エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

空想とホント-『へんてこりんなサムとねこ』エヴァリン・ネスの絵本

 

風がすごいですね。雨も降るみたいですが、

春先の嵐といった感じ。

 

 

 

 

さて、空想と現実…というと、

とりあえず両者は区別されるものではありますが、

特に子供は自由に両方の世界を行ったり来たり、

あるいは混在した日常に暮らしていたりします。

まあ、本当は大人だって一種幻想に生きているともいえ、

似たようなものでしょうが…。

 

“大きな港のそばの小さな島に、小さな女の子がすんでいました。お父さんは漁師で、女の子の名前はサムといいました。(本当はサマンサというのですが、いつもサムとよばれていました。)サムには、やたらに、うそをつくくせがありました。
 海から帰ってきた、船乗りたちでさえ、サムほど不思議な話をすることはできませんでした。キリンや、ガービルねずみのような、珍しい荷物を積んで帰った港の船でさえ、サムのようにみんなをびっくりさせることはできませんでした。

 

サムは死んでしまったお母さんのことは人魚だといい、

家にはライオンと赤ちゃんカンガルーがいる、とも

(実際には賢い年寄り猫のバングスだけでしたが)

戸口のボロボロの足拭きマットは、竜の引っ張る戦車…といったぐあい。

 

f:id:koboaoineko:20070401134951j:plain

 

お父さんは、彼女に

「いいかい、サム、きょうは“へんてこりん”(うそっこ)はやめにして、

“ほんと”を話しなさい。たまには、いいだろう。

へんてこりんは、もめごとのたねだからね」と言ったのでしたが…。


そんなサムの言うことを何でも一つ残らず信じたのが、

小さなトーマスでした。

赤ちゃんカンガルーが見たいと毎日訪ねてきます。

 

その度に、サムは「出掛けちゃったところだ」と言い、

トーマスは言われた先ならどこへでも探しに行きました。

高い木に登らせたこともありましたが、

ある日、人魚のお母さんのところへ行ったといいます。

 

トーマスはその洞穴のある大きな青岩目指して

自転車で進んで行きました。

「満ち潮が早いので青岩への道が水につかっちまう」と

言った猫のバングスも、青岩の方へ。

そのうち、天気は雨風で大荒れになってしまいました。

戻ったお父さんに叫びます。


「バングスとトーマスが岩にいったの!青岩よ!バングスとトーマスが!」

 

無事トーマスは見つかりますが、

サムにとっての“ほんと”であったバングスを諦めた頃、

彼はびしょぬれで戻ってきました。

 

“へんてこりん”にもいいものと悪いものがあるとお父さんは言います。

やがて、本当にまるでカンガルーの赤ちゃんみたいな

ガービルねずみもやって来て…。

サムはベッドで寝ているトーマスにあげることにしました。

 

へんてこりんなサムとねこ (1981年) (アメリカ創作絵本シリーズ)

へんてこりんなサムとねこ (1981年) (アメリカ創作絵本シリーズ)

 

  「へんてこりんなサムとねこ」エヴァリン・ネス作・絵

               猪熊葉子訳  祐学社

 

卓越したイラストレーターであったエヴァリン・ネスの絵が

非常に素晴らしく、お話も彼女によるもので実によく出来ています。

ここで紹介している多くの絵本と同様、

優れた絵本に贈られるコルデコット賞受賞作ですが、

これも今は邦訳は、図書館で読めるだけのようで残念ですね。

(原書もお薦め)  

 

Sam, Bangs, and Moonshine (Owlet Book)

Sam, Bangs, and Moonshine (Owlet Book)

 

  

ところで、猪熊さんの訳 “へんてこりん”は

原書の“MOONSHINE”ですが、moonshine には、

ばかげた空想、夢のようなつくり話、たわごと…といった

意味があるんですね。

 

実は、この言葉、

お話のおち(ねずみの名前となる)にもなっていて、

ほっとします。

             (文庫"青い猫"#26より)

 

ところで、私も小さい頃、(まだ一人っ子の時)

おやつをもらえば、○○ちゃん(命名してた)の分とふたつに分け、

知らない人が聞いて、ほんとに妹がいるのだろうと信じたほど

リアルに、○○ちゃんの話をするので、

空想と現実の境がわかっているのかと

親が案じた時期があったそうです。

ちなみに、その後、何年かして、

○○ちゃんという名にこそなりませんでしたが(笑)

やはり、妹が生まれたのでした。

 

 

f:id:koboaoineko:20170220141229j:plain

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!

ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。