エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

『子うさぎましろのお話』佐々木たづ(文)/三好碩也(絵)-楽しいクリスマス絵本より

 

f:id:koboaoineko:20181220131247j:plain

門脇で、オキザリス パーシーカラーが咲いている。

手前の紅白模様がつぼみ。
 

 

外国の絵本が多くなりましたが、日本のものでも、

素適なお話と絵のクリスマスがあります。

 

クリスマスのおくりものをサンタクロースのおじいさんから、

いちばん先にもらった白うさぎの子“ましろ”。

そのお菓子をぺろりと食べてしまって、

もういちど贈り物をもらおうと考えます。

 

別のうさぎの子になればいいんだと、炭を体に擦り付け、

黒くなって、おじいさんを待つことに。サンタのおじいさんには、

それが“ましろ”だとわかるのですが、

残っていたサンドイッチと、種を渡してあげます。
 
さて、うちに帰ろうとした“ましろ”でしたが、

元の白いうさぎに戻れず、泣き出してしまいました。

うそをついたからだ、と“ましろ”は種を返そうと反省するのですが、

ふと思いつくのです。

 

「この たね、かみさまに おかえししておこう。土のなかへ うずめて。」と…。

ましろ”が神様にお返しした種は、翌春、芽を出しました。

又、十二月がやって来て、そのもみの木は、きらきら輝いていたのです。

 

淡い感じの優しいタッチの線画でシンプルに描かれた絵が、

あたたかな気持ちにさせてくれるお話と、ぴったり寄り添って、

素適な絵本になりました。

 

子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)

子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)

 

 「子うさぎましろのお話」 文・佐々木たづ 絵・三好碩也 ポプラ社

 

本当は素直なのに、ちょっとずるをしたくなったりすることもありますよね。

それを、わかっていて見守ってくれるサンタクロースのおじいさん、

やがて、神様の木は贈り物をたくさんつけるようになって…。


クリスマスの心優しさと美しさが、

こんもりと広がる豊かな白銀の世界に静かに描き出されています。

播いた良い思いは、やがて素適な贈り物になるかもしれませんね。
 
今年のクリスマスも済むと、また少し季節が先に進むのでしょう。

              (文庫"青い猫"#13より)

 

 

 

輝く白さ、といいますが

ヨゴレが目立つのが白色ですね。

先代の猫は、ロシアンブルーだったので

グレー地でしたが

今の猫は、茶白、白茶っていうのか?

土台がほぼ白いので、

庭に現れた当時は白い猫と呼んでました。

 

超アウトドア派だった先代のみぃ君は

春先などに、砂だらけになると

ロシアンブラウンかロシアンイエローといった

風情でしたが(はたいて乾拭きで済ませてた…)

今のしろ(白)ちゃんは、砂浴びすると

きな粉状態になって目立つので

必死になって水拭きですね(;'∀')

普段は、ブラッシングだけですが

毛と共に砂が結構落ちます。。

 

f:id:koboaoineko:20181220131516j:plain

 じょうろから水を飲むのも(先代と)同じですね。

 

 

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。