エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

映画『ロイヤル・セブンティーン』爽快でハートウォーミングなコメディ

 

秋かと思うほどの涼しさ、

数日、曇りがちに雨降りでしたが、

今日は日差しが戻ってきたようです。

 

 

f:id:koboaoineko:20170812125924j:plain

シモツケ ホワイトゴールドが再び花をつけています。

 

今朝のヨウラク玉アジサイ 

f:id:koboaoineko:20170812125830j:plain

 

 

  

   

 

 

これは、家族が借りたものを

思いがけず観ることになったのだが、

とっても面白かった。

 

主人公のダフネ役のアマンダ・バインズが

とてもキュートだし、

パパ役が、コリン・ファース

アマンダは、コリンがパパということで

役柄を引き受けたとか(笑)

アマンダのママ、

チャーミングなリビー役が、ケニー・ブレストン

楽しく、可笑しく、笑いながらも、

結構、ほわっとする

ハートウォーミングなストーリーでもある。

 

原題は、“What a girl wants

監督は、デニー・ゴードン

原作は、イギリスの作家 ウィリアム・ダグラス=ホームの

舞台劇(1955年)“The Reluctant  Debutante” という。

 

ニューヨークのチャイナタウンに住むダフネは

愛するママ、リビーから、いまだ会ったことのないパパ、

ヘンリーとのロマンスを聞きながら育ち、

ずっとそのパパに会いたいと願っていた。

17歳になり、単身、パパ、ヘンリーの国イギリスへ。

 

有名人、ヘンリー・ダッシュウッド卿であるパパは、

折しも、選挙活動の真っ只中。

しかも、婚約者と義理の子どもまでがいたのだ。

がっかりして、そのままアメリカに戻ろうかと迷うが、

パパへの想いが断ち切れないダフネは、屋敷に忍び込む。

 

一方、17年前、知らぬ間に姿を消した(実は追い出された)リビーが

自身の子供を産み育てていたことも、知らなかったヘンリー

(ダッシュウッド卿)は、ショックを受けながらも、

娘のダフネを迎え入れ、屋敷に逗留させる。

 

突然現れた実子を邪魔もの扱いする周囲の思惑と、

戸惑いながらも、次第に増していく父と娘の

親子の愛情が交差しつつ、気づいていく

本当に大切なもの…。

 

格式と因習の世界に、

吹き込んできた解放的な新風に

巻き起こる騒動が笑えます。

パパのために、お嬢様になろうと奮闘するダフネの

並行して描かれる恋もチャーミング。

 

 


What A Girl Wants: Trailer (2003)

  

人気のDVDは、 2015年に、新盤が出ています。

 

 この制作陣は、『アリ―・マイ・ラブ』

セックス・アンド・ザ・シティ』と同じだったのですね。

 

英国王室のそっくりさんが登場したり、また

ザ・英国紳士という感じのコリン・ファースですが、

彼が、ターバンを巻いたり、なんと

ピチピチの革パンをはいて踊りまくる姿!(爆)など

(上に載せた英語のトレーラーにもちらと出てた)

ファンは、思いがけず愉しめるシーンもあります(笑)

 

余談ながら、嫌味な婚約者役のアンナ・チャンセラーは

BBCドラマの『高慢と偏見』でも主人公エリザベスに

意地悪していたミス・ビングリ―役の女優さんでした。

また、日本では公開されていないようですが、

悪妻といわれたシェイクスピアの奥さん役も演じたらしい。

ああいう嫌な女という役柄がなぜか似合う、

というかうまい(笑)

 

とにもかくにも、テンポと

ノリのいい軽~いコメディ。

爽快な後味は、クセになる…

また観たくなる面白さでした。

 

 

f:id:koboaoineko:20170812130725j:plain

 

  応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。