エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

『クリスマスのおくりもの』ジョン・バーニンガム-楽しいクリスマス絵本から

 

寒くて、庭で新たな写真を撮るのも億劫 …

で、

室内に戻って丸くなる猫です(;'∀') 

 

f:id:koboaoineko:20181214163553j:plain

 

 

さてと、

この季節、トナカイと共に忙しい人といえば、サンタさん。

クリスマスプレゼントの配達を済ませて帰れば、もうヘトヘト…。

おまけにトナカイの一頭は,途中で食べるものでない何かをかじったせいか

具合がすぐれず、休養が必要。サンタさんも、パジャマに着替えたところで、

何たることか、袋の中にひとつプレゼントが残っていることに気がついて…。

 

それは、遠いはるか彼方のローリー・ポーリー山の上の小屋に住む

貧しい家のハービー・スラムヘンバーガーという男の子への

唯一のプレゼント…。

 

 

 


サンタさんは、パジャマの上に赤いコートを着て、

ブーツを履き帽子をかぶって、はるばると出掛けるのです。


「もうしわけないが、てつだってもらえまいか」と

途中で出会った人の乗り物に助けてもらうのですが、

雪の中、思うように進めず、次々と乗り継いでいくことになるのです。

 

自家用機、ジープ、バイク、スキー、そして登山家のロープと。

しかし、そのロープも、ローリー・ポーリー山の断崖絶壁の途中まで、

最後はサンタさんが頂上目指して登って行くことに…。


あ~、本当にお疲れ様でございました、と帰り道も

これまた容易ではなかったサンタさんを、心からねぎらいたくなる頃、

起きたハービーはプレゼントを取り出していて、よかった、よかった…。

 

かなり大型の絵本なのですが、美しい色合いも素晴らしく、

ジョン・バーニンガムらしい飄々とした優しいペン画が、

味わい深いものとなっています。

 

クリスマスのおくりもの

クリスマスのおくりもの

 

 

 原題は“Harvey Slumfenburger's Christmas Present”
    John Burningham

 翻訳は、長田弘さんです。

 
とにかくまあ、サンタさんは大変だったのですが、

会う人達も皆親切であたたかく、

どこかユーモラスな画風が、魅力なのでしょう。

                   (文庫“青い猫”#10より)

 

今回も、季節ものリライト記事となっていますが

こちらは中古本となっているようですね。

さて 

ジョン・バーニンガムの絵本は、

他にも魅力的なものが、いろいろあります。

クリスマスに限らず、夜寝るときに楽しめそうな

もう一冊。

 

旅するベッド

 

 

こちらは、新たに(中古の)ベッドを買ってもらった

ジョージのお話。それは、自分の魔法の言葉を唱えると

旅することが出来るというベッドだった…。

 

そういえば、ベッドが空を飛んで

異国や(過去の時代)へ旅するといえば

その昔、メアリー・ノートンの本が

(現在は、アニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」の

原作者としても知られますが)

ありましたっけ。 

 

空とぶベッドと魔法のほうき (岩波少年文庫)

空とぶベッドと魔法のほうき (岩波少年文庫)

 

 

内容が古くなったのか、これも絶版ですが

なかなか面白い魔女(見習いだったか)プライスさんと

子供たちの冒険物語でした。

現在は新たに出版されない

物語本でも、面白かったのが沢山あるんですよね~。

正確な内容を覚えていなくても

読んだ時の満足感みたいなものが残っているから

懐かしいのでしょうか。

 

 自由で楽しい夢を呼び起こしてくれる絵本や児童書。

ラカン世代の今でも楽しめます(*´∇`*)

って、たぶん怠け者なので

座って頁を繰れば、そこはワンダーランド♪ね

 

  

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村
ご来訪ありがとうございます 

ご来訪ありがとうございます。