エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

光と闇-チョコレート祭りの陰で

 

殊の外、寒かった一月でしたが、

節分、立春と春を意識する二月もすぐそこ。

巷で今や、二月の季節イベントみたいになっているのが

バレンタインデー。

近年は、ほとんど繁華街まで出なかったのですが、

近場の大手スーパーでも、

バレンタイン・チョコレート売り場のコーナーが

目を惹きます。ブランドやメーカーそれぞれ

いろいろなデザインや趣向がこらされて

見ていても楽しいですね。

もうバレンタインを気にかける時代は過ぎたのですが

それでも、思わず欲しくなるものもあります。

 

その一つが、素適な色合いと印象的なネコの絵が楽しい

ゴンチャロフのアンジュジュ、シリーズでした。

 

 

この魅力的なパッケージのイラストは、

宮崎一人さんによるもので

黒ねこ意匠として

来月はこのネコの原点ともいえる絵本が出るようです。

 

くろねこ ろびんちゃん ごろごろ

くろねこ ろびんちゃん ごろごろ

 

 

一月半ばに見かけた時に買わなかったので、

昨日は、人気商品は既に売り切れでした。

家族には

「まただよ、(私の)欲しい時に買わなくて売り切れパターン」と

笑われましたが(笑)

さて、ここまでは、スイーツにまつわる楽しいお話、

そして、この後、ブラックな味ならぬ測面に移ります。

 

 

ところで、当然、ネットでも売り切れ状態だったのですが

あれこれ検索していて、はじめて

このチョコレート会社が、昨年、パワハラ長時間労働

自殺した社員の母から訴えられている(労災申請)と知りました。

工場側は否定しているようですが、まだ若い方だったんですね。

 

 

  

 

 

そういえば、人気のチョコレート産業の実態といえば

よく拝見している

森井啓二さんのブログ「ひかたま(光の魂たち)」でも

しばしば取り上げられていました。

 

shindenforest.blog.jp

 

shindenforest.blog.jp

 

shindenforest.blog.jp

 

これまでも、チョコレート産業のダークサイドは、ずっと

世界で問題になっているのです。

 

ameblo.jp

 

チョコレートは最近、またカカオの分量が多いものなど

健康にいい面もあるとクローズアップされ

需要が増えています。

私も、チョコレートや珈琲は日常的に嗜んでいました。

バレンタインも楽しいお祭り(日本の場合)ですが

何事もほどほどに、また大手会社やメーカー、

世間に踊らされないことが

これからは特に大切になってくるなぁと

感じます。

 

児童労働の搾取問題といえば、

かの有名なディズニー社でも、アメリカでは

製品工場に対して、何度も改善命令が出ていたようです。

創始者ウォルト・ディズニーが子供も大人も楽しめる夢を

与えようとしていたことを思うと何とも皮肉な実情ですが、

企業が大きくなって、必要以上の利益追求を求めると

社会に大きな被害を及ぼしてしまう場合も少なくなかったのが

これまででした。

 

現代のような情報化社会でも、

芸能人の不倫騒動やゴシップなど

どうでもいいことが大きく報道され

本当に知っておいてほしいことは

その陰に隠れてしまう傾向もあります。

もはや「知らなかった」で済ませる

無知も罪なのかもしれません。

 

日本人は、調和を旨とする素晴らしい国民性の一方で

周りに流されやすいのも特徴といわれます。

自身を省みてもそれはよくわかりますが、

これからは何事もよく自分で確かめて、考えることこそが

必要になってくる時代に思えます。

 

ツィッターを見ていたら、会社への不買運動をしている人も

いるようですね。不買運動に関しては、私も昔

大手化粧品会社がこぞって動物実験をしていたので

使用をやめたことがありました。現在は改善したところも

あると(思いたい)思いますが、

何にせよ、自然や地球にやさしい製品を作っているところも

あるのですから、それぞれの消費者が何を選ぶのかで

社会も変わっていくのだと思います。

 

チョコレートだけでなく、ペット産業もそうですが、

日本人のこうしたお祭り産業に踊らされるのも

ほどほどにしなければなりませんね。

 

物事には、光と影ならぬ闇もあります。

楽しみな部分だけでなく、トータルで知らずしては

本当に物事を知っているとはいえないのかもしれません。

 

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。  

 

物事は3ヶ月続くと形になってくる…

 

今日の一枚 

 

ポストカードこらーじゅ 98

 

f:id:koboaoineko:20180127161342j:plain

譜面だの、手紙だの、オールドローズ柄を貼ったベースに

好きなタイプライターをどーんと。

このシールを貼るたびに、書いているかもしれませんが(笑)

明日は明日の風が吹く” (The winds of tomorrow will blow tomorrow.)

って、タイプされています。

日々、新しい風が吹きつつも、クラシックな香りも味わう…。

 

 

  

 

 

 

f:id:koboaoineko:20180127161003j:plain

先日の雪の日の朝 その後、あっという間に溶けました。

 

三日坊主という言葉がありますが、

習慣でも何でも、何か新しく始めて

三日続いたら、まずは

三週間続けてみようといわれています。

そして、やりたいと思ったことも

3ヶ月続くと習慣づいて形になるようです。

更に5カ月ほど経つと、少し結果もついてくる

ということも、しみじみ感じています。

ちょうど、ブログご無沙汰の期間にもあたるのですが、

私が、新たにこの時期始めたこともそうでした。

 

継続は力なりとはその通りだと思いますが、

かつての修行系?から、はるか離れた今では、

先まではわからないけれど、今日はやろう、という

毎日の積み重ねスタンスで、

結果、続いているわ~という感じかな。

 

また、仕事といっても、家でやれることなので、

5カ月もすると、ルーティン化して

慣れる一方で、飽きてくる面もなきにしもあらずなのは

どうかと思いますが、まあ必要に迫られたり、

それなりの結果が出始めるとやるんですね、人は…(笑)

 

で、ようやくまた、合間に本を読み出したり、

次はブログもと思いつつ

根がのんびり屋のせいか、

外を眺めてぼーっとしているのも好き。

そんなこんなで、

時間の経つ方が早くて、あっというまの一日です。

極寒の時期ですが、二月も目前ですね。

 

西側の寒梅、咲いています

f:id:koboaoineko:20180127160836j:plain

 

いずれにしても、新しいことをやると

知らなかった一面や可能性も開けるのが

面白いなと思います。

そして、時代もどんどん大きく変わっていくので、

もはや年齢に関わらず、少しでも新たに前に

進んでいきたいなと感じるこの頃です。

 

f:id:koboaoineko:20180127161201j:plain

 

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

ペンディング(一時中断)ブログをとりあえず更新

 

気がつけば長月と書いた前回から

気がつけば、というより、やはり(薄々わかってた)年が明けておりました。

でも気分は浦島太郎子です。(←子がつくと年代がわかりますね)

時候の挨拶としては

寒中お見舞い申し上げます

でしょうか。

 

f:id:koboaoineko:20180113183354j:plain

 クリスマスから咲いているニゲル(クリスマスローズ

 

 

ペンディングというのは、

英語(pending)の宙ぶらりんの意味ですが

最近はビジネス用語でも保留とか先送りという場合に使うようです。

 

中途半端って悪いことのように感じていたのですが、

先日、今どきの若手企業家の話を聞いていたら

何でもずっとやり続ける必要はないし、

飽きたり行き詰ったら、さっさとやめて

やりたいことをやればいい

また時期がきたらやりたくなるかもしれないし

ペンディングは可能性だと言ってたのが印象的でした。

 

 

  

 

 

はてなにブログを移して、昨年末ぐらいで一年になりますが

結局、ブログの更新はおよそ五カ月ぶりです。

ちょうどその間、新しい仕事を始めたりしていたので

ブログに関わる時間がとれなかっただけで

やめたつもりは全くなかったし

私のブログ歴自体は、何と9年目なんで

ペンディングって使えるな(笑)って

思ったのでした。

 

 

久しぶりの一枚

 

ポストカードこらーじゅ 97

 

f:id:koboaoineko:20180113181606j:plain

 

パステルカラーのサークル柄に、くまさんがあしらわれた

便せん&封筒セット(←好きですね!)のコラージュです。

連想イメージで、ぶたさんのドーナッツシールなどをポチポチ

貼った程度です。

 

 

さて、このペンディング中に

はてなの皆さまの中でも↓いろいろ変化があったようですが

(更新が止まったり、ワードプレスに移動したりなど)

私も、思いもしなかったことを始めたりして

大きく変わっています。

はてなで持っている三つのブログ

全てペンディング中(←しつこい)なので

まずは、時々は更新したいなあと思っています。

そして、もっと気楽に書きたい時に

自分が書きたいことを綴っていけたらと

感じています。

 

 

f:id:koboaoineko:20180113183854j:plain

本日のお嬢さん@柿の木

 

 

次の更新も、気がつけば夏…とかにならないよう

願っていますが、もうしばらく

新しいルーティン優先に変わりないので

なかなかブログ訪問も出来ないかもしれません。

それでもよろしければ、

またよろしくお願いいたします。

 

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

気づけば長月(9月)-「一房の葡萄」

 

気がつけば、9月も半ば過ぎ。

涼しくなった日々が続いていましたが、

台風の後、久しぶりに暑くなりました。

 

f:id:koboaoineko:20170918152219j:plain

ガウラ 白蝶草

 

8月末頃から、ちょっと新しいことを始めたり、

9月に入って、家族に伴う生活リズムも変わり、

ほとんどブログを覗く間もなく過ぎ、

季節もすっかり秋になりました。

 

 

f:id:koboaoineko:20170918152324j:plain

萩も盛りを過ぎました。

 

 

f:id:koboaoineko:20170918152416j:plain

青色フジバカマの中に、なぜか白色の花がひとつ

 

 

久しぶりのブログは、

定番の一枚シリーズで更新することにします。

 

今日の一枚

 

葡萄のテーブルセンター

 

f:id:koboaoineko:20170918153409j:plain

 40番レース糸  39㎝×41.5㎝

 

クラシックな味わいの葡萄モチーフで

レース編みのテーブルセンターです。

クラシックな“一房の葡萄”といえば

有島武郎の童話の美しい一節を思い出します。 

 

先生は真白なリンネルの着物につつまれた体を窓からのび出させて、

葡萄の一房をもぎ取って、真白い左の手の上に粉のふいた紫色の房を

乗せて、細長い銀色の鋏で真ん中からぷつりと二つに切って、

ジムと僕とに下さいました。

真白い手の平に紫色の葡萄の粒が重って乗っていたその美しさを

僕は今でもはっきりと思い出すことが出来ます。

僕はその時から前より少しいい子になり、少しはにかみ屋でなく

なったようです。

 

一房の葡萄 他四篇 (岩波文庫)

一房の葡萄 他四篇 (岩波文庫)

 

 

※ 青空文庫でもお読みになれます。

 

また、ジュースでもワインでも美味しい葡萄は

”生命”と”豊穣” そして ”歓楽”と”祝祭” さらに

”慈悲”の象徴ともいわれています。

 

 

  

 

今日のもう一枚

 

ポストカードこらーじゅ 96 

 

f:id:koboaoineko:20170918155434j:plain

 

ベースは、包装紙で、

多少、シールやマステを載せただけで、

ほぼそのまんま(笑)

カップケーキというか

マフィンと珈琲、美味しいですよね~♪


エリザぺス・マフィンだったけ、よく利用した時代もありました。

なんか、食べたくなってきたりして…(笑)

 

コラージュブログからの移行記事もあと僅かなので

はやく載せてしまいたいのですが、

ブログの更新がどれくらい出来ることやら…。

ブログへの訪問も

少しずつ再開できるといいな。

 

 元気だよ~(^^♪

f:id:koboaoineko:20170918160509j:plain

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』-壮大な自然と大地で育まれる新たな絆

 

暦では、

処暑(暑さが収まり始める頃)も過ぎましたが

暑さが戻ってきた感があります。

8月に入って涼しいくらいの日が続いたので、

今更の残暑というのも

ちょっとこたえますね。

 

 

  

 

 

ダンス・ウィズ・ウルブズ』 “Dances with Wloves”(1990年)

ケビン・コスナーが監督・主演の超大作映画。

それまで、一方的に白人の都合で描かれてきた先住民族の姿と

西部劇の常識を覆すことにもなった一作でもある。

 

ダンス・ウィズ・ウルブス [DVD]

ダンス・ウィズ・ウルブス [DVD]

 

 

 

特殊撮影など使わずに、自然の中での

圧巻というしかないバッファローの行進シーンをおさめる苦労、

そして、その狩りの場面(倒されるバッファロー以外は本物)

また、ケビン自身、ほぼスタントなしの騎乗や射撃など、

万難を排してよく出来上がったともいわれている。

当時のアカデミー賞を7部門で獲得したのも頷ける。

 

マイケル・ブレイクの原作は、

白人を批判した内容が嫌われ、ほとんどの出版社で断わられ、

小さなところで、ペーパーバックとして出版されたという。

ケビンが映画化するにあたっての資金提供も、外国の投資家頼みで

始まり、大幅に予算をオーバーして、ケビンの私財をつぎ込んで

完成にこぎつけた経緯があるようだ。

すでにスターであったケビンの監督作品ということでの注目もあったが、

公開されてみれば、興業的にも大ヒットとなったのだった。

 

1991年というから、もう25年以上も前の作品だが、

いつだったか、テレビで途中見たかな…くらいで、

ケビン・コスナーの映画で覚えていたのは

ボディガード』でしょうか(笑)

 

気になってた映画のひとつで、今となってのDVD視聴。

いきなり、戦場で怪我をした主人公の足を切断するとかどうかで

始まり、これ、3時間も見られるのかと危惧したのもつかのま、

雄大なアメリカの自然のもと、たった一人で任務についた主人公、

言葉の通じない異文化と人とのふれあいなど、いつしか

ぐいぐいと引き込まれていた。

4時間バージョンも見てみたい。

 

南北戦争の時代。北軍の中尉ジョン・ダンバーは足に怪我を負う。

切断されるのは御免だと、再び靴を履く。目に留まった馬に飛び乗り、

自らおとりとなるかのように、単独で南軍の前に飛び出していった。

この自殺行為まがいの無謀さが南軍をかく乱し、英雄に。

足も切らずに治療してもらい、赴任先を自ら選べることになった。

 

フロンティアを見たいという彼が選んだのは、

サウスダコタ州のへき地の砦、見渡す限りの荒野に

当面の食料と生活品を運び、たった一人で

荒れた小屋を手直ししながら、任務を待つ生活。

愛馬のシスコと、まわりをうろつくようになった狼ツーソックス

だけが相手の日々だったが、なぜか彼は満ち足りていた。

 

ある日、馬を盗みにきたインディアンに、

水浴びをしていた彼は威嚇。

気づけば一人、全裸の白人の姿は奇妙に映ったことだろうが、

これがきっかけで、隣人ともいえるスー族の知るところとなった。

お互いが興味を持ち、ジョンも意を決して、訪問することに。

途中で出会った怪我をしたインディアンの女性を送り届けるのだが、

ジョンは帰れと拒否される。しかし、その後、スー族から選ばれた

“蹴る鳥” と “風になびく髪”という二人が訪れる。

ジョンは、身振り手振り、ゼスチャーで意思の疎通をはかろうと奮闘。

徐々に交流が始まるのであった。

 

また、助けた女性 “拳を握って立つ女”は

子供の頃、家族を殺され、スー族に拾われた白人だった。

忘れた英語を少しずつ思い出し、通訳となって、

ジョンとスー族の理解を助け、

いつしか二人は、恋に落ちる…。

 

そして、ついにバッファローの大群が現れた。

毛皮などの一部を乱獲するため殺す白人に、心は痛む一方、

自分たちの冬の食料分だけ、敬意をはらって全部分を使いきる

スー族の神聖な狩りに、ジョンは心うたれるのであった。

 

スー族と絆を深めていくにつれ、ジョンは軍人としてより、

暮らしと家族と仲間を守るために戦う姿に共感し、

誇りを感じるようにもなる。

今や、ジョンは信頼をえて

タイトルのダンス・ウィズ・ウルブズ “狼と踊る男”という

インディアン名で呼ばれるようになっていたのだ。

 

砦に日記を取りにいき、かつての騎兵隊達に狙撃され、

捕らえられて、反逆者扱いのジョンを救いだしたのも、

スー族の勇士たち。

あくまで、自然と大地に根ざし、“調和”している彼らの暮らし。

しかし、その先住民族を、迫害すべく、

国の軍もそこまで迫っていた…。

 

  


映画「ダンス・ウィズ・ウルブズ」日本版劇場予告

 

ジョン・ダンバー中尉・“ダンス・ウィズ・ウルブズ”   

            ケビン・コスナー

“拳を握って立つ女”   メアリー・マクドネル

“蹴る鳥”   グラハム・グリーン

“風になびく髪”  ロドニー・A・グラント

 

ケビン・コスナーはかっこよかったし、

スー族の人たちも勇壮だった。

 

 


ダンス・ウィズ・ウルブズ(字幕版)

 

この映画が作られて更に年月がたつが

先住民族少数民族、あるいは

自然や野生動物への理解の深まりは

どうだろう。

異文化(人)であれ、異種(動物)であれ

交流に必要なのは、誠実さとリスペクトだが

いまだ、功利主義のもと、

理不尽なことも繰り返されている。

 

素晴らしい映画を見たと同時に

考えさせられるものも少なくない。

 

ところで、私の年代だと

幼児の頃に、『ローハイド』

主題歌と馬の印象だけあるんだけど(笑)

その後、西部劇もテレビでよくやっていた時代。

馬とか動物の出てくるのは今でも好きだが

やはり、自然を背景にしたものは、いいね。

 

 

暑さ戻って、連日の朝帰り…も

(夜は外のほうが涼しいからな~)

f:id:koboaoineko:20170826111659j:plain

      

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。