エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

今季のユスラウメの収穫とシロップづくり、ゆすら梅ソースも!

 

昨年は実が少なかったユスラウメでしたが、

今年は沢山実がついて、しかも例年(5月末から6月)より早め

 

f:id:koboaoineko:20180523160548j:plain

 

ちょっと小粒なものも多い気もしたけれど

昨日、第一弾?の収穫をしました。

 

f:id:koboaoineko:20180523161021j:plain

 

イチゴのパックの入れ物に一杯で、大体これぐらい(450g)

家族のリクエストでシロップにしようと思いました

(事前に準備すればよさそうなもんです…)が、

残ってた氷砂糖が250gだったので、ユスラ梅は300g使って

熱湯消毒した密閉容器に、入れます。

あと、国産レモンの汁も少々。

 

f:id:koboaoineko:20180523161506j:plain

 

こんな感じで、冷蔵庫へ。

詳しい作り方?は以前の記事を見てね ↓

 

www.salon-shiroineko.com

 

さて、 残った150g程の実をどうしたものか

洗っちゃってるし、放っておくとすぐ傷むのよね。

 

夜になって、ジャムにでもしようかと

お鍋に少々の水と入れて、火にかける

水分が出てきたところで、

お砂糖(きび砂糖)を適宜入れて溶かしてから

ザルにあけて、スプーンで潰して濾してみることに…

初めてこの方法でやったら、種が容易に分離できたわ。

 

そして、濾したユスラ梅をゆっくりかき混ぜながら

煮詰めていきます。レモン汁も少しいれます。

で、結局、今回は簡単に済ませようと(笑)

液状のゆるい状態で止めて、ユスラウメのソースにした。

 

熱湯で煮沸した瓶にあけて、冷ましたものがこちら。

 

f:id:koboaoineko:20180523162723j:plain

思いつきでやってるから、少ないね。

 

f:id:koboaoineko:20180523162812j:plain

 

さきほど、ヨーグルトにかけて頂きましたが、美味しい♪

 

ジャムは、シロップが出来上がったら、その残りで作ってもいいな…

また、実を収穫して、もう一ビン、シロップ作ってもいいかもね。

 

f:id:koboaoineko:20180523170630j:plain

ユスラ梅の花 3月

 

ユスラウメ(山桜桃梅)は、バラ科サクラ属の落葉低木。

開帳性の2~3mくらいの樹木で、春に白っぽい花が咲いた後、

この時期に赤い小さな実がなります。

そのまま食べられますが、(種があるが、甘酸っぱくおいしい)

漬けて果実酒やシロップ、ジュースやジャムに加工する人が多い。

家には昔からある木ですが、育てやすい庭木だと思います。

 

 

果樹といえば、家にはユズや柿や梅の木がありますが

その後、私の好みで、

ブルーベリー、ジューンベリー、みかん、アロニアなどが

加わりました。まだ、加工出来るほどには成っていませんが…

あと、ビワやレモンも欲しいなぁ~(どこに植えるんだ?)

ほんとは、野菜も育てたいから、畑も欲しいよね

(片膝が不自由なので、作業しづらいけど)

言いだしたら、キリがないものの、想い描くと楽しいわね~

 

 

  

 

 

今日の一枚。

 

ポストカードこらーじゅ 103

 

f:id:koboaoineko:20180523165952j:plain

 

「知恵の森 ムーミン&ふくろう」

ムーミンとふくろうのモチーフを使ったところで、森のイメージ。

ふくろうは、知恵のシンボルでもあるし、

ムーミンの世界も、原作を読むとわかるけれど、

かなり哲学的。

こじつけ感、満々のタイトルですが、まあいいか(笑)

 

ということでした(引用) 

 

 

f:id:koboaoineko:20180523171311j:plain

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

薫風香る、庭は剪定日和-5月の庭

 

f:id:koboaoineko:20180521210336j:plain

 

スズランの木 ブルースカイの花

今期も涼やかに咲いてくれました。

 

f:id:koboaoineko:20180521210407j:plain

 

 

ブルースカイについては以前の記事もどうぞ。

 

www.salon-shiroineko.com

 

また、以前の記事と言えば、

 

www.salon-shiroineko.com

 

昨年、地植え後初めてグレース(スモークツリー)に花穂がついた!

と書きましたが、今季はシーズンに3つ、フワフワと揺れています。

 

 

f:id:koboaoineko:20180521210459j:plain

 

f:id:koboaoineko:20180521210549j:plain

 

 

スモークツリーのヤングレディは今年もモクモク咲いていますが

ホワイトマジックは、葉が茂っているものの花穂はまだ…

 

 

 

f:id:koboaoineko:20180521210918j:plain

 

シモツケ ゴールドフレームの花

葉色の明るさに映える

 

 

f:id:koboaoineko:20180521211159j:plain

 

ペンステモン・ミスティカ(釣鐘柳)

すっくと高く立ち上がった黒っぽい茎に

白に紫がかった花がまとまってついて、ユラユラ

風情がある。

 

それにしても

あっという間に、五月も半ばを過ぎてる~

日に日に増す緑は、気持ちいいですね。

しかーし、手狭なお庭は

庭木が伸びて、鬱蒼となる前に

少しお手入れしたいと思いつつ、

風が強い日も多かったので、後回し。

 

ようやく穏やかな日和になったところで

延びる(高枝用)剪定バサミの登場です。

門脇のネズミもち?から始まり、

ムクゲを覆うように茂るサクラの枝葉も少々…。

 

ゴミ袋に入れるのに、さらに、普通の剪定バサミで小さくカット。

一度に沢山は出来ないが、多少はお日様が差し込むようにと

少しでもやれば、それだけ隙間があいてスッキリしたわ~(^^♪

 

も少し、まめに更新出来れば、

イムリーに花の紹介が出来るのでしょうが、

間が空くと、あれもあったこれもあったけど

と、気ばかり急いて何か

まとまりませんねー。他は

また、日を改めて載せましょう。

 

  

 

 

今日の一枚。

 

ポストカードこらーじゅ 102

 

f:id:koboaoineko:20180521190836j:plain

 

今見ると、何かあっさりしてるけど

前ブログを覗いたら、タイトルが、"小さな散歩道"で、

こう書いてあった…

 

タイトルをつけるときに、

あっさりつく場合と

なかなか思いつかず、

よくわからないものになることがあります。

これは、後者。

実際、コラージュで、よくわからないまま貼った時が

多いですね(笑)

 

なるほど。そして、こらーじゅは残すとこ3枚かな。

 

f:id:koboaoineko:20180521224157j:plain

 柿の新緑も綺麗 その下で涼む姫 5月で6歳になりました~ 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

寒暖の差が大きい4月の庭-晴れると草取りしたくなる頃

 

夏日のような日差しにもなる頃

放置していた庭の裏側が気になって

草とりするのが、大体4月後半から5月の連休にかけて。

 

晴れて気温が上がった日曜の昨日、

やりましたよ(笑)

先日の残りの裏側半分と

北側の狭い花壇の草取りと剪定少々。

 

昨年末に剪定しなかった

北側のモミジの新葉がいつのまにか

茂ってきたので、漉き剪定、

やはり新葉が伸びて込み入ってきた

細葉ヒイラギ南天のマホニア・コンフューサも。

 

f:id:koboaoineko:20180423162451j:plain

 左から(モミジ、オタフクアジサイ、斑入り額アジサイ、マホニア・コンフューサ)

 

オタフクアジサイと斑入りガクアジサイ

かなり背が高くなってしまったが、

もうこの時期になったとあっては、そのままに。

植えたはずだけど、消えてしまった植物もある。

そうしたスペースに、昨年地植えにした

アメリカ・ナンテン "レインボー"の花が

ついているのに気づいた。

 

f:id:koboaoineko:20180423144657j:plain

 

 

サクラもそうだったが、今年は開花が早めなのか

気づくのが遅かったのか、少し前の花も含めて載せておこう

 

f:id:koboaoineko:20180423145323j:plain

黄花ホウチャクソウ

 

 

 

f:id:koboaoineko:20180423145448j:plain

シラー・カンパニュラ―タ (ヒアシンソイデス)

 

スパニッシュ・ブルーベルと呼ばれることも。

これは綺麗なブルーの可愛い花だが

春になると、あちこちから新たに出てくる

 

f:id:koboaoineko:20180423145646j:plain

こちらは白花で可憐なのだが

なかなか増えない

 

 

f:id:koboaoineko:20180423145741j:plain

斑入りアマドコロ

 

地下茎で増える。

鳴子ユリと呼ぶ場合もあるらしいが

厳密には違うそう。

以前も書いたことがあったけど

茎が丸いのが鳴子ユリで

アマドコロは触ると角があるんだって…。

触ったら、これはアマドコロだった(笑)

 

 

f:id:koboaoineko:20180423145947j:plain

今年は、ちょっと花がついたブルーベリー

地植えにしてから、実が沢山つくのを心待ちにしつつ

もう数年だが、ジューンベリーの木よりは早いかも(笑)

 

 

f:id:koboaoineko:20180423150339j:plain

門脇の植え込みの霧島ツツジ?が綺麗

今年は薄いピンクがよく咲いた。

 

この下に

 

f:id:koboaoineko:20180423150436j:plain

アジュガ・マルチカラーの紫が映える

 

 

クレマチスアジサイ、ウツギ、

スモークツリー、ドドナエア、セージなどなど

花の蕾もあちこちに散見されて

毎日眺めるのが楽しい季節になってきた。

 

 

  

 

 

今日の一枚

ポストカードこらーじゅ 101

 

f:id:koboaoineko:20180423151059j:plain

この時のタイトルは、

”ほんわかキャット-ひと息ついてネクストステージ”

だったようです。

(引用)~~

洋文字柄の折り紙と、和風模様の折り紙を

台紙にして、こうなった(笑)

なんか、季節がら、あったかモード色で。

後は、シールとマステを適当に…。

思い付き、失敗なし(やり直し無し)ルールは同じ。

 

ところで、ネクストステージって、

101枚目っていうのもあるけど、

たまたま、日常のブログも

JUGEMからはてなへ)新しく切り替えました。

~~(引用終わり)

 

ということは、

一年半前程の(前コラージュ)ブログからの移行時期のもの。

まあ、ちょうど、新学期の春なので、

切り替えとしてはシンクロでしょうか。

 

それにしても、今日は曇りで、肌寒く感じる。

近頃はもう、日々、そして一日の中でも

寒暖の差があるのが当たり前みたい。

猫は正直で、今日はさっさと家に入っている。

 

f:id:koboaoineko:20180423152430j:plain

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。  

 

 

春の庭木-リキュウバイ(利休梅)と桜など、コラージュ100枚目は?

 

  

 

四月ですね!

晴れて暖かいと、

春らしい庭に呼ばれて

おとなしく室内で仕事していられない(笑) 

 

f:id:koboaoineko:20180402142939j:plain

庭の桜は、花びらが舞っています

 

 

f:id:koboaoineko:20180402141929j:plain

 

桜は、葉桜になってきましたが

リキュウバイ(利休梅)が満開

f:id:koboaoineko:20180402142313j:plain

リキュウバイは、バラ科の落葉性低木。

中国原産で、日本には明治末期に入ってきたそうですが

茶花として利用されていたので、

利休梅と呼ばれるように

なったらしい。

家の庭では古株さんなので、30年以上になると思う。

新緑と白い花が共に出るので、とても清々しい。

 

f:id:koboaoineko:20180402142412j:plain

リキュウバイの実は、金平糖みたいな?面白い形をしていて

種が落ちるようで、庭のあちこちから芽を出している

そんなにあっても困るから、抜いてるけどね。

 

 

f:id:koboaoineko:20180402143439j:plain

 

その下では、カイドウ(海棠)

 

f:id:koboaoineko:20180402143035j:plain

 

そして

シャクナゲ’(石楠花)が開花してきました

 

 

f:id:koboaoineko:20180402143618j:plain

 

こちらは、ボケ(木瓜)の花

 

 

f:id:koboaoineko:20180402143720j:plain

 

シモツケゴールドフレームの新葉

 

 

そして、原種系チューリップ

レディジェーンも素適

 

f:id:koboaoineko:20180402144017j:plain

 

f:id:koboaoineko:20180402144042j:plain

 

 

 

f:id:koboaoineko:20180402144104j:plain

こちらは、イカリソウ オレンジクィーン

写してないが、辺りにはムスカリ

 

チューリップも下の二つは

後から植えたものですが

 

 

 

 

年季の入った庭木は見応えがある

庭づくりって長い年月がいるのね

あ、育った木を植えれば別ですが…

 

日に日に、

どんどん新芽、新葉が伸びてきます。

カシワバアジサイアナベル周辺の

落ち葉を拾って、すっきりしました。

 

f:id:koboaoineko:20180402145627j:plain

 

お久しぶりの庭便り…でしたね。

 

今日の一枚

 

ポストカードこらーじゅ 100

f:id:koboaoineko:20180402151605j:plain

100枚目は、ハッピーガーデン!

ガーデン・モチーフでした~(^^♪

ベースは頂いたイタリアのラッピングペーパー。

当初、100枚は貼れるかなと思ってましたが、

あと5枚ぐらいあります。

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。  

 

「想定外を生きる」鎌田浩毅さん-京大・鎌田流『一生モノの超・自己啓発』

 

書棚にあった

「想定外を生きる」という

副タイトル?が目に留まって読み始めた一冊。

 

一生モノの超・自己啓発 京大・鎌田流 「想定外」を生きる

一生モノの超・自己啓発 京大・鎌田流 「想定外」を生きる

 

  

本の帯にも、内容にもあるが「懺悔録」ともいう。

著者は、京大の 教授であり、

火山が専門の地球科学者の鎌田浩毅氏だ。

若い頃から、ビジネス書を多く読み、

ご自身でも、理系的発想に基づく多くのビジネス書を著してきた。

科学の本質も、ビジネス書の根本にあるのも

「予測」と「制御」だそうだ。

 

しかし、科学者としても

2011年の東日本大震災をはじめ、

2014年の御岳山の噴火など

近年起こった想定外の出来事を通じて

大きな衝撃を受けたといいます。

 

 仕事、人生をすべて計画してコントロールできると考えるのは、人間のおごりではないだろうか。むしろ、仕事や人生の“揺れ”を認めて、時には折れながらも、うまくつきあっていった方がよいのではないか。

 そうした問いが、私の中で日に日に大きくなってきました。 

 

本書では、あらゆるものが変動し、不確かなこの時代を

幸福に生きるための道しるべを述べたいと思ったそうです。

 

 

  

 

 

これまでのビジネス書などの

「未来はコントロールできる」の限界を知り、

またヒッピームーブメントなどの極端な自然回帰でもない

第三の生き方=道”について言及します。

 

具体的に言えば、想定外のことが起きることを前提として「ゆるい計画主義」のようなものが求められると思います。

 

著者が注目したのは、スタンフォード大学

ジョン・D ・クランボルツ教授が提唱している

一種の「キャリア論」である

「プランド・ハップンスタンス(計画された偶発性)」理論。

 

従来のキャリア理論は、キャリアのゴールをまず定めて、そこに到達できるようにキャリを積み上げていく計画主義的な考え方が中心でした。

 しかし、人生には予測不可能なことがつきもので、何が起こるか分かりません。ときには偶発的な出来事によって道が拓けることもあります。

 たとえば偶然出会った人と意気投合して新しいビジネスを始めたり、たまたま割り当てられた仕事がおもしろくて自分の適性を見出したり、こうした偶発性を積極的に人生をよりよいものにしていこう、というのが、プランド・ハップンスタンスの基本的な考え方です。

 

これまでの計画主義では、偶発性をマイナス要因ととらえがちで

たとえば、旅行の際に雨降りなどのリスクに備えて準備する。

しかし、雨だけでなく嵐かもしれないし、雹が降ってくるかも。

更に、可能性としては空から魚や蛙が降ってくるかもしれない、

というのも、2009年には

石川県でオタマジャクシが実際に降ってきたという。

さらに、火山学者の著者なら、火山灰すら考えられる。

そもそも可能性をすべて計画に組み込むのは無理な話なのだ。

 

 一方、プランド・ハップンスタンスは、偶発性をマイナス要因としてとらえるのではなく、可能性を広げてくれる一つの「チャンス」としてとらえます。ですから、予想外のことが起きても、「当初の計画と違ったのでリカバリーしなくてはいけない」と計画に固執するのではなく、「こっちの方がおもしろそうだ」と考え、柔軟に対応します。

 

プランド・ハップンタンスは、偶発性に対してきわめて能動的です。

 たとえば人生を変えるような幸運を見逃さないように周囲を観察したり、偶発的な出来事がたくさん起きるように自ら行動を起こしたりします。偶発的な出来事を起きるのを座して待つのでなく、自らチャンスをつくっていく。その意味で、「計画された偶発性」なのです。

 

 

f:id:koboaoineko:20180330122204j:plain

庭の桜も満開

 

 

そして、迷ったときも、「流れで行ってみよう」というわけです。

  では、ここで言う「流れ」とは何でしょうか。そのときどきの惰性や、まわりの風潮や同調圧力などは小さな流れです。

 私が言う「流れ」とはもっと大きな流れ。「流れで行ってみよう」とは、何ものにもすがることなく、結論も急がず、この場でひととき宇宙の流れに従ってみよう、ということです。

 

 もちろん、

小さい頃から計画主義的発想で育てられてきた

私たちの多くは、「偶発性を楽しむなんて…、

想定外のことが起きるのは不安だ」というのも分かるという。

実際、想定外のことで物事がうまくいかなくなるケースもある。

 

 しかし、想定外のことを極端に恐れる必要はありません。想定外こそが、思わぬ恵みをもたらしてくれることもあるからです。

 

事実、地球も生物も「想定外」とともに進化してきたと言えるという。

規模は違うが、個人の人生も同じで、ピンチを経験することで

人として一回り大きくなることもある。

 

大切なのは、想定外をやみくもに排除しようとするのではなく、いったん「受け入れる」こと。

そのために、いかに偶然や偶発性を楽しむか、活かすかについて

述べられています。

 

スケジュールで埋めない。

どのようなことでもできるだけ積極的に経験すること。

いまあるものを使って生きる 。これは、生物が「ありあわせ」で

進化したことによるそうです。

 

 原始生物と一緒にされてはたまらないという人もいるでしょう。しかし、私は人間が地球や生命の進化から学ぶべきことは多いと考えています。

 

 実際、人間は生きるために必要なものをすでに身体の中に備えています。 

 

このようになかなか示唆的な内容なのですが、

特にもう一つ、気に留まったのは

「人生をストックからフローへ」という4章でした。

 

地球科学者ゆえに、防災とエネルギーについてもふれています。

自然災害を封じ込めることは不可能であるし、

万全と思える対策でもいつかは予測を上回る災害は起きる。

これから必要なのは、「減災」の発想だという。

 

 エネルギー問題と言うと、すぐに原子力発電は是か非かという話になりがちです。もちろん原発の安全性は重要なテーマであり、十分な議論が必要だと思います。

 ただ、私は震災を通して、原発の是非以前のもっと根源的な問いを突きつけられた気がしています。それは、人類は大量のエネルギーを消費するいまの生活を続けていていいのか、という課題です。 

 

化石燃料に依存しない発電技術の普及と同時に

ライフスタイルを「ストックからフロー」に変えることが大切だと考えています。”

 

著者によれば、生物はもともとフローで生きていて

いずれにしても現代のストックは明らかに過剰であるという。

 

 いま世の中は「所有から利用」、つまり買うよりレンタルやシェアする時代に移ってきています。

 

何より、来たるべき自然災害に対して、「しなやかな社会」をつくる

必要があると説いています。

 いま日本列島は、「3・11」の東日本大震災以降に地殻変動が活発化して、「大地変動の時代」に突入しています。

  

 

 

-私的ポイントメモー 

 ・どう生きるかは身体に聞く

 (気持ちが明るく、身体が軽くなる方を選ぶ)

・偶発性を楽しむ

・ひたすら、いま、ここを生きる

・いま持てるものを使ってベストを尽くす

・一つのことに縛られないしなやかな生き方

 

日常でも、思いがけないことや

時に非常事態なんかも起こります。

いずれにしても、

想定外を生きることは避けられない時代になっていると

つくづく感じています。

興味のある方には、一読をオススメしたい一冊です。

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。