読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

ノリとフィーリングでチャレンジするだけ-『本音で生きる』堀江貴文さん

 

黄金葉のタイツリソウ(ケマン草)ゴールデンハート

いつのまにか、小さなハートの花をつけていた。

 

f:id:koboaoineko:20170411142541j:plain

 

明日からは、晴れてまた春らしくなるようだが

今日も、冷たい、というか寒い雨の一日。

花の写真は昨夕。

今日は、ストーブつけてますよ(笑)

 

f:id:koboaoineko:20170411142625j:plain

シャクナゲ(石楠花)さらに開花

 

 

こちらは、シャクヤク(芍薬)の新葉

f:id:koboaoineko:20170411142827j:plain

 

寒暖、天候の変わり具合も変動が大きいけれど

私もまだ、あれこれ新旧取り混ぜた状態で

すっきりしなくて、シンプルにしようと思う。

 

 

 

 

 

 

で、今日の本は、ちょうど昨年の今頃の記事なんだけど

こちらに載せます。

 

ホリエモンこと堀江貴文さんの本を読んでみようと思って、

新刊のSB新書

『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)』を読みました。

このタイトルを依頼されて、ピンとこなかったという著者。

 

本音で生きる。
 むしろ、なぜ本音を言えないのか、なぜ本音で生きられないのかのほうが、僕にはわからない。

「失敗が嫌だから、やらない」
「あとで何か言われそうだから言わない」
「嫌われたくないから、突っ込まない」

 それで何かいいことがあるのだろうか。

 みなさんもおわかりだと思うが、世の中はすべて「いいか、悪いか」「ゼロか、100か」で割り切れるものではない。たとえその時意見が食い違っても、その相手まで嫌いになることはないし、失敗したとしても、未来永劫失敗のままでいるわけはない。
 だとしたら、まず言いたいことを言って、やりたいことをやったほうが、よっぽどいいのではないのだろうか。

 

そうはいっても、なかなか…という人に向けて、

前へ踏み出せるように、

自分の人生の決定権を誰かに渡さないように、

実にわかりやすく、伝えてくれます。

示唆に富んだ内容を簡潔に書かれているのと、

やはり今の時代に合った生き方をされているのが、

印象的でよかったです。

 

時代に合ったというのは、これまでの制限や思い込みにとらわれず、

常に、自由というか柔軟な発想を心掛けている人だなぁということ。

    やりたいことを見つけて、ノリとフィーリングでチャレンジするだけ。
 僕が語ってきたのは、突き詰めればたったこれだけのことだ。あまりにもシンプルすぎて、事細かな成功法則を期待している人は拍子抜けするだろう。

 

 そして、根本的に僕が考えていることは、「世の中そんなに悪い人はいない」ということ。
 むかつく人やいらっとする人もいるけれど、それだけのこと。自分の人生にはなんの関係もない。
 だから、気にせず、自分の思うことをやればいいんです。

 

本音で生きる (SB新書)

本音で生きる (SB新書)

 

 

本文はあちこちで紹介されたりもしているし、

実際にお読みいただくとして、

以前取り上げたアドラーの『嫌われる勇気』についても、

賛同されていたのも、堀江さんらしいかなと。 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

  

他の著書も読んでみたいなと思いました。

今ここから

著者、ご指摘の “今すぐやる” 心掛けよう!(笑)

 

今日は、満月。

明日から、下弦に向かうから、

いろいろ片付けるにはいい時期に入っていくね。

 

f:id:koboaoineko:20170411144011j:plain

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。