読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

上機嫌は世界を救うかも-絵本『ごきげんならいおん』

  

f:id:koboaoineko:20170202162959j:plain

 オレンジ色(ビタミンカラー)のラナンキュラス

 

なんだ、ご大層な…タイトル

と思われたでしょうか

そうですね、今回の絵本の感じですと

まぁ、ごきげんは街を救う…ってとこかな(笑)

 

 

 


フランスの動物園に住んでいた

ごきげんなライオン君

ある日、檻が開いていた隙間から外へ

いつも自分を訪ねてくれる街の人たちに

今度は自分が会いにいこうと

出掛けます。

 

ところが、出会った人たちはびっくりして皆逃げだし、

消防隊まで繰り出して、

町中がなにやら大騒ぎに…

 

そこへやって来たのは、学校帰りのおなじみフランソワ・・・

 

ごきげんならいおん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

ごきげんならいおん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

 

村岡花子さんの訳による邦題が

ごきげんならいおん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 f:id:koboaoineko:20170202155722j:plain

 写真に載せたのは英語のハードカバーです

The Happy Lion

ハッピー、ご機嫌、上機嫌な気分は

目もさめるようなオレンジとイエロー系の彩色にも表われ

味わいのあるペン画とあいまって魅力ある絵本です。

 

ごきげんなライオンは、シリーズで、下の一冊も人気。 

三びきのごきげんなライオン

三びきのごきげんなライオン

  • 作者: ルイーズファティオ,ロジャーデュボアザン,Louise Fatio,Roger Duvoisin,はるみこうへい
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 大型本
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

ごきげん、ならずとも、上機嫌、

これがなかなか出来そうで出来ない。

 

文豪ゲーテの名言に

 

「人間の最大の罪は、不機嫌である」

 

というのがあるそうだが

いわば、対極のあり方。

 

私は人生で上機嫌はいちばんすてきなもので、

砂の中の金のようなものだと思っている。

        
ほんというと、上機嫌、なんていうハカナゲな気分は蜃気楼のようなもの

で、手につかまえられないからすぐ消えてしまう。だから多くの人は価値

を与えないけど、私は、ここだけの話、どんな財宝やどんな卓見や芸術よ

りも、人間の上機嫌を上においている。人間が上機嫌でいられるときとい

うのは、この世で全く少い。

          『お目にかかれて満足です』 田辺聖子

 

田辺聖子さんの本から集められた珠玉の言葉から

 

上機嫌な言葉366日

上機嫌な言葉366日

 

 


ところで、本人が勝手に不機嫌でいるのはいいのかというと

やはり、そうした雰囲気というか波動は周囲に伝播するわけだから

一種の公害で、迷惑そのもの、ゲーテの名言通りである。

 

すべてがエネルギーから成っているという考えに基づけば、

同じ波長が引き合ってくるということもあるし、やはり

ご機嫌もしくは上機嫌波動は、本人は勿論のこと、

ひいては、世界のためになるわけだ。

 

自分で!他ならぬ自分の機嫌をとって、

気持を上手に切り替え、出来るだけ

よき世の中へと貢献したいものですね~。

 

f:id:koboaoineko:20170202160943j:plain

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。