エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

ようやくお湿り-庭も人もほっと一息/鍵(かぎ)- Une clef

 

昨晩からの雨で、気温も下がり、涼しい。

暑さと風で乾ききっていた庭の草木も潤い、

ほっと一息ついた感じ。

何か、のんびりしちゃう…。

 

 

f:id:koboaoineko:20170726155239j:plain

南天と雨の雫

 

 

f:id:koboaoineko:20170726162820j:plain

すっかり葉がうなだれていた玉紫陽花の葉も

生き返ったようにピンと張っていて、よかった。

 

何だよ、この棒は…って、上の写真もそうだけど

横着して、窓(室内)から撮っているもんで、ね。

 

そして、

 

f:id:koboaoineko:20170726163226j:plain

毎日、煙が伸びていくのを眺めて、喜んでる(笑)

 

グレース(スモークツリー)の花穂は大きく、綿菓子みたいに

なっていくんだっけ。

 

f:id:koboaoineko:20170726163317j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一枚。

 

f:id:koboaoineko:20170726161605j:plain

ユリのドイリー 30.5×40.5cm 

 

本は、アジサイの時と同じ『華麗なドイリー』 

レース編み華麗なドイリー

レース編み華麗なドイリー

 

 

 

 

今日のもう一枚。

ポストカードこらーじゅ 87

  

f:id:koboaoineko:20170726143547j:plain


ちょっと洒落たワンポイントのプチレターでコラージュ。

Une clef とは、仏語の“鍵(かぎ)” だそう。

綺麗な濃いめのピンク色も活かして、シールをペタペタ、

でも、罫線を残して控えめに(笑)

 

こういう小さなレターセットも魅力的なものが多いですね。

鍵といえば、英語ならキー、

キーポイント(てがかり)という言葉があるように

新しい扉を開くのに、意外なきっかけってあるものです。

最近のあなたの“鍵”は何でしょう?

 

久しぶりの雨降りで、一日中お家。

f:id:koboaoineko:20170726161946j:plain

  

       応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

ヨウラク玉アジサイの花芽のその後/Pen+のムーミン読本

 

結局、曇ったり、晴れたり  

暑いですが

風もあるから、しのぎやすいほうか…。

 

f:id:koboaoineko:20170725142455j:plain

 ルドベキア タカオが元気

 

さて、地植えにして初めての花芽が三つついた

ヨウラク玉アジサイ 

 

www.salon-shiroineko.com

 

今日はこんな感じ 

 

一番小さいのから

 

f:id:koboaoineko:20170725142859j:plain

 

 

f:id:koboaoineko:20170725142817j:plain

 

 

f:id:koboaoineko:20170725142552j:plain

大きいほうといっても、

(写真より更に)小さいんだけど

確かにふくらんでいます。

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

 

暑いからと

外出は最小限で、家に籠っていると

まあまあ、本は読める。

しかも、私は、常に、何冊かの本を並行して読んだりする。

そんなふうに、あちこち読み散らかしていると

ブログに載せようにも、まとまらない時もある。

ということで、内容もとっちらかっていますね(笑)

 

 

今日の一枚。

 

f:id:koboaoineko:20170725145531j:plain

レース編み モチーフ・アラカルト 

 

本では、太めのレース糸(20番)だったと思うが、

この時は、いつも通り、40番を使って編んでるので、細かめ。

 

このシリーズは何冊かあって、モチーフを楽しめた。

はじめてのレース編み花のレースパターン100―10cm・15cm・20cm (Asahi Original (170))

はじめてのレース編み花のレースパターン100―10cm・15cm・20cm (Asahi Original (170))

 

 

 

 

 

 

今日のもう一枚。

ポストカードこらーじゅ 86

 

f:id:koboaoineko:20170725132249j:plain

みんなで朝ごはん


そうです、またピーナッツの便せんシリーズから。

地の絵柄をそのままにしたかったので、

あとは、メッセージシールと、ラベルシールなどのみ…。

さすがに今は、めっちゃスヌーピー好きというわけではないものの

大人の雑誌でこんな特集があると、やはり気になる(笑)

 

Pen(ペン) 2016年 2/15号 [みんなのスヌーピー]

Pen(ペン) 2016年 2/15号 [みんなのスヌーピー]

 

 

“完全保存版 みんなのスヌーピー”も

作者のチャールズ・М・シュルツ氏が暮らした

サンタローザの紹介から始まり、なかなか面白いです。

 

 

この、男性向けのPenという雑誌ですが、

確か、以前もムーミンを特集していて 

Pen (ペン) 2015年 2/15号 [ムーミン完全読本。]

Pen (ペン) 2015年 2/15号 [ムーミン完全読本。]

 

なかなか見応えあるいい内容でした。

 

最近、以前の記事に新たに加え、再編集したものが出ていますね。 

Pen+(ペン・プラス)  名作が愛される理由を探る、ムーミン完全読本。 (MEDIA HOUSE MOOK)
 

 

ピーナッツ(スヌーピー)もムーミン

面白くて、深いですね。

 

 

 暑い時は放置されていたが

f:id:koboaoineko:20170725152422j:plain

 陰ってくると、この鉢も復活らしい 

 

       応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

隙間で咲き続けるサルビア-コーラルニンフ/朝顔のドイリー

 

強風。

窓を開けっぱなしなので、

砂も入ってくるからでしょう、

足裏も砂っぽい。

窓の多い居間は、外なのか内なのか

わかりませんね。猫も土足?で出入りするし(;'∀')

 

f:id:koboaoineko:20170724180127j:plain

 

前にもいったかもしれないが、この

サルビア・コクシネアの優しい色合いが好き。

ピンクと白、サンゴ色という組み合わせは

コーラルニンフという名前らしい。

サンゴ(色)の妖精(精霊)?

 

掃き出し窓の手前で、断続的に咲き続けている。

 

f:id:koboaoineko:20170724180158j:plain

 

なぜか、毎年、こんなところ、

 

f:id:koboaoineko:20170724180259j:plain

 

タイルの隙間から伸びてきて、咲いている。

花壇にあったのは消えてしまったのに…。

種を採って、地面に蒔けばいいのかな。

 

今日の一枚。

 

f:id:koboaoineko:20170724194831j:plain

  30㎝角  方眼編みの朝顔ドイリー 清涼な雰囲気ですね。

 

本はこちら。珍しい和風柄は、小林恭子さんのデザインだったようだ。  

レース編み華麗なドイリー

レース編み華麗なドイリー

 

 

雄鶏社がなくなってからは、再編されていろいろ出ているようだが、

新しい本を持っていないので、よくわからない。

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

 

 

 

 

今日のもう一枚。


ポストカードこらーじゅ 85

 

f:id:koboaoineko:20170723165645j:plain


この、ひとやすみしましょシリーズ…は、

4種の柄があるレターセットのコラージュでした。

最近は、ほとんど手紙を書くこともありませんが、

可愛いレターセットを見ると、

ついつい手にとってみたくなりますね。 

 

 

f:id:koboaoineko:20170724205954j:plain

 

       応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

『生きていることを楽しんで』ターシャ・テューダー/みかん色のぬくもり

 

朝から曇りがちで、風がある。

午後から、雨がパラパラ降ったり、

日差しが陰っただけ、ほっとひと息…。

 

先日、花芽をつけたグレース(スモークツリー)

 

www.salon-shiroineko.com

 

花穂が大きくなって揺れている

 

f:id:koboaoineko:20170723142445j:plain

 

f:id:koboaoineko:20170723142522j:plain

煙の元、花序が伸びています。

 

 

こちらは柏葉アジサイの今

 

f:id:koboaoineko:20170723142852j:plain

 

f:id:koboaoineko:20170723142633j:plain

 純白だった見頃の後の、移ろいも味わいがある

 

 

いつまでも若くいたいという気持ちも、わからなくはないけれど、

わたしは、いくつに見られようと気にしたことはありません。

年齢とともに体が変化するのは当たり前。

時計の針を戻そうとするのではなく、

変化した自分を受け入れてしまえばいいのではないのかしら。

 

わたしは、庭を、今日は何をしてやる必要があるかしら、

と思って、見てまわります。

その時その時の素晴らしさを、楽しみながら。

 

生きていれば、落ち込むこともあります。

状況を好転できると思ったら、ぜひ努力すべきです。

でも、変えられないなら、

それを受け入れて歩み続けるしかありません。

何があっても「生きていることを楽しもう」という気持ちを忘れないで。

  

 

 

 

 

 

今日の一枚。 


ポストカードこらーじゅ 84

 

f:id:koboaoineko:20170723141116j:plain


みかんをあしらった和紙の便せんをベースに、

スニーフの可愛い絵柄の便せんを

切り貼りしました。

オレンジ系の色合いと編み物と猫ちゃんモチーフに惹かれ、

この便せん柄と同じ表紙の小さな手帳も持っていました。

 

このイラストレーターのコイヌマユキさんは、

ファンタジックで優しい雰囲気と綺麗な色彩、

猫の居る風景と…繊細で、愛らしく、

実に、魅力的な世界を醸し出しています。 

 

 挿絵を描いた絵本もあるようです。見てみたい。

 

ちょうちょ

ちょうちょ

 

 

 

f:id:koboaoineko:20170723145649j:plain

 

       応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

ムーミン一家のよさは、おおらかな自由さ-『ムーミン谷の名言集』

 

 

f:id:koboaoineko:20170722141847j:plain

オレガノ ロツンディフォリウム 

観賞用オレガノ ケントビューティに似ていますが、白花

 

いつのまにか、梅雨も明け

(雨らしい雨が降らなかったので)

静かな土曜日。

 

直射日光を、雨戸で遮りながら、

大きく開けた窓からは風が通り抜ける。

外は暑いけれど、カラッとした感じの

室内の湿度は高くないようだ

 

あらかじめやることを決めない日もいいな。

 

「なんだって、できるわ。だけど、なにもやらないでいましょ。あぁ、なんだってできるって、なんてステキなことなの!」

         ミムラねえさん『ムーミン谷の十一月』 

 

 

ムーミン谷の名言集 (講談社文庫)

ムーミン谷の名言集 (講談社文庫)

 

 

“ほんとうのところ、

ムーミン一家の心の洗濯」だってなんだっていいのです。”

という、編集者ユッカ・パルッキネンによる

ムーミンのお話からの引用文たちと挿絵。

彼らのお話の好きな人、登場人物のキャラが好きな人…

あぁ、なるほどね、って。

目にとまったものを拾ってみる。

 

( “いつもやさしく愛想よく”なんて、やってられないよ。理由はかんたん。時間がないんだ)   

            スナフキンムーミン谷の仲間たち』

 

「この世の整理せいとんは、てんでなってないようだ」

 ヘムレンさんは、しょんぼり思っていました。

「きのうは暑すぎ、いまはずぶぬれときてる」

                    『たのしいムーミン一家

 

 だれも心配しすぎないって、よいことでした。ムーミンたちは、ほかの人のために、やたらと心配しないでいようと、決めていました。つまり、そのほうが、心配をかけたと思って良心を痛めなくても、すみます。それに、ありったけの自由をあたえあっていることにもなるのです。        『ムーミン谷の仲間たち』

 

 

 突然スナフキンの胸に、ムーミン一家のみんなに会いたくてたまらない気持ちが、こみあげてきました。

(ぼく、ムーミンたちのことだって、わずらわしく思うこともある。おしゃべりもしたがるし、どこに行っても、だれかしらいるし。だけど、ムーミン一家とくらしていると、いっしょでも、ひとりでいられるんだ。みんな、どんなふうに、ふるまっていたんだろう……? 不思議な仲間だなあ……。

 あんなに何年も何年も、長い夏を、ムーミン谷ですごしていたのに、ぼくは、気づきさえしなかったんだなあ。ムーミンたちは、ぼくのこと、ひとりにしておいてくれたんだ……) 

            『ムーミン谷の十一月』

 

私も、この自由を愛するスナフキンの台詞で、

ムーミン一家の魅力というか、居心地のよさは、

やってくる誰をも、ありのままに受け入れてくれる

(尊重してくれる)自然さだったのかと思いあたりました。

なるほどねぇ~。

 

実際、作者のトーベ・ヤンソンさんご自身が、育った環境が

この自由で創造的な雰囲気にあったといわれてました。

 

www.salon-shiroineko.com

 

そういえば、先だってのターシャ・テューダーさんもそうでしたね。

 

www.salon-shiroineko.com

 

人って、いろいろなものや人、環境に育まれているんですね。

 

 

 

 

  

今日の一枚。 


ポストカードこらーじゅ 83

 

f:id:koboaoineko:20170720152138j:plain

Petit Voyage-小旅行


ピンク色のカバン型のシールの入れ物を

中央に配して、ムーミン関連のマステとシールを中心に

貼りました。

左右に分けて貼った森を行くムーミンの絵柄は、

マッチボックスラベルステッカー。

 

トーベ・ヤンソンの絵本『それからどうなるの? 』のワンシーン。 

それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)
 

 

 原作でも、絵本でも、アニメでも…

その楽しくて深いムーミンワールドを味わうひとときも

ちょっとした旅気分でもあります。

  

トーベ・ヤンソンさんの絵本についてはこちらをどうぞ。

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

f:id:koboaoineko:20170722145001j:plain

 

       応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。