読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

目覚めてみれば-『ムーミン谷の冬』から

 

今日は曇りがちで、寒空が広がっていますが、

もうすぐ3月、春が来る。

 

 

 

大人になってから、初めて読んではまった、

面白いムーミンシリーズも、

それぞれの季節を移ろいながら、

読みごたえもあって楽しめます。

 

ムーミントロールは、わくわくしながら、むねを大きくはって、ムーミン谷を歩きまわりました。

もう春がきたのです。しかし、彼の考えていたのとは、まるっきりちがっていました。

彼は考えていたのです――春というものは、よそよそしい、いじのわるい世界から、自分をすくいだしてくれるものだと。ところが、いまそこにきているのは、彼が自分で手にいれて、自分のものにしたあたらしい経験の、ごく自然なつづきだったのではありませんか。

 

こちらは、本来は冬眠しているはずのムーミンが、

冬にふと眼を覚ましてしまい、

知らなかった冬の世界と不思議ないきものたちに出会う

ムーミン谷の冬』からの一節です。

 

新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)

 

 

何しろ、雪が降ってくるものだと知らず、

下からはえてくるんだと思っていた!ムーミンでしたが、

冬眠中の家族に、孤独を感じつつ、新しい冒険へといざなわれ、

やがて、春を迎える傑作です。

 

「そうよ、あたいにゃ、かなしむってことはできないの。あたいは、よろこぶか、おこるだけ。あたいがかなしんだら、それがりすさんにとって、なにかの役にたつの。たちゃしません。ところが、あたいが氷姫のことではらをたてたら、あたいはいつか、足にくいついてやりますからね。」

 

ミイが、りすのための黒リボン(喪章)を

そっけなくことわったシーンのセリフ。

 

ちびのミイは、いまでもまた、スケートをしていました。(中略)
ときたまムーミントロールは、ミイが氷の上にえがいた8の字を見かけました。けれども、そのすがたを見ることは、めったにありませんでした。
彼女はいつでも、自分ひとりでたのしむことを知っていました。自分がなにを考えようと、春がどんなにすきであろうと、そのことを人に話す必要は、すこしも感じてなかったのです。

 

なるほど、人気者のミイは、

なかなか得難いキャラが際立っています。

 

「世の中って、ほんとにおもしろいものね。銀のおぼんのつかいかたは、一つきりだと、一生みんなが思ってきたんだわ。それなのに、ぜんぜんべつの、ずっといいつかいかたがあったのね。それからまた、みんながわたしに、『そんなにたくさんジャムをこしらえて、どうするの』なんていったけど――ちゃんと、全部なくなっちまったわね」

 

こちらは、風邪をひいてしまったムーミンのくしゃみで、

冬眠から覚めたムーミンママ。

ママが大事にしていた特別な銀のおぼんは、

ミイが、そりとして使っていたんですね(笑)

 

f:id:koboaoineko:20170227135031j:plain

日差しがあると開いてくる

 

ところで、スノークのおじょうさんが、ことしはじめてでた、元気のいいクロッカスの芽を見つけました。(中略)
「この上にガラスをおいてあげましょう。夜中に寒くなってもだいじょうぶなように」

「いや、そんなことだめさ。自分の力で、のびさせてやるのがいいんだよ。 この芽も、すこしはくるしいことにあうほうが、しっかりすると、ぼくは思うな」
 こう、ムーミントロールはいいましたが、そのとききゅうに、とてもうれしくなって、なんだか、ひとりになりたくなりました。

 

人知れず、厳しい冬を乗り越え、新しい世界を知って、

たくましくなったムーミンの姿が感じられます。

 

物語の世界のように顕著な冒険でなくとも、

ちょっと今までの殻を破る、いや、

ほんの少し動いてみるなりしても

そこから新しい世界が広がることもありますね。

そして、いつでも新しい季節も巡ってくるのです。

 

 

f:id:koboaoineko:20170227135102j:plain

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。