エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

2・3月に公開予定の気になる映画2つー猫好き:岩合光昭さん監督『ねことじいちゃん』/本好き:『マイ・ブックショップ』

 

f:id:koboaoineko:20190208161314j:plain

西側の寒梅

 

気がつけば

二月も半ばに近づいて…

ますます

日にちの過ぎるのが加速している

と感じる、今日この頃。

 

f:id:koboaoineko:20190208161418j:plain

クリスマスローズ モンテクリスト(だっけ?)開花

 

今年は、ブログも思いついたら

その場でアップしないと

一年あっというまに終わっちゃいそう…なので

キャラや方針も替えようかな。

 

立春も過ぎ、

本格的に新年(旧暦)がスタートしたので

今年の抱負でもありますね↓

 

何でも

思いついた端からやっていく!

結果は気にしない、体験こそが人生だ

ただ、次、次…ってね。

 

で、

最近目に留まった

(これも実は、即でもなかったんですが(;'∀')

猫好き&本好きをそそる

近々公開予定の映画を二つ。

 

まず、猫の日とかいう2月22日公開のもの。

猫の写真には限らないんですが

素晴らしい

動物写真家の岩合光昭さんの初監督作品だそうな

『ねことじいちゃん』

 


『ねことじいちゃん』予告編 2月22日公開

 

大人気コミックの映画化だそうですが

主役の猫さんは、100匹の中から抜擢されたという

ベーコンさん。

お顔を拝見しただけでも、存在感がスゴイ。

 

(追記リンク:2/17)↓

www.cinematoday.jp

 

 

ちなみに、岩合氏による写真集もあるようですね。

アマゾンは売り切れ? 楽天にはまだあるみたい。

 

 

 公式サイト↓

 

nekojii-movie.com

 

ねことじいちゃん (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ねことじいちゃん (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 

 

 

 

 

そして、もう一つは、3月9日から公開予定の洋画

『マイ・ブックショップ』

 


映画『マイ・ブックショップ』予告編

 

ブッカー賞受賞作家

ペネロピ・フィッツジェラルドの原作(“The Bookshop”)を

死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェさんが

映画化した作品。2017年11月公開(スペイン)

 

舞台は、1959年、イギリス東部海辺の小さな町。

書店が一件もなかった町に

読書の楽しみを広めたいという思いと

亡き夫との夢を叶えるべく

書店を開く女性のお話。

周囲の反対や妬んだ?有力者からの妨害などにあいながらの

奮闘記だそうで、予告の映像や

出演者(エミリー・モーティマービル・ナイ、パトリシアクラークソン…)

いろいろ興味を惹かれます。

 

mybookshop.jp

 

↓ 英語版 “The Bookshop” 

(ペーパーバックもKindleもある)

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。

時代の移ろい/今もおちゃめなイラストレーター♡田村セツコさんの『おしゃれなおばあさんになる本』

 

f:id:koboaoineko:20190103150541j:plain

 

 

昨年ブログ(クリスマス)の最後に、たまたま

ユーミンこと松任谷由美さんのビデオを貼っていましたが

晦日NHK紅白出場で

サザンの桑田さんと共に

時の人(話題)となっていましたね。

 

ツィッターに上がった世紀のコラボを見て

面白かったのね~と後から(お正月に)知ったわけですが

平成最後のお祭りということで参加されたという

ユーミンの話を聞いてなるほどなぁと

感じるところがありました。

 

サザンもユーミンも昭和世代からの大物アーティスト。

昨年末の英国のロックバンド、クィーンの再熱ではないけれど

こうした音楽好きとして

共に過ごしてきていたので

懐かしさと共に、その歩みというか歴史っていうのか

時の流れをあらためて認識したんですね。

 

折から、今年の皇居の一般参賀では

平成最後となるため

歴代としても多くの人が訪れ、両陛下が望まれて

お立ちになる回数を増やされたそうでしたね。

ちょうど両陛下の年代が今は亡き両親と同じくらい、

私は、皇太子さまと同世代となります。

サザンとユーミンが、昭和から平成を駆け抜けたというと

あらためてそうなんだと、時代の移ろいを再認識した

ということでしょうか。

 

今の時代は変化が早く、新しいことも興味深くて、

普段は年齢を意識することはあまりありませんが

自分にもこれまでの歴史があるんだと気づくと

何だかそれはそれで面白いなと思います。

 

 

 

さて、

図書館で昨年末に借りた本を読むこともなく

今頃、その中の一冊をぱらぱら拾い読み。

 

1938年生まれのイラストレーター、田村セツコさん

これまた母が生きていれば同世代になるのかな。

かつて新聞の「人」欄で読んだイメージが ”飛んでる人”

当時の記事では確か、セツコさんがお勤めしている時

お昼にゴミ集めに来たおじさんを見て

自由でいいなと、そのまま勤めを辞めて、

出前迅速何でもやります!とイラストを仕事にしたという内容。

他にも、ご本人のチャーミングなイラストの女の子さながらの

髪型と服装でまんまるお目々で写っている写真が印象に

残っていましたが、今でも同じだそうです。

白いブラウスにチェックのスカートがお好きなんですね。

 

そんな田村さんのエッセイがなかなか面白くて

とても人気があるようです。

高齢化社会となり、素敵な年のとり方、ってのも変だけど

興味を惹かれるのもあるのかな。

 

おしやれなおばあさんになる本

おしやれなおばあさんになる本

 

 

 

ヨーロッパのおばあさんのオシャレについて語っているところ

 人と比べて、いいハンドバッグを持っているとか、腕時計がどうとか、そういう気持はないみたい。

 自分は自分というか、そういう感じがしますね。

 長年の経験が磨かれて、おしゃれも上手になってきてね。

 それと、自分を甘やかさないっていうことがあると思います。

「もういいの。私、年だから」という甘えがない。

 おばあさんって、だらしのない格好で外へ出て行っても許されるじゃない?

 社会が優しいから。

 だけど、そういう甘えを許さない感じがするわね。ビシッとしてるのよ。

 若いときは誰かを見習うような気持ちがあって、自分が勉強中って意識があるけど、おばあさんは仕上がちゃってるから、自分の好みでOKなんじゃない?

 おばあさんにモデルはいらないわ。 

 

小学生の頃から服装の好みが変わらないという一方

 気分転換に、ほかのものを楽しんだりすることは大事だと思います。

 ファッションは冒険ですものね。

 おばあさんはおばあさんらしくって決めないで、あなたも「新しい自分よ、こんにちは!」って感じで、ぜひぜひご遠慮なく楽しんでみてください。 

 

  さらに

おしゃれなおばあさんになる方法は、「人と比べないこと」。

 ヘアスタイルがどうとか、着るものがどうとか。

 着るものは好み。自分が元気よく、心地よくあるためには、ためらわない。

そして人と比べない。

 日本人は人目を気にしますよね。

 後ろ指を差されたくないってところ、すごくあるじゃない?

 それはそれとして、あまりそんなことを気にしないで、自分がどういう状態が心地よくて楽しいのか。そういうことを最優先して、おばあさんになったらいいんじゃないでしょうか? ご遠慮なく!

 おばあさんになる途中は、人の言うことも聞いたほうがいいと思うのよね。

 だけどおばあさんになったら、散々生きてきたんだから、あとは自分が解放的な気持ち、明るくなるような気持ちで、心がパアッと解放されるようなおしゃれっていうのを、自分で発明・発見する。  

 

まあ、勝手にやろう、と。いいですね~。

お洒落について語っているけど、

結局は、生き方の話!なのね。

 

年配になって、お仕事しながら

ご両親の介護もされてきた

彼女から見れば

まだ20年早いといわれそうですが

参考になります( *´艸`)

 

 私自身は、年をとっても二〇代に見られたいとか、そういう不自然なことはぜんぜん思わないの。

 アンチエイジング? それって、美容関係のお金儲けのお手伝いをしてる感じ?

 若い時代はいろいろと夢見る青春だったわけだから、そうじゃない時代に入ったら、現実を生きたほうがいいと思う。

 だけど、シワを取ったりするのはその人の好み。価値観はみんな違うから、それはそれでいいと思う。

 まあ、私は勝手に思うんですけれど、その年の価値ってものをいさぎよく受け止めたほうがいい気がします。

 子供のときに、社会科で歴史の年表を作ったでしょ。

 安土桃山時代をピンクに、何々時代を緑色にとか、色を塗ったと思うの。

 そういうふうに、いよいよ私は何々時代に入ってきたとかね。

 自分の歴史を客観的に楽しんでみては? なんて考えています。

 

 

 

誰もが、新しい歩を進めていく年の始まり。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。

「ノックをしなかったサンタクロース」松岡直也さんの音楽より『ハートカクテル』/~「恋人がサンタクロース」松任谷由美さん

 

 

f:id:koboaoineko:20181225121259j:plain

 

原種系ニゲルが、ちょうどクリスマスに開花。

クリスマスローズとして呼ばれているのは

実は、へレボラス・ニゲルの英名で

暖地ではクリスマス頃に開花するからだそう。

また英名レンテンローズは

ヘレボラス・オリエンタスという種で

これは春先の開花になるらしい。

ややこしいので、日本ではどちらも

クリスマスローズとなっているとか…。

 

 

 

クリスマスといっても

音楽をかけていたくらいで

普段と変わらず過ごした今季でしたが

今年は松岡直也さんのライブ映像を

YouTubeで見たのがきっかけで再熱したファン魂?

 

ラテンフュージョン、ジャズっぽい曲が多い中で

とてもキャッチ―というかポップな曲調で人気が

あるのが『ハートカクテル』シリーズ

(下は「ノックを…」が入っているVol.1)

 

 

松岡さんのアルバムでは

わたせせいぞう氏のイラストはおなじみ。

そして、わたせ氏の人気の漫画からアニメとなった時

(私はどちらも知りませんでしたが(;'∀'))

その音楽を担当されたわけでした。

 

で、なかでも人気のある曲が

『ノックをしなかったサンタクロース』

YouTubeでは、そのアニメと共に音楽が聴けるので貼っておきます。

 


ハートカクテル vol.11 ノックをしなかったサンタクロース

 

こうした洒落たポップ系の曲も

松岡さんのライブでは度々演奏されたようで

上の「ノックをしなかった…」は

  

 

2009年のホット&ユニークのライブDVDでも

聴くことができました。

 

www.salon-shiroineko.com

 

また、見たいのに手に入りづらいと泣いていた(笑)

初のライブDVD(2005年)でしたが、その後

手にすることが叶い!(引き寄せちゃったか…嬉し涙)

堪能しています(。・ω・。)ノ♡

 

 

ここでも、『ハートカクテル』からの曲も演奏されていて

とっても楽しい雰囲気が伝わってきます~(^^♪

 

で、YouTubeにあった

このライブでの!『ふたりの会社』を載せておきますね。

 


Bu-ふたりの会社"Live2005" Naoya Matsuoka

 

もう一曲は『Best Friend』

(こちらはTVドラマからだったようですが、同じ雰囲気の軽やかな曲)

 


Best Friend 1999 Live 松岡直也 (アルバム 智子と知子 Soundtrack)

 

 いずれにしても、映像を見て、

どんどん曲想が浮かんできたというから

さすがです。

今やあちらの人となった松岡さんが今度は、地上で

音楽をやっている人にインスピレーションを送ってきてくれる

かもしれませんね(*´∇`*) 

 

 

ちなみに、

サンタクロースが出てくるポップスというと

私の年代だと、ユーミン松任谷由美さん)の

恋人がサンタクロース』でしょうか。

20代は彼女の曲もよく聴いてましたっけ。懐かし~。

彼女のステージはかなりゴージャスでも有名でした。

 

これもライブ(YouTube)見つけたので、貼っちゃお。

高中正義さんがギターで参加してますね。

懐メロになっちゃってる…まあ年末だからいいか。。

 


恋人がサンタクロース

 

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。  

『クリスマス・イブ』マーガレット・ワイズブラウン/『12月24日』黒井健さんー楽しいクリスマス絵本より

 

クリスマス関連の今日の一枚といえば

毎度載せる写真は同じですが…(´∀`*)

 

f:id:koboaoineko:20181224142248j:plain

(40番レース糸 ホワイト、レッド、グリーン)   直径25㎝

 

今日はクリスマス・イブ…。

簡単に、クリスマス前夜の美しい絵本を二~三冊ほど。

 

いずれも、クリスマスの前の晩を描いた、詩(文)と絵による響き合い

(ひびきあい、と変換したら“響き愛”と出るのでしたが、そういう感じもしますね)

が、素晴らしい絵本です。

 

まずは、たくさんの子どもの本の優れた作家であった

マーガレット・ワイズ・ブラウンの聖なる夜の厳かをとらえた文に、

舞台美術家出身のベニ・モントソーレが実に素晴らしい絵をつけたものです。

 

クリスマス・イブ

クリスマス・イブ

 

 「クリスマス・イブ」マーガレット・W・ブラウン文 ベニ・モントソーレ絵
          やがわすみこ訳 ほるぷ出版

 

落ち着いたオレンジ色を基調に、輝きの黄色と、黒いペンの描線で描かれた、

眠れない子供たちがそっとベッドを抜け出した静かな聖夜。

詩文と溶け合って、心うたれます。

 

そして、もうひとつは、クリスマスといえば有名な詩である

“The Night Before Christmas” ザ・ナイト・ビフォー・クリスマス

(大学教授であったクレメント・ムーアが1980年代に書いた名作)

ターシャ・テューダーら、いろいろな人が挿絵を描いているようですが、

今回は、アメリカの絵本作家、トミー・デ・パオラによる、

ニューイングランドのキルトデザインを下に彩られた

暖かみのある水彩画の絵本です。

(現在は中古市場か図書館のようですね)

 

あすはたのしいクリスマス

あすはたのしいクリスマス

 

「あすはたのしいクリスマス」クレメント・ムーア作 トミー・デ・パオラ
       かなせきひさお訳 ほるぷ出版

 “The Night Before Christmas”by Clement Moore  Tomie De Paola

 (パオラの絵本は、昔話による素適なものもあって又載せたいですね)

 

では、皆様も、メリークリスマス!

              (文庫"青い猫"#12より)

 

 

 

日本のもので

私が気に入っている一冊も挙げておきましょう。

 

黒井健さんの『12月24日』という絵本です。

 

 

私が持っているのは上掲のものですが、

今はギフト版とあり、表紙も

サンタさんが衣装を繕っている場面に

なっているのでしょうか。 

 

 

いずれにしても、黒井健さん

静謐な絵から響いてくる、美しさとあたたかさが

なんともいえない…。

サンタクロースさんのお家でも

穏やかで静かな朝が明け、

特別な日の仕事を前にも、落ち着いて過ごす様子が

淡々と描かれていきます。

穏やかな中に次第に伝わって微かな高揚感…。

大人も楽しめる

詩的な雰囲気もある美しい絵本です。 

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。  

エディ・ヒギンス・トリオ「クリスマス・ソングス」、ダイアナ・クラール、リンダ・ロンシュタットetc.ー素適なクリスマス音楽

 

 

f:id:koboaoineko:20161208185809j:plain

レース編み スノーモチーフ

 

私たちの生活を彩り、

楽しませてくれるものは

いろいろありますが、 

音楽もその一つ。

今年は、思いがけず懐かしい楽曲が

甦った感もありましたが、

今秋、異例の大ヒットとなった

クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』もそう。

 

私は年代的に、リアルクイーン世代?だったので

当時の素晴らしいアーティストたちによる

ロックやポップス黄金期に明け暮れていた

いろんな思い出が…(*´∇`*)

音楽雑誌『ミュージック・ライフ』も

編集長だった東郷かおる子さんとか

メディアに再登場していて、懐かし過ぎる…(;'∀')

時はめぐって

“個性”的だったフレディ(・マーキュリー)の生き方も

あらためて脚光を浴びる時代になったんですね~

 

この映画のサントラは、ライブも入っていて魅力的。

 

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

 

 

 

 

さてと、話はクリスマスでして

近年は、特別なことをするわけでもないのですが、

この時期でないと聴かないCDというのがあります。

一時はそのシーズンだけBGMみたいに、

順番にかけまくっていたりもした(笑)

今はそれほどでなくも、やはり聴いてみるといいなと。

 

 

やはり、何といっても、モダンジャズで、

 軽快で楽しいクリスマス音楽が楽しめるのは、こちら。で

 

クリスマス・ソングス

クリスマス・ソングス

  • アーティスト: エディ・ヒギンズ・トリオ
  • 出版社/メーカー: ヴィーナスレコード
  • 発売日: 2010/11/17
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

演奏者よし!演奏よし!曲目よし!ジャケットよし!音よし!の5拍子揃った

ヴィーナスの名盤。 (メディアの掲載レビュー)そのままですね!

 

YouTubeにありましたよ。

まずは、こちら

 


The Christmas Song - Eddie Higgins Trio

 

 

何と全曲、フルアルバムも…(;'∀')

 


Eddie Higgins Trio - Christmas Songs - Full Jazz Album (High Quality)

 

 

女性ヴォーカルでは、まずこちら、って私が好きなんですが。

ダイアナ・クラ―ルさん お薦めです。

 

Christmas Songs

Christmas Songs

 

 


Diana Krall - The Christmas Song

 

 

そして、アメリカの歌姫 リンダ・ロンシュタットクリスマス・ソングス。

やはり、この人は歌がうまい。聴かせます。  

 

Merry Little Christmas

Merry Little Christmas

 

 


Linda Ronstadt - I'll Be Home For Christmas

 

 


Linda Ronstadt - Have Yourself a Merry Little Christmas

 

 

 マンハッタン・トランスファーのアカペラもいいですね。

 

アカペラ・クリスマス

アカペラ・クリスマス

 

 

 

 


THE MANHATTAN TRANSFER ☊ An Acapella Christmas [full cd]

 

 こちら、ケルティック・ウーマンの透明感のある歌声も素適。 

 

Christmas Celebration

Christmas Celebration

 

 

 

 


Celtic Woman - White Christmas

 

 

そして、恋人たちに贈るオムニバス。

もちろん、家族でも一人でもしっとりと。

Christmas for Lovers

Christmas for Lovers

 

 

 

 ゴンチチさんのこれも、心地よく、リピートでBGMにもよし。

Fingering Christmas

Fingering Christmas

 

 

 

  

今年も冬至ですね。

今の猫さんがお家に入って6年か~。

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

f:id:koboaoineko:20161208191142j:plain

その当時、子猫(8~9ヶ月)の頃だったね…

 

 応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。