読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

ムーミンのお話に登場する子ねこ-『ムーミン谷の彗星』

 

2月も半ば過ぎ。

日中は、少し暖かでした。

 

さて、今日も、猫の物語ではありませんが、

ムーミン谷にも、ねこが登場するお話があります。

 

 



ムーミンが、スノークのお嬢さんやスナフキンと知り合い、

彗星の接近でハラハラドキドキの冒険も繰り広げられる

ムーミン谷の彗星』です。 

 

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

 

 

ムーミンの仲良しのスニフが、秘密の洞窟とともに、

子ねこを見つけて、何とか仲良くなろうとするのですが、

ねこらしい気まぐれさに翻弄されます。

 

f:id:koboaoineko:20170216172831j:plain

 

「彗星がくるんだよ。ぼくたちについて、どうくつへおいで。

 そうしなきゃ、おまえはぶっつぶされちゃうぞ」

 こう、スニフはいいました。

「いやよ」

 といって、子ねこはあくびしました。

「くるって、やくそくするね。やくそくしなきゃだめだぜ。八時までにだよ」

 スニフは、きびしくいいました。

「ええ、いきたいときにいくわ」

 そういって子ねこは、からだをなめつづけました。

 

"行きたいときに行くわ"…って(笑)猫ですよね。

 

結局、ぎりぎりまで、ハラハラさせられるのですが、

最後は、ほのぼのする物語同様、

スニフと子ねこのやりとりは、なかなか味わいがあります。



また、このお話は、

近年、劇場版パペット・アニメーションにもなりました。

 

 

借りて、見ましたが、パペットもよく出来ていました。

 

また、通常のアニメ作品があって、これがとてもよかった。

 

ムーミン谷の彗星 [DVD]

ムーミン谷の彗星 [DVD]

 

 

 今の『ムーミン谷の彗星』は、トーベ・ヤンソンさんが、

第二作として1946年に出された原作を後々、書き直して、

ようやく1968年に出版されました。

ネコの話は、当初はなかったようです。

 

実は、ムーミンシリーズで一番最初の本は、

小さなトロールと大きな洪水』(1945)で、

この大洪水のあと、彼らはムーミン谷に住みつくことになり、

ムーミントロールも物語の初めは、まだ地理に詳しくありません。

それでスニフと探検に繰り出したりします。

 

そして、恐ろしい彗星が来るという噂話と不安に惑わされないよう、

ムーミンママは、ムーミンたちに天文台に調べに行くよう

勧めます。この旅で、ムーミン物語の大切な友人となる出会いがあり、

冒険をしながらたどりつき、事の真相を知った彼らが

今度は、皆を守るべく戻ってくるのです。

その時はもう、怖ろしさに支配されるのじゃなく、

対処しようとしているわけですが、ムーミンはいいます。

 

「ぼくたちが特別に勇敢なのじゃないと思うよ。ただ、あの彗星になれてしまっただけなんだ。彗星となじみになってるくらいだもん。(中略)彗星って、ほんとにひとりぼっちで、さびしいだろうなあ…」

「うん、そうだよ。人間も、みんなにこわがられるようになると、あんなに、ひとりぼっちになってしまうのさ」スナフキンが、こういいました。

スノークのおじょうさんが、ムーミントロールのうでに、手をさしこみました。

「どんなことがあっても、あんたがこわがらないあいだは、わたしもこわくないの。やくそくするわ」

 

思わぬ冒険と出会い、やりとりの面白さ、

シリーズの中でも、読み応えのある一冊です。

 

f:id:koboaoineko:20170216174621j:plain

 

  

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。