エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

放てば手にみてり-ガラクタ捨てれば…

 

 

f:id:koboaoineko:20170421122010j:plain

 門脇で、ツツジ…小さいからサツキ? 咲いてきた

 

 

f:id:koboaoineko:20170421124603j:plain

斑入りアマドコロ

新芽が出てぐんぐん伸びて、もう花芽がついてた 

余談だけれど、どうやら同じと思ってた

鳴子百合とアマドコロも違うらしい。

茎を触って角があるのが、アマドコロだそうで…

ナルコユリは丸い茎とか)

触ってみたら、これは、アマドコロのようだ。

まあ、どっちでもいいんですが(笑)

  

 

 

 

 

 新学期の時期でもあります。

時節の変化と共に、心境も変わってくるものです。

心機一転、片づけよう、

いろいろ見直そうという気持ちになっても

何ら不思議でもありません。

 

 スペースがあるところには必ず変化が訪れる――これは自然の摂理です。私たち人間が変えようと努力しなくても、スペースがあるところは変化するのです。
 しかし、それはスペースがあるから可能なのです。たとえば、空き地いっぱいにものが置かれていたらどうでしょう。そこにはスペースがありませんから、変化の訪れようがありません。 

 

 現代は、これまでの人間の歴史の中でも、特に変化が激しい時代です。三年前に常識だったことが非常識になっている、半年前に便利だったものがもう古いものになっている、ということもめずらしくありません。
 これほど変化が激しい時代においては、私たちは日ごろから、その変化に対応できるように気をつけておく必要があります。
 そのために大切なことは何でしょうか。
 それは、できるだけものを持たない状態にしておくことです。両手を空っぽにしておくことで、私たちはスムーズに変化に対応できるのです。
 たくさんのガラクタがあったり、古い持ち物を手放せないでいたりすると、新しい流れについていけず、時代に取り残されてしまいます。新しいものがやってきても、すでにたくさんのものを持ちすぎていてつかめないからです。 

 

ガラクタを捨てれば、人生はすべてうまくいく! (PHP文庫)

ガラクタを捨てれば、人生はすべてうまくいく! (PHP文庫)

 

 

 『ガラクタ捨てれば、人生はすべてうまくいく! (PHP文庫)』 竹内清文 
   

このタイトル、何か見覚えあるような…

そう、著者の竹内清文さんは、

あのカレン・キングストン

(『ガラクタ捨てれば自分が見える』の著者)の

もとで学んだ後、

ガラクタ整理師・スペースクリアラーとして活躍されているそう。

 

 両手を空っぽにすることで新しいものがつかめるという話は、現代の私たちにとって、シンプルでありながら、しかし、生きていくうえで示唆に富む、とても象徴的な話ではないかと思います。
 ものや情報があふれ、変化のスピードが増している現代ほど、ガラクタ整理が必要な時代はないのです。

                 

(不思議の庭のミランダより)

 

両手を空っぽにして…というくだり、で

私が思い出すのは、あれ、

道元禅師の『正法眼蔵』の弁道話にある名言

放てば手にみてり

この言葉を知ったのは、その昔

余語 翠巌師による同名の本だったと思う。

 

放てば手にみてり―『正法眼蔵』弁道話講話

放てば手にみてり―『正法眼蔵』弁道話講話

 

 

弁道というのは、仏の道に精進するということだそう。

ここで、道元禅師は、

座禅をすることで、いらぬ思いを放てよと

述べているのだろうが、

まあ、執着といったもの、

確かに、モノもその一つであろう。

そんなに難しく考えなくても、

何かいらないものを捨ててみると

すっきりする。

 

 

カレン・キングストンさんの本はこちらで触れている。 

www.salon-shiroineko.com

 

庭の草花がどんどん伸びてくるので

いわゆる雑草といわれるものが気になる時期でもあります。

何が植えられているのか、わかんなくなっちゃう(笑)

小雨がぱらついていたが、晴れてきたら

少し草取りしようかな。 

 

f:id:koboaoineko:20170421124032j:plain

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

 

ご来訪ありがとうございます。