エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

寒暖の差が大きい4月の庭-晴れると草取りしたくなる頃

 

夏日のような日差しにもなる頃

放置していた庭の裏側が気になって

草とりするのが、大体4月後半から5月の連休にかけて。

 

晴れて気温が上がった日曜の昨日、

やりましたよ(笑)

先日の残りの裏側半分と

北側の狭い花壇の草取りと剪定少々。

 

昨年末に剪定しなかった

北側のモミジの新葉がいつのまにか

茂ってきたので、漉き剪定、

やはり新葉が伸びて込み入ってきた

細葉ヒイラギ南天のマホニア・コンフューサも。

 

f:id:koboaoineko:20180423162451j:plain

 左から(モミジ、オタフクアジサイ、斑入り額アジサイ、マホニア・コンフューサ)

 

オタフクアジサイと斑入りガクアジサイ

かなり背が高くなってしまったが、

もうこの時期になったとあっては、そのままに。

植えたはずだけど、消えてしまった植物もある。

そうしたスペースに、昨年地植えにした

アメリカ・ナンテン "レインボー"の花が

ついているのに気づいた。

 

f:id:koboaoineko:20180423144657j:plain

 

 

サクラもそうだったが、今年は開花が早めなのか

気づくのが遅かったのか、少し前の花も含めて載せておこう

 

f:id:koboaoineko:20180423145323j:plain

黄花ホウチャクソウ

 

 

 

f:id:koboaoineko:20180423145448j:plain

シラー・カンパニュラ―タ (ヒアシンソイデス)

 

スパニッシュ・ブルーベルと呼ばれることも。

これは綺麗なブルーの可愛い花だが

春になると、あちこちから新たに出てくる

 

f:id:koboaoineko:20180423145646j:plain

こちらは白花で可憐なのだが

なかなか増えない

 

 

f:id:koboaoineko:20180423145741j:plain

斑入りアマドコロ

 

地下茎で増える。

鳴子ユリと呼ぶ場合もあるらしいが

厳密には違うそう。

以前も書いたことがあったけど

茎が丸いのが鳴子ユリで

アマドコロは触ると角があるんだって…。

触ったら、これはアマドコロだった(笑)

 

 

f:id:koboaoineko:20180423145947j:plain

今年は、ちょっと花がついたブルーベリー

地植えにしてから、実が沢山つくのを心待ちにしつつ

もう数年だが、ジューンベリーの木よりは早いかも(笑)

 

 

f:id:koboaoineko:20180423150339j:plain

門脇の植え込みの霧島ツツジ?が綺麗

今年は薄いピンクがよく咲いた。

 

この下に

 

f:id:koboaoineko:20180423150436j:plain

アジュガ・マルチカラーの紫が映える

 

 

クレマチスアジサイ、ウツギ、

スモークツリー、ドドナエア、セージなどなど

花の蕾もあちこちに散見されて

毎日眺めるのが楽しい季節になってきた。

 

 

  

 

 

今日の一枚

ポストカードこらーじゅ 101

 

f:id:koboaoineko:20180423151059j:plain

この時のタイトルは、

”ほんわかキャット-ひと息ついてネクストステージ”

だったようです。

(引用)~~

洋文字柄の折り紙と、和風模様の折り紙を

台紙にして、こうなった(笑)

なんか、季節がら、あったかモード色で。

後は、シールとマステを適当に…。

思い付き、失敗なし(やり直し無し)ルールは同じ。

 

ところで、ネクストステージって、

101枚目っていうのもあるけど、

たまたま、日常のブログも

JUGEMからはてなへ)新しく切り替えました。

~~(引用終わり)

 

ということは、

一年半前程の(前コラージュ)ブログからの移行時期のもの。

まあ、ちょうど、新学期の春なので、

切り替えとしてはシンクロでしょうか。

 

それにしても、今日は曇りで、肌寒く感じる。

近頃はもう、日々、そして一日の中でも

寒暖の差があるのが当たり前みたい。

猫は正直で、今日はさっさと家に入っている。

 

f:id:koboaoineko:20180423152430j:plain

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。