エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

『クリスマス・イブ』マーガレット・ワイズブラウン/『12月24日』黒井健さんー楽しいクリスマス絵本より

 

クリスマス関連の今日の一枚といえば

毎度載せる写真は同じですが…(´∀`*)

 

f:id:koboaoineko:20181224142248j:plain

(40番レース糸 ホワイト、レッド、グリーン)   直径25㎝

 

今日はクリスマス・イブ…。

簡単に、クリスマス前夜の美しい絵本を二~三冊ほど。

 

いずれも、クリスマスの前の晩を描いた、詩(文)と絵による響き合い

(ひびきあい、と変換したら“響き愛”と出るのでしたが、そういう感じもしますね)

が、素晴らしい絵本です。

 

まずは、たくさんの子どもの本の優れた作家であった

マーガレット・ワイズ・ブラウンの聖なる夜の厳かをとらえた文に、

舞台美術家出身のベニ・モントソーレが実に素晴らしい絵をつけたものです。

 

クリスマス・イブ

クリスマス・イブ

 

 「クリスマス・イブ」マーガレット・W・ブラウン文 ベニ・モントソーレ絵
          やがわすみこ訳 ほるぷ出版

 

落ち着いたオレンジ色を基調に、輝きの黄色と、黒いペンの描線で描かれた、

眠れない子供たちがそっとベッドを抜け出した静かな聖夜。

詩文と溶け合って、心うたれます。

 

そして、もうひとつは、クリスマスといえば有名な詩である

“The Night Before Christmas” ザ・ナイト・ビフォー・クリスマス

(大学教授であったクレメント・ムーアが1980年代に書いた名作)

ターシャ・テューダーら、いろいろな人が挿絵を描いているようですが、

今回は、アメリカの絵本作家、トミー・デ・パオラによる、

ニューイングランドのキルトデザインを下に彩られた

暖かみのある水彩画の絵本です。

(現在は中古市場か図書館のようですね)

 

あすはたのしいクリスマス

あすはたのしいクリスマス

 

「あすはたのしいクリスマス」クレメント・ムーア作 トミー・デ・パオラ
       かなせきひさお訳 ほるぷ出版

 “The Night Before Christmas”by Clement Moore  Tomie De Paola

 (パオラの絵本は、昔話による素適なものもあって又載せたいですね)

 

では、皆様も、メリークリスマス!

              (文庫"青い猫"#12より)

 

 

 

日本のもので

私が気に入っている一冊も挙げておきましょう。

 

黒井健さんの『12月24日』という絵本です。

 

 

私が持っているのは上掲のものですが、

今はギフト版とあり、表紙も

サンタさんが衣装を繕っている場面に

なっているのでしょうか。 

 

 

いずれにしても、黒井健さん

静謐な絵から響いてくる、美しさとあたたかさが

なんともいえない…。

サンタクロースさんのお家でも

穏やかで静かな朝が明け、

特別な日の仕事を前にも、落ち着いて過ごす様子が

淡々と描かれていきます。

穏やかな中に次第に伝わって微かな高揚感…。

大人も楽しめる

詩的な雰囲気もある美しい絵本です。 

 

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。