エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

インド映画『きっと、うまくいく』-笑って泣いてぐっときて…あっというまの3時間

 

晴れたり曇ったり、風もあるが

家にいると、ちょっと蒸し暑い。

 

f:id:koboaoineko:20170822162046j:plain

ユウギリソウ(夕霧草)が 再び咲いてきた 

 

 

  

 

 

何というか

馬鹿らしさと真面目さが入り混じり、

もちろん、歌って踊ってのシーンもあり、

ラブロマンス、社会背景、謎、という

何でもありのインドのコメディ映画

『きっと、うまくいく』(2009年)

 

きっと、うまくいく [DVD]

きっと、うまくいく [DVD]

 

 

そして、評判どおりに

見てよかったと感じる

結末の爽快さは

よく出来ているな~と思うしかない。

 

あほらしさは、原題 “3idiots”  どおりで、

名門工科大学で、ルームメイトとなった

3馬鹿トリオが繰り広げる騒動に満載。

もっとも、頭が悪いというのでなく、

青春時代のおバカぶり、

世間に合わせきれないという

生き方を体現しているわけだが。

 

エリート大学で苦労していた

ファルハーンは他にやりたいことあり、

ラージュ―は臆病であった。

結局、彼らの本質を後押ししてくれたのが、

親友となった変人かつ天才のランチョーだったが、

卒業後、行方が分からなくなる。

 

ランチョーの居場所がわかったという同級生の連絡に

かつての親友二人は、大慌てで、

車に同乗して会いにでかけるのだったが…。

 

道中、知られざるランチョーの秘密を知り、

学生時代にロマンスのあった大学長の娘ピアの結婚式に

飛び入るは、の、思いもかけぬ珍道中に、

回顧されていく大学時代の濃い思い出。

 

インドも、学歴社会や、自殺の多さといった問題を抱え、

階級社会でもある様々な社会背景が織り込まれつつ、

基本ドタバタ劇と、ミュージカルな趣きから

コミカルな演技で、大いに楽しめる。

 

 


3 Idiots - Official Trailer

 

ランチョ―役、アーミル・カーン

ファラン役、R・マドハヴァン

ラージュ―役、シャルマン・ジョシ

ピア役、カリーナ・カプール

 

邦題の『きっと、うまくいく』というのは

「心は臆病なので、“All is Well” (すべてうまくいく)”と言い聞かせる」

というランチョ―の「アーリーズ・ウェル」のモットーによる。

これがマントラのように唱えられ、時に大合唱となって、

観た後も、映画の余韻と共に、耳に残っていたりする(笑)

 

ランチョ―は、

競争に勝とうとするばかりで、

イノベーション(技術革新)が生まれない

エリート大学や、社会の構造を皮肉り、本当に

やりたいことをやっていれば、成功はついてくる、を

地でいった、風雲児でもあったのだ。

 

ところで、この映画、

以前『猫侍』にハマっていた頃、北村一輝さんが 

雑誌か何かのインタビューで、お薦めしていて知ったのだった。

ミーハーですから(笑) でも、ほんとに面白かったわ。

 

 

f:id:koboaoineko:20170822162314j:plain

     

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。