読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

コラージュ・メッセージ

 

おはようございます。

この時期にしては、

暖かいのか寒いのかよくわからない

つまり、着るものに悩む感もある、この頃ですが

晴れては、いる…。

  

では、今日の一枚

ポストカードこらーじゅ

その7

 

f:id:koboaoineko:20170424122015j:plain


遡って載せているので、タイムラグがありますが、

これを貼っていた日は、雨だったと思います。

で、ちょうどメッセージ入りのマスキングテープを

使ってみることにしたのでしょう。

薔薇の花模様をあしらった中に、英文が印刷されていて

洋風な感じがしゃれているのですが、フレーズは、ちょっとした金言ふう。

 

(エメルスタイル タイピングレターローズ)


たとえば、今回は"Don't think about the rain. Just enjoy the rainbow.

雨にこだわらず、虹を楽しもう、ということで、

明るい面を味わいましょうって感じかな。

いいあんばいに、虹色マステもあったので、貼って、

確かに、気分も晴れました! (笑)


コラージュは、絵と同様、心理療法にも取りいれられていて

それ自体に読み取れるメッセージ性もあるようですが、

ここでは、貼ることを楽しみながら、もっと単純に

いわゆるメッセージカードとしても

使える面白さがあるな~と感じました。


たまたま次の一枚には、

ずばりそのアイテムであるメッセージ・シールも

あしらってありました。

  

 

 

 

 

 

ポストカードこらーじゅ

その8

f:id:koboaoineko:20170424122202j:plain


何だかよくわからないまま、ファンシーな雰囲気になってます(笑)

 

item.rakuten.co.jpカミオジャパン My Collage メッセージシール アンティーク)


今は、カード類や付箋なども、可愛かったり、面白いものが多くて

紙モノ・文具好きには、見ているだけでも楽しいのですが、

持っていた紙モノ、シールを使おうと、始めたのに、

ついついまた、素材が増えそうなのは、どうしたものでしょうか(笑)

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

『問題は解決するな』Kan.さん

 

今週末には、いわゆる、ゴールデンウィークに入ろうと

いう時期ながら、ちょっと寒いくらいの陽気でもある。

やはり、もう天候でさえも、これが当たり前なんて

ない変動の時代なのかもしれない。

 

それでも、庭の草花は、季節にそって

移ろっているようで、ドイツスズランが

咲いてきていた。

 

f:id:koboaoineko:20170424173346j:plain

 

 

 

 

 

 今、多くの人は、子どもの頃から教えられてきたことが、自分を形成していると思い込んでいます。本来の自分ではなく、「メイド・イン・教育」の自分を生きています。
 しかし、私たちが習ってきたことは真実でも何でもなく、単なる「生きる術」にすぎません。
 生きていく上で「習ったこと」は必要ですが、教育はあくまでも、私たちが生まれた時代と国を生きていくために身につけるべきことを教えているだけ。自分とはまったく関係ありません。

 

 2章で書いた通り、私たちは自分が物質だと思っていますが、もともとは宇宙が具現化した存在です。
 そして、私たちの体を構成しているのは、宇宙の素材です。
 自分が、宇宙の具現化した姿だなんて信じられないと思うでしょうか?
 しかし、私たちは一度も宇宙の外に出たことはありませんね。
 日々いろいろなことを話し、考え、おこなっていますが、それはすべて宇宙の中でやっていることです。

 

 

  私たちは、「外からインプットしたもの」でできているわけではありません。
「メイド・イン・地球」の自分は、外側からいじりようのないものです。
 だから、自分探しなど一刻も早くやめたほうがいい。
 時間の無駄です。
 それよりも大切なことは、自分が身につけてきた装備を脱ぎ捨てること。
 素直に、この世界の生きにくさという違和感を実感すること。
 そして、そこから生じてくる感覚を大切にすることです。

 

問題は解決するな

問題は解決するな

 

 

      『問題は解決するな』 Kan.   

 

道教の秘術であるクンルンネイゴンのマスターである

Kan.さんは、変わった経歴の持ち主だけあって

視点がなかなか面白い。しかし、

ある意味、至極、まっとうな生き方を伝えてくれる。

 

この本は、まさに

帯にあるように“地球というせつない星で生きるための人生の極意”


出会いと別れをともに味わわざるをえない地球を、

素直に切ないともいわれる

Kan.さんに共感を覚えつつ、読み進むうちに、

これまでのさまざまな錯覚から覚めて生きようとしみじみ感じる。


問題は解決するものと教えられてきた?従来のあり方とは、違う

タイトルについての内容諸々は、お読み頂くこととして…。

 

 自分と宇宙のコラボレーションで、生きる使命なんて、どのようにでもなっていきます。
 決して、「自分とカリスマ」や「自分と親」、「自分と社会」とのコラボではないですよ。人や社会から言われることなど、大きなお世話です。
 多くの人が目指している「自己実現」という言葉を、別の言葉で言い換えてみましょう。
 それは、「今をただ味わう」ということです。

 

いわゆる、引き寄せの法則だったり、ポジティブ・シンキングであったりと、

(それはそれで、また楽しくは読めますが)

いわば、一時、気分を高揚させてくれるあまたの自己啓発書とは、全然違う。


宇宙レベルで、常により大きな視点で物事を見て語られるKan.さんの著書、

簡潔ながら、得がたい示唆に富んでいて、読み直すたびに

静かにじわじわと心に響いてくるものがあります。

                    (不思議の庭のミランダ)

 

 

f:id:koboaoineko:20170424173423j:plain

  

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

パンケーキに珈琲はいかが


パンケーキにコーヒーの朝食はいかが?

と言ったのは、ムーミンママでしたが、

今日の一枚です。


ポストカードコラージュ

その5

f:id:koboaoineko:20170402165730j:plain


これも、この“レシピ”のマスキングテープが使いたかった系(笑)

 

 
レシピのマステには、実際、

パンケーキとフルーツタルトの作り方が載っていて

そのハウ・トゥ・メイク・ア・パンケイクのほうです。

やあ、これから、たっくさん出てくると思いますが、

食べものモチーフ

好みのシールやマステを見てたら、あるある…


“物買って来る。自分買って来る。 -河井寛次郎(陶芸家)”


そうか~、ミーハーだけでなくて、食いしん坊ってわけか。

 

 

 

 

 


というところで、今日のもう一枚

ポストカードこらーじゅ

その6

f:id:koboaoineko:20170402170310j:plain


これは、あれですね(指示代名詞の多い人)

2月初めで、バレンタイン・シーズンが念頭にありました。

まだ、台紙をどう扱っていいものか…

クラフト紙をちぎったりしてた頃。

 

何でもやってみると、

自分が好きなものや、ことを

あらためて知ることにもなり、

面白いですね。

 

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

 

 

大地に還す-沈丁花とネコの話

 

ちょうど、他のブログに載せるため

バガヴァッドギーター(インドの神の詩)の

カードを見ていて、目に留まった一節で

思い出した記事があったので、載せることにしました。

 

 Yogaは、この体は私たちが経験する場所にすぎないといいます。体という場所を通して、私たちは世界と触れあい、出来事を経験に変えるのです。

 体は、土地のようにリサイクル可能な場所。使い終わったら土になり、大地に戻ります。だれもがある日、体という場所に、心とパワーを持ってやってきます。

 そこに宿り、世界を体験し、必要な体験を終えたら、借りていた場所を世界に返します。体は土に分解され、水となり、空気となり、自然を循環し、また次の体を生み出すのです。  

        クシェートラ(体、現された物)より 

  

バガヴァッドギーターカード

バガヴァッドギーターカード

  • 作者: 向井田みお,Under The Light Yoga School (アンダー・ザ・ライトヨガスクール),彩織り
  • 出版社/メーカー: ヴィジョナリー・カンパニー
  • 発売日: 2013/09/26
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

 

 

 

週明けとともに、植木屋さんが庭木の剪定に入って下さり、

かねてよりあたためていた作業を一つお願いしました。

先代猫たちも、よく見知っていた植木屋さんです。




(2011年1月)


数年前に枯れるまで沈丁花の低木があった場所に

工房の先代お偉方(猫たち)のお骨を埋めるため、

小さな穴を掘ってもらいました。

ちょうどよく、あたたかで穏やかな午後。

穴に、バラの花びら(ポプリ)を敷いた上に、

骨壺から出した二匹のお骨を入れて、

その上に、ホワイトセージ(ポプリ)と紫色の花を供え、

家族で土をかけ、その後また、植木屋さんが綺麗に埋めて

土を盛ってくれました。

彼らのお墓というわけではありません。

ただ、なぜか彼らが好きだった

(香木なせいか、よく匂いを嗅いだり、なすっていた)

その場所、沈丁花の跡がいいと感じていたからです。

 

f:id:koboaoineko:20170422152916j:plain

当初の沈丁花




(2010年 1月)

西側で日当たりもよく、猫が出入りする掃き出し窓の前で、

居間に接して、とても気持ちのいい場所です。


昨日、家にいらした知人にその話をして、

「庭の他の片隅に、よく(先代)猫の一匹が捕らえた小鳥やねずみも

葬ったこともあったのですが、その捕った側も、時がたてば

やがては、同じ土に還るんですものねぇ…」というと

静かに相槌を打っていらして、「ヒトも、ね…」と続けられました。

人間は限られた視野から、さまざまな差別化をしがちですが、

壮大な宇宙の営みのもとでは、万物が平等です。

彼らも既に、天界というかスピリットワールドへ戻って、

もとより、動物は、ヒトほど魂の宿であった肉体に

執着していないようですが、

それでも、家族であった彼らの遺骨を、なじんできた

身近な庭で、自然の中へと、大地に還すことが出来て、

ほっとしました。

ちょうど、ふうちゃんの命日から一年半、

(みい君は一年3カ月ちょっと)でした。




(色紙)

私たちは皆、今この時空への 訪問者である。

すべては、来て、過ぎていく。

見、体験し、学び、愛し、

そして、源の家へ帰る存在である。

   -アボリジニの格言より-



今を生きる姫は、植木屋さんの作業用シートも遊び場(笑)

お庭の木々も綺麗にしてもらい、

新年に向けて、スッキリしました。
                 (旧ブログ 2013年12月)

 

7年ほど前に始めた旧ブログは閉じましたが、

いくつかの記事を転載もしくはリライトしています。

 

ほぼ同じ場所に、やはり沈丁花の苗木を

斑入り葉ですが、植えて3年ほどです。

 

f:id:koboaoineko:20170422153726j:plain

 

なんと、花言葉

『不死・不滅・永遠』とかで、しっくりくる(笑)

 

人間同士だと、時に葛藤した思いもあったりしますが、

動物、コンパニオンアニマルは、ただただ愛おしい存在です。

たぶん、彼ら自身が私たちに

無条件の愛を教えてくれる存在そのものだからかなと

感じます。

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。 

マスキングテープに惹かれて-マステ見本帖

 

今や、マステとか略して

様々な柄や模様入りの

オシャレな文房具雑貨のマスキングテープ。

 

元は、工業用途の養生素材だったそうだが、 

コラージュをやってみようと思い立って

このマスキングテープというものが、

実に重宝すると知りました。

簡単に貼ったり、はがしやすく、切り易い。

 

近所のお店で見つけたほかに、

世間には、あふれんばかりの素適なマステが!(笑)

あるんですね、と当時は(2年前)大はしゃぎ。

 

 

 

 


ポストカードこらーじゅ 

その4

f:id:koboaoineko:20170402122132j:plain

 

これも、まだ慎重(抑え気味)に、貼っていますが、

紙面を横断するように貼ったマスキングテープ

(フィヨン・スチュアートさんのVILLAGE) を

使ってみたかったのでした。

 

 

前後して、材料が増える前に、整理も兼ねて

ネットで拝見したような

マスキングテープの見本帖を作りました。


(A5サイズのリングファイルに無罫用紙。

そこに、模様が一巡する程度に、貼っておくだけ)

 

f:id:koboaoineko:20170402123543j:plain

 

ちなみに、これは、

上記のフィヨン・スチュアートさんのマステ頁です。

ニュージーランドのアーティストということですね。


マスキングテープを知り、欲しいと思ったきっかけは

ムーミンの絵本の切手柄マステがらみでした。↓

 

www.salon-shiroineko.com

 

f:id:koboaoineko:20170403135624j:plain

 

 

さて、この見本帖、マスキングテープを使う参考になるだけでなく、

色とりどりで、いつでも好きな柄も眺められて

作られた方々がおっしゃるように

とても愉しいものです。

  

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。