エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

“聴かせるギター”-伝説のロイ・ブキャナン、名ジャズギタリストのマーティン・テイラー

 

ラテン・フュージョン松岡直也さんのライブビデオに

あらためて惹かれた夏の終わりから、

 

www.salon-shiroineko.com

 

今さらながら、エレキギターの音色もいいなということで

思い出したのが、ギタリストのロイ・ブキャナン。

 

昔は結構、ハードロックとかも聴いてたわりに

特に好きなギタリストもいなかったのだけど、

この人だけは気に留まって、一枚レコードを買って

聴いていた。当時は、輸入盤のレコードをよく探していた。

 (その後、残念ながらレコードは処分してもうない)

 

最近、YouTubeでライブ映像を見ることが出来て

やはりいいわ~とCDで新たに聴きたくなった。

ら、

何と、今年、2枚組で新しい、

昔の名ライブ音源をフルに収録したのが出てたんですね。

完全版の方は出ると、売り切れ続きのようですが、

輸入盤でも出ているようです。

 

 

聴きごたえありそうだ。

しかし、今新たに出るとは… 

あー、棋士の羽生さんによるAIの話ではないが

温故知新」というフレーズが浮かぶ。

 

www.salon-shiroineko.com

 

で、話は戻って

ロイ・ブキャナンさん(1939-1988)ですが、

 

世界最高の無名ギタリスト”と冠される

知る人ぞ知る名ギタリスト。

 

って、無名じゃないよね…

ジェフ・ベックやクラプトンなどの名だたるギタリストや

ミュージシャンがこぞって敬愛してたというし、

また、ローリング・ストーンズからの

ブライアン・ジョーンズの後任への依頼を断ったという

エピソードは有名。

 

牧師の息子に生まれ、5歳でプレゼントされたギターを

独学で弾きはじめ、9歳でバンドを組んだという話も。

ブルースから、カントリー、ロックンロール、ジャズ、ハードロックと

何でも弾きこなしたという。

 

 メシアが再び

youtu.be

 

情感溢れるというか、抒情的というか

いわゆるギターの泣きフレーズに思わず聴き入ってしまう。。

レコード聴いてたのは、10代から20代…

今頃、ビデオで見れるなんて思わなかった。

 

 

ロイズ・ブルース

youtu.be

 

こうやって弾いているんだ~と

手元にも魅入ってしまう。。

途中で、弾きながら飲み物も手に取ったりして、

余裕のパフォーマンスも(笑)

しかし、チェロもそうだったけど、

弦楽器って、思いきってかき鳴らしていると

何か津軽三味線みたいに聞こえるとこもあるよね。

あれも心地いい響き…。  

 

 

  

 

 

それから、現役の名ジャズ・ギタリストの

マーティン・テイラーさん、いいです。

この方もとても巧い演奏家ですが、さらっと

軽やかで爽やかで聴きやすいです。

 

youtu.be

 

先のロイさんは、かつてのギター少年か、

通なロック好きオジサン好みで、

(私は普通のオバサンですが…笑)

こちらは、もっとポピュラーですね。 

 

私が持っているCDは、これ(ソロ)ですが

聴き込んでも、癒しのBGMでもOK。 

 

 

ご活躍中なので、新しいのも出ているし、

結構来日もされているようです。 

 

ちなみに、昔は

ジャズ・バイオリ二ストのステファン・グラッペリのバンドでも

演奏していたそうで、その時のビデオもYouTubeにありました。

 

youtu.be

 

そういえば、昔、アコースティックギターも持ってたんだけど

あれは、ほとんど弾かずじまいだった気がする…(;'∀')

ともかく、楽器が弾けると楽しいよね。

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます