エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

『人間になりたがった猫』など-ロイド・アリグザンダーの猫と魔法

 

皆さま、

本日もお寒い中、お越し頂きありがとうございます。

エブリディ・マジック-猫と魔法物語の本棚 へ

ようこそ。

ん?

 

f:id:koboaoineko:20170212133245j:plain

 

おいおい、ブログタイトル、違うでしょ。

とはいえ、何か、そんな雰囲気もそこはかと漂う感も

なきにしもあらずなこの頃…

 

それでも

当ブログは、普通(って何?)の雑記ブログ(のつもり)

でございます。

あくまで物語本の紹介に手を染めてしまって、の芋づる、

そのせいなのさ。

普通の話(って何?)になるのはいつか。明日かもしれず、

きっとお話が楽しい冬が過ぎれば…たぶん。

ということで、今日もいきます(笑)

 

 

 

 

魔法使いのステファヌスの飼い猫だったライオネル。

主人に頼み込んで、人間にしてもらい、意気揚々と町へ向かいます。

ステファヌスが、愚かな人間にうんざりして離れた町ブライトフォードへ。

何しろ、姿は人間ながら、中身は猫のままでの旅でしたから、

それはもうおかしなことも…。


個性的な登場人物たちと、人間より優しい心を持っていたライオネル、

やがて、悪政に苦しむブライトフォードの世直しのきっかけとなるのですが…

いつしか、人間以上に、(素晴らしい)人間らしくなってしまって…。

 

人間になりたがった猫 (てのり文庫 (566B003))

人間になりたがった猫 (てのり文庫 (566B003))

 

 

お話の展開はとても早く、リズミカルな、ややどたばた劇調というか

お芝居にも向きそう、と思っていたら、

劇団「四季」によって子どものためのミュージカルとして

上演されていたのですね。

 

劇団四季 人間になりたがった猫 [DVD]

劇団四季 人間になりたがった猫 [DVD]

 

 

アメリカ生まれの作者、ロイド・アリグザンダーは、

イギリスのウェールズの伝説を基に、『プリディン物語』のシリーズを書いて、

アメリカの児童文学で本格的なファンタジーを初めてもたらしたと言われています。


訳者の神宮輝夫氏が、述べられていますが、

ユーモアとウィットに富み、面白くて人間性あふれる、優れた作品を

生み出しているようで、またいろいろ読んでみたくなります。 

 

ということで、読んでみました(笑)

 

てのり文庫にある(やはり面白かった)もう一冊。


下働きに追われながらも夢見がちなマロリーが

倒れた樫の木の中に見つけたのは、閉じ込められていた魔法使いアルビカンだった。

ところが、彼の魔法はさび付いてしまっていて、思うままにならない。

時は、産業革命の時代。マロリーが住む辺りにも、

進歩を語りながら、実は大悪党の地主スクラップナーがのりこんできていて…。

 

木の中の魔法使い (てのり文庫)

木の中の魔法使い (てのり文庫)

  • 作者: ロイドアリグザンダー,ラースロウクービニィ,Lloyd Alexander,Laszlo Kubinyi,神宮輝夫
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 1992/04
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログを見る
 

 

とんちんかんな魔法の出現で、ユーモラスながら、

悪いやつにハラハラさせられる展開は巧みで、一気に読んでしまう。

 

次第にその勇敢さを発揮していくマロリーと

力を取り戻しつつある魔法使いとのやりとり、

魔力(力)の使い方、大事なこと、お話として楽しみながらも、

含蓄ある内容を感じ取れるでしょう。

 

しかし、産業革命の時代背景に見られる愚かな人間の姿には、

風刺がきいてもいる。

 

訳者あとがきに神宮氏が

「『木の中の魔法使い』は昔の話ですが、ここに出てくる問題は、今、世界で問題に

なっていることとじつによく似ています。」と書かれたのは、

ちょうど20年前(1992年2月)。それにしても、現代は石炭どころか、

原子力発電(放射能)で地球を揺るがす大問題となっているとはね…何ともはや。

(このレビューを文庫に載せたのが、2012年1月でした)


何でしょうね。

世界は今や激動の時代、どんどん進歩していく一方で

物語を笑って読んでいる人間は、同じような過ちを繰り返したり…

成長してんだか、してないんだか、それでもわからぬ程度にも

螺旋を描くように、進んでいるんでしょうね、ということに

しておこう、そうしよう。

物事は一面でははかれないですからね~前向きに。

何はともあれ、地球は大切に!!

 

 

f:id:koboaoineko:20170212133423j:plain

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。