エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

遅ればせながら、4月の庭便り―ツツジ、アジュガ、斑入りアマドコロ、黄花ホウチャクソウetc.…

 

スポンサーリンク

 

門脇の植え込みが

賑やかな4月

 

f:id:koboaoineko:20210422141845j:plain

ピンクと薄桃色の久留米ツツジ

濃い紫色のアジュガ

 

f:id:koboaoineko:20210422141914j:plain

元は葉色も明るいマルチカラーだったのだけれど

先祖返りしたのか、ほぼ緑色に戻った

 

f:id:koboaoineko:20210422141714j:plain

 

庭の方では、4月初め頃

北東側の半日蔭のジューンベリーの花が咲いて

 

f:id:koboaoineko:20210422142558j:plain

 

半ばには、花後で実になりつつある感じ

 

f:id:koboaoineko:20210422142745j:plain

 

地植えにした

スズランの木 ブルースカイにも花芽

 

f:id:koboaoineko:20210422142818j:plain

 

この下で、ミヤコワスレの残りが少し咲いてきた

 

f:id:koboaoineko:20210422142955j:plain

 

まだ開き切っていないけれど

アメリナンテン”レインボー”の白い花もついてきた

 

f:id:koboaoineko:20210422143350j:plain

 

玄関前の鉢植え ドドナエア・パープレアにも花芽

(これは目下、室内に移動してるけど💦)

f:id:koboaoineko:20210422143101j:plain

 

モチの木の下では、斑入りアマドコロの花

 

f:id:koboaoineko:20210422143235j:plain

 

黄花ホウチャクソウ

 

f:id:koboaoineko:20210422143952j:plain

 

f:id:koboaoineko:20210422144104j:plain

 

白花のシラー・カンパニュラータ

 

f:id:koboaoineko:20210422144136j:plain

 

沢山生えているのは、紫色だ

今季は写真を撮りそこなって(下のはブレてる)

 

f:id:koboaoineko:20210422144350j:plain

 

そして 

斑入りコデマリ ピンクアイスの花が開きつつある

 

f:id:koboaoineko:20210422144507j:plain

 

f:id:koboaoineko:20210422144527j:plain

 

 

 

 

もうだいぶ コデマリらしく白く咲きそろっているはず

だけど…

ちょうどこの一週間、庭に出れないんです💦

 

f:id:koboaoineko:20210422144607j:plain

 

この左側の軒下に、ずらーっと並んでた

鉢物が一斉に撤去されてるでしょ

何とか、あちこちに移動したの(;'∀')

 

実は、今、外装工事に入っていて

足場を組んで、塗装のため

小さい庭に踏み込めないんです(涙)

 

f:id:koboaoineko:20210422145002j:plain

 

猫もここしばらく、外に出られず

文句言ってる(鳴いてる)か

寝てる時間が多いわ。

 

ここ数日は、窓も全て一部雨戸と養生で

外が見えない状態(つ、つらい…)

でも長年放置されてたお家にしてみれば

ようやくの屋根と壁がお色直しなので

仕方ありませんね(苦笑)

 

それでも

室内に避難中の

とよのかイチゴ、初収穫しました!

 

f:id:koboaoineko:20210422145242j:plain

 

映りがよくないが、

日本サクラソウの花簪(ハナカンザシ)も咲きました

 

f:id:koboaoineko:20210422145312j:plain

 

これも室内に移動

来週には外の鉢物の様子もわかるかな~♪

 

アリスのソーラー灯も見ることが出来ませんが

 

f:id:koboaoineko:20210422145901j:plain

 

本当に庭があっての我が家だと

つくづく感謝しちゃった。

あ、もちろん、お家を綺麗にして下さってる

業者さんにも、ね。

 

更新頻度がまたあいてるので

また書くかも…。今日はここで

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。  

小さいながらも、素適な我が庭!ーリキュウバイ&桜、シャクナゲ等…一斉に春の開花

 

スポンサーリンク

 

早くも3月が過ぎようと… 

実はもう一つ

書きかけていたのもあったけれど

結局、3月末になっちゃった(;´∀`)

 

ちょっと断片だけ拾っておくと …

~既に花が終わったユスラウメ(山桜桃)の写真を

載せてて 

 

f:id:koboaoineko:20210319115915j:plain

 

f:id:koboaoineko:20210319120006j:plain

今年は沢山実がなりそう?

この時期は、日に日に花芽が動いていくので

すぐ載せないと過去になっちゃって…

しかし、3月に入ってから

他のブログの更新が忙しくて

こっちまで手が回らず…

しょうがないね。

どっちがメインかわからなくなってきた

 

~なんて書いてたわ(笑)

 

で今季は桜の開花も早かったみたいですね。

 

f:id:koboaoineko:20210330124532j:plain

 

先週の土曜日(3/27)に朝一で

一昨年に続き、佐倉の城址公園(国立歴史民俗博物館)に

家族とお花見に行ってきました。

 

f:id:koboaoineko:20210330124544j:plain

 

f:id:koboaoineko:20210330124555j:plain

お天気もよかったし、込む前に

自然あふれる公園内を1時間ちょっと散策。

普段、朝ごはん食べないのですが

お店が出てた佐倉の蔵六餅本舗さんの桜餅を

思わず買って、桜を愛でながら頂きました(笑)

 

f:id:koboaoineko:20210330125226j:plain

綺麗だから撮ったけど、ピントが…。

 

 

 

 

さてと…家でも日々花見です。

我が家の小庭も、春の花木が目白押し。

昨秋、庭木の剪定を見送ったので伸び放題ながらも💦

梅、ユスラ梅、ボケ、カイドウ、シャクナゲ、リキュウバイ、桜…

クロッカス、水仙沈丁花ムスカリハナニラ

スノーフレーク、ツルキキョウ…etc.

 

f:id:koboaoineko:20210330125935j:plain

リキュウバイ の花

 

f:id:koboaoineko:20210330130307j:plain

 

ちょっと盛りは過ぎましたが、その横にサクラ

f:id:koboaoineko:20210330130447j:plain

 

f:id:koboaoineko:20210330130710j:plain

 

この二大花木の下でシャクナゲが紅白の共演

f:id:koboaoineko:20210330130745j:plain

 

f:id:koboaoineko:20210330130915j:plain

 

 

f:id:koboaoineko:20210330130931j:plain

 

 

f:id:koboaoineko:20210330131009j:plain

 

f:id:koboaoineko:20210330131211j:plain

ボケの花  ピンクの可憐なカイドウの花は撮りそこなった

 

f:id:koboaoineko:20210330131336j:plain

桜の株元に咲く プリムローズ

 

f:id:koboaoineko:20210330131431j:plain

これも盛りは過ぎたものの ハナニラ

 

f:id:koboaoineko:20210330131455j:plain

 

手前にあるツルキキョウ(ニチニチソウ

f:id:koboaoineko:20210330131511j:plain

 

ラナンキュラス ミノア

f:id:koboaoineko:20210330131552j:plain

 

ブルーベリーの花と花芽

f:id:koboaoineko:20210330131631j:plain

 

意外なところからフリージア

f:id:koboaoineko:20210330135927j:plain



 

斑入りコデマリ ピンクアイスの花芽

f:id:koboaoineko:20210330133759j:plain

 

 

 

昨年頂いた、日本サクラソウ(桶川/白)も開花

f:id:koboaoineko:20210330135950j:plain



 

借景ですが

f:id:koboaoineko:20210330132016j:plain

お隣さんのアオダモの花(さっき名前をお訊きした)

 

こういう花も好きで、シマトネリコを植えたかったんだけど…

このアオダモってモクレン科のトネリコらしくて

お隣がひとつ植栽した庭木がこれだったなんて、嬉しいな(笑)

 

この手前、家側にはスモークツリーとモッコクがあるのよね。

 

そして、猫とアリスのソーラーライト

 

f:id:koboaoineko:20210330132608j:plain

 

このアリスのソーラーライト

ホームセンターで値下げされていて思わず買っちゃったけど

夜はほんの僅かだけぼーっと点灯してるの

一日8時間日光充電というけれど

半日蔭だから、日照が足りないのかしら…。

 

いよいよ庭いじりも開始の時期で

草取りも始め(;´∀`)ました。

 

一昨年のお花見記事(佐倉城址公園など) 

www.salon-shiroineko.com

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。  

ドキュメンタリー映画「スライヴ/THRIVE(繁栄)」/世界は思っている以上に進んでいる

 

スポンサーリンク

 

f:id:koboaoineko:20210321151650j:plain

リキュウバイ(利休梅)の季節到来

 

f:id:koboaoineko:20210321151919j:plain

ボケ(木瓜)が開花してきた

 


スライヴ(THRIVE)=繁栄という 

2011年のドキュメンタリー映画があります。

f:id:koboaoineko:20210304160433j:plain

(昨年にはそのⅡも上映されたそうで)

私も最近になってYouTubeで見たばかり

ですが、世界の裏側が見えつつあり、

大きく変わりゆく今の時代なら

10年経ても

あらためて入門編としても

オススメではないかと思います。

 

(3:52~)

私は地球上の大きな苦しみと貧困の原因を追求することに

人生のほとんどを費やしてきました。私は若い頃、悲惨な状況を目にして

人類の生存に不安を感じ、疑問の答えを探す旅に出ました。

人間が力強く成長するのはそもそも可能なのか。なぜ成長していないのか。

研究をしていくと思いもよらない発見がありました。

最初は無関係に見えたものが、実は密接に繋がっているということが

わかったのです。

 

作者のフォスター・ギャンブル氏は

アメリカの会社P&Gの御曹司として

エリート教育を受けて育ちましたが

あるきっかけで目覚めます。

そしてスクールバスに乗っている時に

見えた宇宙エネルギーのモチーフに触発されて

科学者への道を歩みました。

 

そこで知り、見えて来たのは

地球外生命体に関連すること、

フリーエネルギーなどの高度な

テクノロジーの発明と可能性でしたが

なぜそうした人類のための情報が

もみ消されるのか…

 

(42:50)

科学技術を弾圧することで利益を得ているのは誰なのか?

クリーンなエネルギーを利用によって富と権力が脅かされるのは誰なのか?

一握りの人が富を持ち大多数が貧困に苦しむようにする動機があるのは誰か?

独立した研究者である私は調査報道の鉄則

「話がおかしいと思ったら金(カネ)を追え!」に従いました。

 

そのおかしいと思ったら、金(カネ)を追え、という

鉄則に従い、調査・取材を重ねて

知られざる世界の裏側の仕組みを探っていきます。

そしてこれから私たちはどうしていくのか、まで提言します。

  

この映画は、フォスター氏が私財を投じて制作し、

2011年に公開されました。

 

YouTubeで無料で見ることができますので(日本語)

是非一度、ご覧になるとよいと思います。

 


スライヴ (THRIVE Japanese)

(2:12:03)

 

スライヴ』あらすじ:

 

 この世界で何が起きているのか。

スライヴ』は、真実を覆うベールを取り払う斬新なドキュメンタリー。

富の流れをさかのぼり、人々の暮らしのほぼすべての側面において

世界的な権力の統合が行われていることを明らかにする。

科学、意識、積極行動主義の分野での飛躍的進歩を絡み合わせながら、

真の解決策を提示し、人々の暮らしと未来を取り戻す

かつてない大胆な戦略を提案する。

・序章

・ザ・マネー

・世界支配計画を解き明かす

・最終章(クリエイティブな解決方法) 

 

この映画の当時、

NASAは地球外生命体との接触を否定していたようですが、

時代は急速に変わりつつあります。トランプ政権の要の一つは

デクラス(機密解除・情報開示)です。

メディアではあまり取り上げられていないようですが、最近

既に、UFOの機体を回収して研究していたという情報は開示されています。

 

 

 

先月の記事では

”思っている以上に世界は病んでいた”と

タイトルに足しましたが

今回は

”世界は思っている以上に進んでいる”と付け加えます。

 

これからおそらく、様々なところから

これまで隠されていた事実が

次第に明るみになってくるでしょう。

情報開示がもたらすのは

人類の目覚めです。

 

地球と子供達の将来のためにも

私たち個人の意識改革によって、

長く続いた一部の富裕層による支配構造を終わらせ、

自由で地球と人に優しい新しい世界を再生する必要があります。

 

政府がいうから、メディアが報道するから、

周りがそうだから、規則だから…

自分以外のものを権威にすること、

必要以上に依存することを、私たちは

まずやめなければいけません。本当は

自分自身がどう感じるか、それが全てです。

これまでの既成概念をはずし、出来るだけ中立で

柔軟にオープンでいることが求められる時代です。 

 

ところで、映画の最後の方で出て来る( 1:40:36~)

進化生物学者のエリザベット・サトゥリス(Elisabet Sahtouris)博士 の

発言がなかなか印象的でした。 

 (1分半)


Imaginal Cells: Creating a New World

こちらは英語ですが、

日本語訳は、映画の以下の部分にあたります。

 

これは文明でのある段階での最後の努力です。

最後のあがきとでもいうのでしょうか。

 

私は芋虫が蝶になるという例えをよく使うのですが

芋虫は生態系を食べまくるからなんです。

一日に自分の体重の300倍も食べて

環境を破壊して、お腹がはちきれそうになると

逆さにぶら下がって眠り、皮が固くなってサナギになります。

芋虫の体の中には成虫細胞が出来てきて

芋虫の体が溶けて、成虫細胞の栄養になるんです。

 

この例えで重要なことは

古いものと新しいものがしばらくの間共存していて

命を守るのは芋虫の仕事だということです。

 

今の政府は必死になって中東の石油を支配しようとしたり

今度は核エネルギーを推進しようとしたりしています。

わかっていても自らを守る役割を果たすしかないのです。

それが仕事ですから。

 

蝶が好きなら、芋虫を踏みつぶしたりしませんよね。

芋虫を嫌っても解決にならないのです。

でも代替エネルギーが欲しいなら

石油生産政権に生産を頼むのは間違いです。

自分たちで創り出すしかないのです。

より安く、効果的で、効率的なものということを示すのです。

私たちの仕事は新世界を築くことです。

 

ちなみに、昨年、スライヴⅡも出来ているようで

トレーラーはYouTubeで観れます。(3:54)

 


(Official Trailer) THRIVE II: This Is What It Takes

 

こちらの視聴無料版もまたそのうちアップされるかな?

 

よくも悪くも、島国で

国民性として呑気な面もある日本人ですが

今世界で何が起こっているのか

知ることはとても大切です。

今、(決して大げさでなく)

宇宙的な人類の転換点にいることに

お気づきでしょうか 。

 

(追記:エリザベット博士の本も出ていたんですね。) 

   

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

子ども達を救う作戦が展開(人身売買)/思っている以上に世界は病んでいた

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:koboaoineko:20210227112818j:plain

斑入り沈丁花 前島  開花し始め、辺りに芳香も 

 

 

www.salon-shiroineko.com

 

昨日の続きで

貼ったリンウッド弁護士が真実だから観ろといった動画

スコット・マッケイさんのお話の一部からです  

 

  

29:54~ 

現在、司法省には非公開の起訴状が1万9千

19万以上もあります

これまでたった1000ほどの数だったそれは

たった3年のうちに1万9千

19万にも膨れ上がったのです

それほどまでにこの犯罪帝国は巨大なのです 

 ※19万 one hundred ninety thousandと言ってた(字幕ミス)

 

それらは最も貴重な財産である子どもたちが

ワシントンDCという悪魔教の生贄として

捧げられていることを裏付けるものでもあります

ワシントンDCの上層部ももちろん黒で

民主党共和党の両陣営に捧げられているのです

ハリウッド、ビックテック、君主たち

バチカンは世界最大の人身売買組織です

 

これらの事実はショッキングでしょう

しかしそれこそが問題なのです

しかし私はこれらの事実の公表を躊躇いません

誰もその勇気を持たなかったから

こんな悪行がまかり通ってしまったのです

誰もが見て見ぬフリをしてしまった

 

そんな悠長に構えていてはだめです

今声を上げねば

今行動を起こさなければいけないのです

 

最近、バチカンは虐待などの不祥事があからさまになり、

起訴され、認めていましたね。

インドでは、マザーテレサの団体がやはり

人身売買の件で捜査されていました。 

 

かつてプーチン大統領

「世界は小児性愛者に支配されている」と言ったそうですが

「世界は狂人が支配している」とか言ったのは

ジョン・レノンでしたっけ。 

 

 

 

子供たちの人身売買組織

そしてペドフェリア(小児性愛者)問題については

知るとあまりにおぞましく、私も見たくない、

それこそ陰謀論であってほしかったのですが

この事実こそが世界の闇における核心部の一つだったのですね。

 

秘密や隠し事が明らかになっていく

新しい時代に移行しつつある今となっては

無知のままでいるのも罪で、

知ったら後戻りはできません。

触れずにいるわけにはいかないということです。

 

年間、世界の中で(控えめに見積もっても)2千万人もの人が

人身売買の罠にはまって苦しんでいる

800万の子供が毎年、行方不明になると報告されていると

イヴァンカ・トランプさんも話されていました。

日本も例外ではなく、神隠しではないのです。 

 

今、引き続き、ワシントンDCは異様な雰囲気も残り、

実はホワイトハウスは閉ざされて使われていないとも

言われています。(地下基地を一掃したらしい)

(ヤバイデンさんたちはどこで演じているのやら

 →アマゾン所有のスタジオ⁉)

あのものものしい軍による包囲は一体何なのでしょう。

いつまで続くのでしょうか。

 

行方不明の子どもたちの多くが、

秘密の地下基地・トンネルに閉じ込められているといわれます。

陰謀論ではありません)

トランプ政権下では、秘密裏に

訓練を受けた軍の特殊部隊がそうした人々を救出してきた

といわれ、この作戦もかなり進んだようです。

 

凄惨な場面もあり、生き残った救出者はもちろん

隊員たちもトラウマを抱え、ケアが必要ともいわれます。

子どもが地下で生まれたり、長くいた場合は

そのまますぐに地上に出すのは危険で

しばらく地下基地で治療を受けているそうです。

今朝、たまたま見た情報では、おそらくテレグラムの写真に、

肉体的に変化してしまった幼児を抱いている方の姿がありました。

ジーンさんの「動物も長い間光のない場所に束縛すると

サラマンダー(サンショウウオ)みたいになってしまって

視力を失う」というのはホントなんだ…(涙)

救いがあるのは、こうした人々を癒やす為に

既に近未来の量子医療機器(メッドベッド)が

使われているともいうことですが。

 

最近、メディアでもあちこちで

まとまった人身売買の犯罪者逮捕の

報道がなされてますね。

 

ハリウッドのスターたちの多くが黒だということも

やはり虚像渦巻く世界だったのか。

メル・ギブソンクリント・イーストウッドが白なのは

よかったけれど…)

現実世界がこれだけ芝居がかっているなら

もう映画に夢中にならずともよいのかもしれません。

事実は小説より奇なり、どころか

隠されていた真実が暴かれていく

こんな地球あげてのショーが展開される時代に

いるのはすごいことでしょうね。 

 

佐野美代子さんによる最近の動画

 


(拡散希望!)幼児の誘拐動画

 (8分 衝撃ですが、直視できないものではありません。

  削除される前に見て欲しいとのこと)

  


子供が行方不明

(11分 イヴァンカ・トランプさんたちの話など) 

 

佐野美代子さんは、

通訳者、外交官夫人としてご活躍。

そして世界的ベストセラーとなった

ザ・シークレット』シリーズも翻訳されてます。

ご自身では1月に新刊を出されたばかり。

『地球と人類を救う真実追求者たちとの対話』

読みやすく、希望の持てる内容でした。

裏情報もいろいろあって面白いですね。

 

地球と人類を救う真実追求者たちとの対話 ~光と闇の最終章が今、はじまる

地球と人類を救う真実追求者たちとの対話 ~光と闇の最終章が今、はじまる

  • 作者:佐野 美代子
  • 発売日: 2021/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ビックテックは真実がお嫌いなのか

彼女のYouTubeでは警告・削除連発され、

Twitterではアカウントが凍結された勇者でもあります。

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

消されても復活する不都合な真実たち/真実だから観ろ動画&THE PLAN TO SAVE THE WORLD(日本語字幕)

 

スポンサーリンク

 

f:id:koboaoineko:20210226105809j:plain

イカラーのラナンキュラス 蕾もふくらんできた

 

これまでほとんど

政治、いわゆるまつりごとには

特に興味を持たず、過ぎてきたが…

 

www.salon-shiroineko.com

  

先の藤原直哉さんやマドモアゼル愛さんをはじめ

いろいろな方のお話をYouTubeや音声で聴くようになって

一般のメディアは本当のことを言わないんだと気づいた。

それは、昨年末の米大統領選挙に関する

一方的な偏向報道が決定打となり、確信した。

 

四年前の米大統領選の時は、ぼーっと

初の女性大統領が誕生せず、残念だったが

(今となっては、トンデモないヒラリーさんでなくよかった)

何やら破天荒な不動産屋のおじさんが

つまり実業家で政治家でない人が

何で大統領になったんだろうと思ってた。

米国民は大きな変化を

望んでいるのだろうとは感じたけど。

 

しかし、昨年の後半になり

表立たない情報をいろいろ追って調べていくと

事実は、報道と全く違うじゃない。

むしろ真逆では…。

 

トラさんは、

無報酬で精力的に仕事をし、

四年間待たずに公約を見事に果たし、

中東、北朝鮮との和平交渉を成し、

ここしばらくの歴代大統領で任期中に唯一、

戦争をしなかった!(むしろ兵隊を撤退させた)

大統領だったのね。

(そして密かに力を入れてたのが、

子供たちの人身売買問題)

 

それを、あらぬことか

大手メディアが一斉に一貫して

印象操作、偏向報道をしてきたんだなんて…

(なぜなら彼らもヤバイ側で

早く彼を引きずりおろしたかったから)

 

日本のメディアは

アメリカの大手メディアによるフェイク報道を

そのまま横流ししてるんで

これじゃぁ、やなイメージを鵜呑みにして

洗脳されちゃった人も少なくないわけだ。

 

 

 

 

要は、トラさんというのは、当時

軍部の真の愛国者たちに依頼されて

立候補した人だったのね。

 

そしてその作戦は、ケネディさんの遺志も継いでる

(ビデオで手短かつ詳しく語られてるので、オススメします)

 

(35分) 

 

このビデオは、

リン・ウッド弁護士が真実だから見ろって

いって瞬く間に広がったものの、YouTubeで削除され

その後、ニコ動であげ直された。

 

私たちの社会が

ほんの一握りの富裕層に支配されているのは

知ってたけれど、

その裏組織というか

いわゆるディープステート(闇の国家)

カバール(陰謀屋)などの

つまり戦争屋・金融屋を潰すために

軍がバックアップしてトラさんと戦ってきた

 

いやまだ戦っている(仕上げのようだけど)らしい

このわけのわからん不正選挙や茶番劇は

おとり捜査だってS・マッケィさんは話してたね

(最初の方の抜粋を一部↓)

 

今何がアメリカで起こっているのか

 

今行われているのは軍事作戦であるという事実

選挙そのものが世界を長年支配してきた犯罪者の勢力と

構造に対する長期的なおとり捜査であるという事実に対する理解です。

 

流れを理解するために時代を溯ります

そうすれば

トランプ政権が

事実上、軍によって樹立された政権であることが分かります

 

まずは世界を牛耳るロスチャイルド家を中心とする

銀行システムを打倒する計画がありました

 

ケネディロスチャイルド家の悪行を知り

必ずそれを暴いてやるといった最初の人物でした

そしてそれが理由で暗殺されました

 

その事件を受けて

200人以上もの軍の高官が集まり

長きにわたりアメリカをはじめ世界中を

裏で操るロスチャイルド家の権力構造を崩すには

より高度な作戦が必要だと考えたのです

 

私たちが現在に辿りつくまでの歴史を手短にお話すると

・・・

 

いずれにしても

このアメリカの動きは、世界の動向とつながってて

よそごとじゃないんですね。 

 

そして 

一連の出来事は 、

これまでの惰眠から私たちの目覚めを促している

 

悪い奴らが悪いのはそのとおりだけど

「ただ与えられるものを無気力に享受してぬるま湯につかり

生きてきた我々の」怠惰にも責任があるとも。

 

まあこれは壮大なショーでもあって、

成り行きを見守りつつ、私たちも声をあげようと。

しかし、いつまでポップコーンを食べればいいんだろね(;´∀`)

  

で、マッケイさんが強く見るよう勧めてたビデオも

YouTubeで消されて、またたびさんが日本語訳をつけて

他に挙げてくれました。

(13分程度でわかりやすい) 

www.bitchute.com

 

スコットさんの話をあらためて見たら

他にも重要なことに触れてたことに気づいたので

それについては、又載せます。 

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。