読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

マザーグースで占う-ダヤンのフォーチュンカード

 

こちらは、冷たい雨の一日となりました。

乾燥していたので、お湿りでもありましたが、

これから、少しは、暖かくなるのかな。

 

 

 

さて、今日は、これも猫グッズなのか(笑)

可愛いオラクル(ご神託)系カードです。

 

猫好きならずとも、ファンも多い、

池田あき子さんのダヤンの絵柄、

英国伝承童謡のマザーグースを題材に、

占星術家の鏡リュウジさんが監修されています。

 

ということで、引いてみた、

今日の一枚は、

 

“Beyond the Moon”(月を越えて)

ねことバイオリン

ヘイ ディドル ディドル
ねこと バイオリン
めうしが月をとびこえた
それみて犬も大笑い
お皿とスプーンもとんでいった

 

謎めいた詩です。(中略)この詩の中では一見、鈍く見えるめうしも音楽に合わせて踊るように月を飛び越えています。今のあなたの願いは遠くにあるように思えますが、勢いにのって勇気を出せば、きっとクリアできる、ということではないでしょうか。…

  

 

(ちなみに、ダヤンの絵柄でタロット・カードもあります。)

 

要は、あまり深刻にならず、

音楽を楽しむように、もっと軽やかに、

「案ずるより産むがやすし」といった

メッセージを伝えてくれます。

 

原詩は、以下のとおり

Hey,diddle,diddle,

The cat and the fiddle,

The cow jumped over the moon.

The little dog laughed to see such sport,

And the dish ran away with the spoon.

 

イギリス文学伝統の、

ナンセンス詩の先駆的童謡ともいわれています。

マザーグースについては、平野敬一さんの新書もお薦めです。

 

マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 (中公新書 (275))

マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 (中公新書 (275))

 

 

また、

ねこ関連絵本を集めていた時があり、

思い出した絵本に

『月へミルクをとりにいったねこ』があって、

絵も優しく、愉しめます。

 

月へミルクをとりにいったねこ (日本傑作絵本シリーズ)

月へミルクをとりにいったねこ (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

いずれにせよ、何でも、

楽しみながら、気軽に、というのも大事ですね。

で、ちょっと気楽に載せてみた(笑)

 

 

f:id:koboaoineko:20170302171602j:plain

  

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。