子供達が… 。

 

f:id:koboaoineko:20070124154012j:plain

 

そうして、一晩の冒険の後、彼は恵まれた環境と、

どうやら、可愛がられるのも悪くないかな、と気づいたようです。

終わりの頁の彼の表情、迫力ある笑い顔に

しかめっつらから変わっているんですよね(笑)

 

ねこのホレイショ

ねこのホレイショ

  • 作者: エリナークライマー,ロバートクァッケンブッシュ,Eleanor Clymer,Robert Quackenbush,阿部公子
  • 出版社/メーカー: こぐま社
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 「ねこのホレイショ」 エリナー・クライマー文 

            ロバート・クァッケンブッシュ絵
             阿部公子訳  こぐま社
 
見開きごとに配された、オレンジとオリーブグリーンが基調の

味わいある版画の挿絵が素適です。

イラストレーターの猫ちゃんがモデルとか…)


気難し屋のホレイショと対照的な、柔らかい表情の身辺の人たちと

背景が優しくあたたかいですが、やはりホレイショがご愛嬌です。


身辺に広がる幸せに気づいたり、成長を促す、

ちょっとした冒険物語も絵本の魅力のひとつでしょうか…。

            (文庫“青い猫”# 19より)

当時の写真から

f:id:koboaoineko:20170125143511j:plain

 (先代父猫) 

  

たぶん原著の初版は、もう40年くらい?も前になるようで、

時代は今よりのんびりしていたと思いますが、

誇り高きおじさん猫の困惑ぶりがおかしくも、感じ入るところも

少なくありません。絵本のよさで眺めているだけでも楽しく、

猫好きの方にもおすすめです。

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。