エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

『ほんとうの空色』バラージュ・ベーラ 岩波少年文庫

 

今朝のヨウラク玉アジサイ

f:id:koboaoineko:20170816155912j:plain

 

もう一つ

f:id:koboaoineko:20170816160001j:plain

 

お盆も過ぎようと、八月なかば。

今日は、結局、雨降りになった。 

涼しいを通り越して、夏服だと肌寒いくらいかも。

夏はどこへ?

暑いよりは助かるといいながら、

春先もそうだったが、季節はずれの天候続き。

 

青い空も久しく広がっていないな~。

 

というところで、岩波少年文庫の一冊を。

 

ほんとうの空色 (岩波少年文庫)

ほんとうの空色 (岩波少年文庫)

 

 

絵が上手なファルコーは、

貧しくて自分の絵の具をもっていなかったので、

貸してくれた子だけに絵を描いてあげていた。

ある日、借りた中から、あい色の絵の具をなくしてしまう。

 

不思議な用務員さんが

お昼の鐘がなると一分だけ咲くという野の青い花をつんで、

絵の具にしたらいいと教えてくれた。

 

それは「ほんとうの空色」で、

太陽や月・星が輝き出し…不思議な出来事の始まりだった。


ひみつのなかまと、ファルコー自身の不思議な体験。

素晴らしく貴重な空色も冒険と共になくなり、

思いがけず、最後に残ったひとかけらの「ほんとうの空色」もやがて…

 

絵画的で美しい描写や、

少年が大人になっていく通過儀礼のような

象徴的なラストが印象に残る作品。

 

作者はハンガリーの多才な作家で、

オペラの「青ひげ公」の台本を書いたり、

映画人としても活躍したそうだ。

蛇足だけど、ねこのツィンツも面白い存在。

(文庫“青い猫”としてもね、笑) 

そして、大社玲子さんの挿絵も好きだな。

 

 

  

 

 

今日の一枚。

 

ポストカードこらーじゅ 95

 

f:id:koboaoineko:20170816151023j:plain

 まったり、ゆったり、猫便り

 

和風のミニお手紙セット&

ポチ袋をアレンジした一枚。

 

HAKUBA 和紙 ミニレターセット ネコ便り 封筒4枚 FML14501

HAKUBA 和紙 ミニレターセット ネコ便り 封筒4枚 FML14501

 

 

何か文字を入れてもよかったんですが、

あえて、和箋の余白をそのままで。

赤はともかく、ミントグリーン系の地が、

かろうじて涼しげかな(笑)

和紙のわずかに、けばだった風合いに、

まるい感じの猫の雰囲気が、まったりしています。


あせらず、あわてず、ゆったり気分でお便り…

今の時代には貴重かも。

 

 

雨の日続き、朝出て、戻った後はよく寝ているね~。

f:id:koboaoineko:20170816160211j:plain

    

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。