読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

5月の新月-テントウムシの羽化の続き/ちょっとアンティーク調

 

久しぶりに朝から雨降り。

気温も下がって、ゴミ出ししてから、

やはり、長袖に着替えた。

 

傘をさしたまま、庭の梅の葉を

(昨日のテントウムシの羽化場所)

見たら、脱皮した抜け殻だけ残っていた。

 

昨日、羽化の始まりらしいのを見つけたのは

午後(写真を見たら13時半過ぎだった)。

実は、夕刻、18時過ぎに、

雨戸を閉めようと庭に出て、再び見たら、

まさにちょうど、黄色い状態のテントウムシ

脱皮しようとしているところだった。

 

f:id:koboaoineko:20170526113819j:plain

 

f:id:koboaoineko:20170526113848j:plain

 

f:id:koboaoineko:20170526113912j:plain

 

残念ながら、暗くなってきて

この後、ビデオにあったような

葉の裏に回ったテントウムシ

羽を出し入れするところまでは見れなかった。

 

庭で、セミの脱皮は、見かけたことがあるが、

テントウムシの羽化を間近に見たのは、初めてだった。

小さな庭の中にも、小さな生き物たちがたくさんいて、

育まれ、生きているんだなぁと感じ入る。

 

テントウムシの羽化の詳細については、

昨日も貼らせて頂きましたが、よくわかるので、

以下のユーチューブがおすすめです。

(上の写真より、実際は鮮やかな黄色でした。ビデオ通りかな)

 

てんとう虫の羽化 6時間を約2分に短縮 微速度撮影 - YouTube

 

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

そういえば、

少し前に、テントウムシが益虫だという話も書いていたのね。

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

そして、

テントウムシの羽の構造についてわかったという記事を

ネットで見たのも、その頃でした。話題の虫だったのね(笑)

 

www.itmedia.co.jp

 

 

 

 

 

 

今日の一枚。

 

ポストカードこらーじゅ 51

 

f:id:koboaoineko:20170526112855j:plain


既にコラージュ風なブルーグリーンのミニ封筒と、

黄色のマステを下地に。

花や、果物、ブロンズの鳥に、蝶もクラシカルな雰囲気で、

タグもアンティーク調なものを貼ってみました。

そこに貼ったフレークシールの猫は、シャルトリューかな。

ロシアンブルーより、ふっくら、がっしりしている感じだから。

さて、はがきを縦に使ったのは、二度目かしら。

フライングだけど、このあと、縦使いが続きます(笑)

 

そういえば、今日は新月

羽化したテントウムシではないが、

私もまた、新たに、

何か一つ、脱皮出来たらいいなと思うのでした。

 

朝はお外に出れずに大騒ぎしていたが…

雨の日ねこ 

f:id:koboaoineko:20170526122408j:plain

   

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

園芸家への適齢期…/テントウムシの羽化/fjaril-ちょうちょ

 

今日は、雨がぱらついたり、

晴れたりの忙しい天気に変わった。 

昨日、鉢物の整理が出来てよかったわ。

 

ものの考え方がすっかり変わってしまう。雨が降ると、庭に雨が降っている、と思う。日がさしても、たださしているのではない、庭にさしているのだ。日がかくれると、庭がねむって、今日一日のつかれをやすめるんだ、と思ってほっとする。

 

前にも載せたと思うが、上に(下に)引用した本が

カレル・チャペックの『園芸家12カ月(中公文庫)』

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

素人園芸家になるためには、ある程度、人間が成熟していないとだめだ。言いかえると、ある程度、おやじらしい年配にならないとだめだ。おまけに、自分の庭をもっていることが必要だ。 ―中略ー 

そのうち 自分でなにか花を一本植える。わたしが植えたのは、一本のマキギヌだった。そのとき指のどこかに傷をしていて、そこからでもはいったのか、とにかく血液のなかに少量の土がはいりこんで、一種の中毒、あるいは炎症をおこした。つまり園芸熱というやつにかかったのだ。

    『園芸家12カ月』 園芸家になるには  K・チャペック

 

園芸家12カ月 (中公文庫)

園芸家12カ月 (中公文庫)

 

 

そして、

メイ・サートンのエッセイにもこんな一節があった。

 

詩はすべての年齢のものだけれど、庭作りはもっと、晩年の喜びだ。若者は忍耐に欠けるし自分にかまけすぎている。それにたいてい、庭を作るほどに、根を下ろしていない。   

     『夢見つつ深く植えよ』 花咲ける夏 M・サートン

 

夢見つつ深く植えよ

夢見つつ深く植えよ

 

 

koboaoineko.hatenablog.com

 

そうかー

園芸家にふさわしいお年頃なのね~(笑)

とはいえ、とても園芸家とは呼べない。

大地と植物とスピリットにお任せで、見守っている程度だから。

ともあれ、小さな庭で、日々、草木や花には癒される。

時に、虫たちにも…。

 

アブラムシびっしりの梅の木 

ナナツボシ、フタツボシのテントウムシが散見される。 

そして、たぶんこちらは、成虫への羽化の始まり…

 

f:id:koboaoineko:20170525142845j:plain

 

テントウムシの羽化のビデオを載せていらした方から。

 


てんとう虫の羽化 6時間を約2分に短縮 微速度撮影

 

 

 

 

 

今日の一枚。

 

ポストカードこらーじゅ 50

 

f:id:koboaoineko:20170524211641j:plain

 


明るい黄色のチューリップに

チョウチョ模様のミニ封筒を下地に。

“fjaril”(フィヤーリル)って、何だろうと調べたら、

スウェーデン語の“蝶”らしい…。

まあ、見るからに、春らしいお庭の雰囲気もあるので、

タグもシールも、それに合わせて貼りました。


春になって、あちこちで咲くチューリップも好きな花です。

原種系のチューリップも植えるようになり、

楽しませてくれます。


左端に貼った切手風のシールに、

“Jardin”(ジャルダン=フランス語の庭)とあり、

鍵の絵があしらってありますが、“庭とカギ”で、

子供の頃好きだった物語、

バーネット夫人の『秘密の花園』を思い出します。


小さいながら、あれこれ植えられる庭が、

今や、こんな楽しみになるとは

うら若き時分には、思いもよりませんでしたね(笑)

 

 

f:id:koboaoineko:20170525143249j:plain

  

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

一輪だけ咲く赤い薔薇「バラが咲いた」/不思議の国の調べ

 

ちょっとだけ、

日差しの勢いが和らいだ感のある晴れ。

風もあって、少し過ごしやすいかな。

 

庭に昔から植えられていたバラの小さな一株。

一度、移植しただけでほったらかしですが

この時期、思い出したように、それも

一輪だけ、深紅のバラが咲いてくれます。

それでも、あたりをはらう気品があります。

 

f:id:koboaoineko:20170524104821j:plain

 

 

そういえば、昔、こんな歌がありましたね。

 

バラが咲いた バラが咲いた

真っ赤なバラ

淋しかった ぼくの庭に

バラが咲いた

たったひとつ 咲いたバラ

小さなバラ

淋しかった ぼくの庭が

明るくなった

バラよ バラよ~♬ (略)

 

www.uta-net.com

 

マイク眞木さんの歌で、浜口庫之助さんの作詞作曲だったのですね。

一輪、真っ赤な薔薇が咲くたびに思い出す歌ですが、

なかなか素適な歌だったのですね。

二番では、バラが散った~と始まるのですが

淋しくなった庭でも、ぼくの心にバラが咲いた

とあります。

心に太陽をという言葉もありますが、

誰にも見られずとも、心に花一輪咲かせるのも

素適なんだろうなと思います。

 

f:id:koboaoineko:20170524110253j:plain

 

確かに、バラはゴージャスです。

家族はバラが好きですが、

私は、どちらかというと野草系が好きなので、

今のところ、まだ、気合いを入れて、

バラを植えようというところまで、手が回りません。

バラの仲間は、ハマナスがあるくらい(笑)

それでも、数年前に、

ピンク系のバラで新たに一つ小さな苗を植えました。

大株のホワイトセージの勢いで、木陰になってしまい、

救出して、また鉢植えに戻そうとは

思っているところです。

 

 

 

 

 

ちょうど、今日の一枚にも、

バラ一輪あしらわれていました。

 

ポストカードこらーじゅ 49

 

f:id:koboaoineko:20170524095340j:plain


以前にもありましたが、

不思議の国のアリスのメモ帳をベースに、コラージュ。

それに、シールなどを配した程度ですが、

もとからして賑やかな雰囲気。

ガーリー素材ですが、ラベンダーの色合いがあると、

ちょっと大人にもなる感じでしょうか。


買い物ついでに手芸屋さんに寄ったら、

アリスをあしらった生地もいろいろありました。

人気あるんですね。 

お裁縫が得意なかたは、面白いだろうなぁ…。

そういえば、私は、かぎ針編みをちょっとやれるくらいで、

縫い物はほとんどやらないし、そのせいか、実は

ハンドメイドって言葉もピンとこなかったりします。


ところが、コラージュのカテゴリーって、

ハンドメイドなんですね(笑)

私的には、アート感覚の方が、しっくりくる気もしますが、

面白いところです。

 

 

f:id:koboaoineko:20170524110325j:plain

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

紫蘭/ラッキーピッグ

 

今日も晴れて、

日差しが強いですが、

風も強くて、さらっとしている。

 

夕方のしろちゃん(猫)とのさりげな攻防?

昨日も捕まえ、今日はおやつにつられて家へ…(笑) 

食べた後、また出たくて、チョロチョロしている。 

 

 

f:id:koboaoineko:20170523160459j:plain

サルビア コクシネア

ピンク(朱鷺 /とき色)と白で、優しく可愛い花なのだが、

今や、こぼれ種で敷石の隙間から伸びてくる二株ほど。

それでも健気に?咲いてくれる。

 

 

f:id:koboaoineko:20170523160735j:plain

シラン 紫がかったピンク

 

f:id:koboaoineko:20170523160821j:plain

こちらは、口紅シラン

白い花だが、うっすらと紅がはいっている。

あと、庭にあるのは、白の斑入り葉だが、

園芸種なのか、他に青や桃色もあるらしい。 

 

 

 

 

 

今日の一枚。

 

ポストカードこらーじゅ 48

 

f:id:koboaoineko:20170522215151j:plain


こちらも、メモ用紙を下地にした一枚。

以前は、可愛すぎると、敬遠していたファンシーな雰囲気のメモも、

こちらで多用するにつれ、

わるくないな~という気になってきました(笑)

右下の花籠をくわえているブタちゃんが愛らしいですね。

ブタは、蔑称で使われたりして、不当な扱いを受けたりもしがちですが、

実際は、けっこう可愛い動物ですよね。 映画もありました。

ドイツなどでは、ブタさんは、ラッキーアイテムでもあるようです。


この一枚を貼ったのは、春分の直後くらいだったので、

やはり、華やいだ春めき気分が漂っています。 

バラの花もたくさんあしらってあるし…。

昨日の話ではないですが、メモの罫を残して、

スペースも少しとっていました。

 

 日陰が気持ちいい…

f:id:koboaoineko:20170523163042j:plain

  

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

アゴニス “ブラックテール” 復活か/うららかに、うさぎ

 

晴れて、暑い日が続きますね。

まあ、今日は風もある…。

昨日は暑くて、日陰で、

夕方になっての庭仕事。

 

門前を掃いている時に、

そばにいたしぃちゃん(猫)を

捕まえて、そのまま家へ…。

夜遊び娘を待たずに、済んだわ~(^^♪

 

f:id:koboaoineko:20170522151306j:plain

 半日陰花壇のアスチルべ

 

さて、オーストラリア産の植物で

いわゆるカラーリーフ 、銅葉系で

黒っぽい葉が魅力の

アゴニス “ブラックテール”というのがある。

 

 

f:id:koboaoineko:20170522153614j:plain

 

f:id:koboaoineko:20170522153548j:plain

 

耐寒性とはいえ、寒さには強くないらしいので、

鉢植え軒下で、冬越しを試みていたものの、

どうやら寒風にあって、色が褪せ、

枯れてしまったようだった。

 

片付けるかと、

昨日、鉢物の整理をして、枯れ葉と茎を切り、

根を引っこ抜こうかとしたところ…

あれ、もしかして

株元から、新芽が出てる!? 

  

f:id:koboaoineko:20170522153828j:plain

 

植物は強いものだが、あっさりだめになるものも

あるし、こういう瞬間は、嬉しいものだ。

また新たに育ってくれるかなぁ~と水をやった。

 

 

 

 

 

今日の一枚。


ポストカードこらーじゅ 47

 

f:id:koboaoineko:20170521212149j:plain


春の里山のような(イメージしたわけでもないのですが)

のどかな感じに。

これは、やはり、和の付箋、今回はうさぎを使ってみたかったので。

 

楽天 ふせん紙 のどか うさぎ)


和紙や千代紙を下地にして、和風ベース。

こうした紙も、今はいろいろと手軽に

(100円ショップなどでも)手に入りますね。

それに、あとは、シールと、

うさぎのマスキングテープを貼りました。

 

楽天 デコレクションズ マスキングテープ 16:Chubby rabbit)


春気分だと、明るいピンクと黄色、黄緑などを

使いたくなります。

 

ちょっと、文字を入れられるスペースがあるのも魅力ですが、

思いつかなければ、メッセージタグと同じで、

そのままでもいいかなと。

ハガキなので、ちょっと書き込めるグリーティングカードのように

もっとスペースを入れてみても、面白いかもしれないな…。

 

小判草と…

f:id:koboaoineko:20170522154103j:plain

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。