読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

闇でなく光を恐れる私たち-『奇跡のコース』とネルソン・マンデラ氏

暮らし・随想

 

 

 

 

f:id:koboaoineko:20170328162608j:plain

 ラナンキュラス(八重)

 

前回の『失われた自己をもとめて』など

以前のブログで書いた本の記事を転載して、

そのつながりで、もう一つ書いた記事も載せておきます。

 

www.salon-shiroineko.com

 

www.salon-shiroineko.com

 

 6年ほど前に、ネットで、

なぜか、ネルソン・マンデラ氏の演説として流布した

(実際は、マンデラ氏の演説でなかったものの)

胸を打つ文章がありました。 ~以下~


実は、これはマンデラ氏の演説ではなかった、ものの

なぜか、そういうことで流布したという。

いずれにせよ、多くの人の目に触れる価値が

あったということでしょうか。

 

 我々が最も恐れているもの、
 それは自分が無力だということではない。
 我々が最も恐れているもの、
 それは、自分には計り知れない力がある、ということだ。
 我々が恐れるもの、それはわれわれの光であって、闇ではない。
 我々は自分に問いかける。
 自分ごときが賢く、美しく、才能にあふれた素晴らしい人物であろう
 はずがないではないか?
 だが、そうであってはなぜいけない?
 あなたは神の子である。
 あなたが遠慮をしても世界の役には立たない。
 周りの人が気後れしないようにとあなたが身を縮めることは何の
 美徳でもない。
 我々は、自らの内にある神の栄光を現すために生まれてきたのだ。
 そしてそれは限られた人々のものではなく、すべての人の内にある!
 我々が自らの内にある光を輝かせるとき、
 無意識のうちに他者に対しても同様のことを許している。
 我々が自分の持つ恐れから自らを解放するとき、
 我々の存在は同時に他者をも解放する。 

 

先日の「自由からの逃走 」ではありませんが、

闇でなく光を恐れる

これも逆説的真理ですね。

 

“A Course in Miracles” (※「奇跡の学習コース」その後、訳出されました)

という中にあったものに基づいた内容らしく、その経緯は

『愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」』太陽出版の

あとがきに述べられています。

(※実は、マリアン・ウィリアムソンさんの文章だったということです)

 

愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」

愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」

 

  

奇跡のコース 第1巻 テキスト―普及版

奇跡のコース 第1巻 テキスト―普及版

  • 作者: ヘレン・シャックマン,ウィリアム・セットフォード,ケネス・ワプニック,大内博
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2014/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

さて、ネルソン・マンデラ氏を扱った映画「インビクタス」があり

これは“Invictus”ラテン語らしく“破れざる”ものという言葉

これについて見ていくと

実際に、マンデラ氏が、獄中自身の支えとしていたという

同名の詩がありました。

 

 私を覆う漆黒の夜
 鉄格子にひそむ奈落の闇
 私はあらゆる神に感謝する
 我が魂が征服されぬことを

 無惨な状況においてさえ
 私はひるみも叫びもしなかった
 運命に打ちのめされ
 血を流しても
 決して屈服はしない

 激しい怒りと涙の彼方に
 恐ろしい死が浮かび上がる
 だが、長きにわたる脅しを受けてなお
 私は何ひとつ恐れはしない

 門がいかに狭かろうと
 いかなる罰に苦しめられようと
 私が我が運命の支配者
 私が我が魂の指揮官なのだ

 

イギリス19世紀の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの詩

なるほど、先の内容とテーマはつながりありますね。

 

私は、英文学にも興味がありますので、蛇足ながら

この詩人は、ロバート・L・スティーブンソンの友人だったらしく

スティーブンソンが書いた名作「宝島」の片足の海賊ジョン・シルバーは

このウィリアム・アーネスト・ヘンリーがモデルだったとか…

 

また、クリント・イーストウッド監督が映画のタイトルを

ヒューマン・ファクター」から「インビクタス」に変更したとか

前者「ヒューマン・ファクター(ハヤカワepi文庫)」は

グレアム・グリーンの小説タイトルですもんね…

芋づる式に興味は尽きませんが

長くなりますから…(笑)     ~以上~


長い内容ながら、自分でも読み返して、

あらためて、自分自身であるという勇気を持とうと思います。


ところで、今日は新月

昨日の朝は、雪が降ったり、

日が陰ると寒いですが、

着実に新しい季節と流れに移ろっているようですね。

 

 

f:id:koboaoineko:20170328160320j:plain

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。

『失われし自己をもとめて』-ロロ・メイ

 

 

 

 

今日は、また本に戻ります。

以前紹介した本『自由からの逃走』のタイトル(内容も)に

関連して載せたかったものです。

 

www.salon-shiroineko.com

 

精神家医であったロロ・メイの名著『失われし自己をもとめて』

原題は“MAN'S SEARCH FOR HIMSELF”(1953年)

 

失われし自己をもとめて

失われし自己をもとめて

 

 

本の中に“自己になりきる勇気”という箇所があります。

 

 ここでいう勇気とは、
 ある人が自らの自由を達成しようとするとき
 生じてくる不安に遭遇できる能力である。
 勇気とは、親への依存という保護領域から分離し、
 自由と統合の新しいレベルへ進んで移ってゆく勇気である。
  (中略)
 勇気の反対物は臆病ではなくて、
 それはむしろ勇気の欠如態である。
 ある人が臆病というのは、
 その人間がなまけ者であるというのと同じ意味である。
 それは簡単にいうと、
 私たちのもつ生き生きした潜在力が実現されないか、
 あるいは阻止されている状況を示している。
 私たちが
 現代という特殊な時代のかかえている問題を
 解決しようとするとき、
 勇気の反対物は、自動機械的順応性である。 

 

うーん、臆病というのはなまけ者・・(汗)

生き生きとした潜在力が実現されていない・・

自動機械的順応性・・今でも多々ありそうですが

これが、まずいわけですよね。

 

そして外面的には宗教裁判に妥協したガリレオ

「それでも地球は回っている…」と密かに述べたという話を引いて

 

 内的自由を保持し、新しい領域への内なる旅を続けることは、
 外的自由を求めて挑戦的に立ち向かうより、
 はるかに勇気のいる仕事である。
 戦争で無鉄砲になることと同じく、
 殉教者になることはしばしばよりたやすいことである。
 不思議に聞こえるかもしれないが、
 自由のなかで着実に辛抱強く成長してゆくことは、
 おそらく、すべてのなかで最も難しい仕事であり、
 最も大きな勇気を必要とするものである。このように、
 いやしくもここで「英雄」ということばを使うとすれば、
 それは傑出した人物の特別の行為についていうのではなく、
 あらゆる人のなかにひそんでいる英雄的要素のことをいうのである。

 

思い出したのがエミリ・ディキンソンの詩の一節

 

大声をあげて戦うことは、とても勇ましい
だけど思う、さらに雄々しいのは、
心の中で突撃をする
悲哀の騎兵隊・・・

   To fight aloud, is very brave
    But gallanter, I know
    Who charge witiin the bosom
    The Cavalry of Woe 
     対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫)

 

ところで、最後の方でロロ・メイは

 ”連関のあるそれぞれの瞬間を、正直に、誠実に、勇気と愛をもって
 生きることである。”

と述べています。

 

前回のE・フロムの本に続いて書いた旧ブログからの記事より

今、読んでも、示唆に富んだ書物を紹介したかったのでリライト。

もっとも、ロロ・メイの本は、絶版のようですね。

 

”あらゆる人間にとって、最大の快感は、

 自己の潜在能力を開花させることである 。”

 

臆せず、新しいことにもオープンでいたい春。

 

f:id:koboaoineko:20170326161821j:plain

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。

ユーハイムのカスタードプリンシュー

暮らし・随想

 

 

 

ちょうど先週の金曜から

昨日まで、この一週間というもの、

予定していたことの他にも

期せずしての新しい展開もあって

私としては、めまぐるしく過ぎたほう。

 

f:id:koboaoineko:20170325184215j:plain

斑入りアジサイ 恋路が浜の新葉全体 

 

今はほんとうに変化も早いですね。

 

今日はようやく一息ついた感もあるが

ちょうどこれまでは、何とか時間もとって

勢いで続けていたブログもひと息ついたようだ(笑)

ちょっと生活の優先順位が変わって

まあ、これからは、ぽちぽちでも

更新出来ればいいかなぁ。

 

さて、今日はお菓子の話。

 

f:id:koboaoineko:20170325181853j:plain

 

ユーハイムのプリンシュー

しっかりさっくりした皮の中のクリームには

カラメルが入って、その下にプリンがある。

 

f:id:koboaoineko:20170325181919j:plain

 

シュークリームとプリン好きには、たっぷりした味わい 

 

f:id:koboaoineko:20170325181943j:plain

 

 

割と近所では、

春分の日に閉店した千葉三越ユーハイム

扱っていたケーキだった。

まあ、他に行けばまた味わえるのだろうけれど

その後、閉店前に、ショートケーキも頂いて、それも

ユーハイムらしく、シンプルな美味しさがよかった。

 

www.juchheim.co.jp

 

ロングセラーの純白の王冠

フランクフルタ―クランツというケーキもあるが

ユーハイムの信条の

"まっすぐなおいしさ"というのがなかなかいい。

 

(これは、お菓子に入っていたリーフレットからだったか?…

 書き抜いてたものから)

 

ドイツ菓子の伝統は、材料の持ち味を最大限に引き出した

「自然の風味」

「ホンモノであること」と「余計なものを加えないこと」が

当社の菓子作りの基本です。

 

これって、私の好みとしては、理想のモノづくりの在り方でもある。

 

「限りなく安全・安心で、限りなく美味しく、限りなく新鮮で価値のあるお菓子」を召し上がっていただくことが、ユーハイムの願いです。

ということで、

別にユーハイムの宣伝をしているわけでないのだけれど

ほんと、今の時代

安全・安心の食材を志してくれるのは

何より大切だと思うのでした。

 

 

f:id:koboaoineko:20170325182925j:plain

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。

小庭も萌芽期-いよいよ春

暮らし・随想

 

 

 

春分も過ぎ

冷たい雨の翌日は

気持ちよく晴れた。

 

 

f:id:koboaoineko:20170322165349j:plain

ハナニラの花が咲き出していた

 

 

 

f:id:koboaoineko:20170322165455j:plain

ワイルドオーツの新芽

 

 

f:id:koboaoineko:20170322165635j:plain

ユスラウメ(山桜桃梅) 

 

 

f:id:koboaoineko:20170322165714j:plain

我が家の桜は、こんな感じの蕾

 

 

f:id:koboaoineko:20170322165820j:plain

リキュウバイ(利休梅)

 

 

f:id:koboaoineko:20170322165953j:plain

シャクナゲ(石楠花)の蕾

 

 

f:id:koboaoineko:20170322170031j:plain

シモツケゴールドフレームの新葉

 

 

f:id:koboaoineko:20170322170106j:plain

オイランソウ(花魁草) フロックスの新葉

 

 

f:id:koboaoineko:20170322170235j:plain

ニワトコ ブラックレースの新葉

 

 

f:id:koboaoineko:20170322170345j:plain

クレマチスの新葉・新芽

 

 

f:id:koboaoineko:20170322170629j:plain

水仙

 

f:id:koboaoineko:20170322170727j:plain

アサギリソウ(朝霧草)の新葉も伸びてきた

 

庭の草花は、日々、成長している

私もしているかな

(あ、背丈、体重ではありませんよ)

 

これからは、ぼーっとしていると

日に日に、あっというまに庭の景色が変わっていく

小さな発見が多くて、見逃せない季節がやってきたね。

 

猫は、砂まみれで、家はじゃしじゃし

猫を拭いたウェットタオルは、茶色に

元気ならまあいいか…

 

飛び乗ろうとしているのは柿の木

f:id:koboaoineko:20170322171129j:plain

 木肌がスクラッチ(爪とぎ)向き

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。

 

無頓着で暮らす-『死なないつもり』横尾忠則氏

 

 

 

以前、初めて、横尾忠則さんの本『隠居宣言』を読み、

こちらに載せたことがあった。

 

www.salon-shiroineko.com

 

その後、横尾氏の最近の新書も読もうと思い、

その『死なないつもり』を読んでみた。

 

やはり、とても面白かった。

80歳になった横尾さんが、問いかけられた

創作について、老いについて、人生についてなどあれこれ

今思うところを話している。

 

死なないつもり (ポプラ新書)

死なないつもり (ポプラ新書)

 

  

 努力は最小限でいい。僕はそう思います。

 日本人は「努力します」とか「努力すれば開ける」とすぐ言うけれど、今の社会を見ていると、努力しすぎじゃないですか。(中略)

 すごく才能のある人がいて、ぽんとあるところまで行ってしまう。その人が努力していない、ということではありません。でも、その才能を支えているのはなんだろうと考えると、努力以外の何かが強く働いているような気がしてならない。

 いってみれば、努力は自力力(じりきりょく)です。だから、努力以外の何かというところでは、きっと他力が作用しているのだと思う。他力を味方にする力、他力を味方につける努力、そういうものがあると思う。

 似たような意味で、無心、無頓着も大切です。

 

"努力の根底には、遊び的なものがないといけないと思うんです。”とも

 

 学校や塾では、与えられた答えにどうやって早く到達するかということばかりやっているから、答えがない状態になるとどうしていいかわからなくなる。そしてすぐにダメだ、やめましょう、もしくはやり方を変えましょうとなる。強制的にさせられる努力は、もろいのです。

 現実というのは、そんなに簡単じゃない。やってみないといいか悪いかはわからないものです。向う見ずにやってしまうと、他人も力を貸してくれるもの。結局、そういう人が残っていくんですよ。

 

これは、本の最初のところだが、

さすがに、狭い社会にとらわれず

自由で、柔軟にどんどん変化していくことをいとわない

創造的な精神の持ち主の語りは、興味がつきない。

 

 大人になることは個性を持つこと、自分らしさを持つこととされています。アイデンティティを持つということです。だけど、僕はそのことを強調しすぎるとよくないと思うんです。個性の強調が自分を型にはめるというか、新しい自分が出てきた時にどうしたらいいかわからなくなる可能性があります。

 アイデンティティは一つではありません。(中略)

 キョロキョロ落ち着きなく、興味を持ったら結果を考えずにやってみる。飽きたら放り出す。そういう子ども心をずっと持ち続けていたいんです。

 

この章に、こんなくだりもあった。

 そもそも子どもは親の思い通りにならないものですよ。魂が違うから。親からDNAは受け継いでいるけれど、魂はそうじゃない。それぞれが独自の魂遍歴をして、この世に生まれてきている。僕は輪廻転生を信じているので、前世があってこの世界に生を受けたと思っています。なんで横尾家に生まれたかと子どもに質問されたら、「来たかったから来たんじゃない?」と答えるしかない。魂がここに来たかったんですから。 

 

それぞれの好みだと思うけれど、

さすが宇宙的な広がりを持つ横尾さん

思わず笑って(賛同して)しまった(笑)

 

後ろのほうに、

「僕はタマの下僕です」という愛猫の話があって、

これがまた、面白い。

猫と暮らして(いや、暮らさせて頂いて)いる人は頷けるかも。

 

いずれにせよ、あ、そうなんだぁ…と読みながら、

どこか閉塞的な現代社会で

風通しよく生きていく在り方を

感じられるかもしれません。

 

 質問されると、「それはなぜですか」ということに答えないといけなくなるけれど、本当はそれが問題なんです。

「なぜ」に答えるためには、物事を理屈で考えていくことになります。それを繰り返すと、どんどん細かくなっていって、身動きがとれなくなる。(中略)

 もともと答えなんかないんですよ。ほっとけば、そのうち答えは出てきます。気がついたら無意識に答えをやっていることもあるし、しばらくして問題から離れてしまった、問題があったことすら忘れてしまったということもあります。それが、答えなんですね。

 理屈をこねないで、無頓着で暮らすのが一番です。質問を続けない、答えを求めない。だから、ここらへんで終わりにしましょう。

 

 

f:id:koboaoineko:20170321164951j:plain

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。