エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

うけたもう-『感じるままに生きなさい 山伏の流儀』星野文紘さん

 

これから、大降りになるのだろうか。

今は小休止の雨の日。

 

今日は夏至だ。

これも、大きな季節の節目。

またエネルギーも切り替わる。

しかも、今週末(24日)は新月

 

 

f:id:koboaoineko:20170621102831j:plain

ネジバナが花壇の片隅で、今年も咲いている。

 

 

 

 

 

 

星野文紘さんは、出羽三山羽黒山伏。

山伏名は、尚文(しょうぶん)

宿坊をやりながら、修行されている。

近年、講演会をしたり、今年の初めに本を出された。

 

感じるままに生きなさい ―山伏の流儀

感じるままに生きなさい ―山伏の流儀

 

 

力強く響いてくる、その語り(言葉)は

実にシンプルだ。

すべて星野さんの気づきで、

本質はシンプルだから、腑に落ちるという。

 

感じるまま、

魂のまにまにやれば、

物事はうまくいく

 

すべて基本は感じることだよ。

感じることからやっていくと、物事はトラブらない。

頭を使うからトラブるんだ。

考えるからむずかしくなる。

感じるからはじめるとトラブらない。

それぞれの魂のまにまにやっていたら、スイスイいくよ。 

 

修行は

昔の人のような

魂にするため

 

なぜ修行をするのか?

簡単にいうと、昔の人のような魂にするためだ。

昔の人たちは魂が強いんだよ。だから昔の人の魂の段階に、自分の魂を持っていけばいいわけだ。

魂を強くして、その感じたことが答えだから。

人は、自分が感じたことをとやかくいわれる筋合いはないからね。

いまは「考える」だからいわれちゃうわけだ。「そんな考えはおかしい」と。

でも、「感じる」ことに対しては、「俺が感じたことなんだからよけいはお世話だよ」となる。そうなればいったほうも納得するわけだろう。

魂を強くすれば、現代人でも感じる力が強くなるものだ。 (後略)

 

頭で考えることが優勢になりがちな現代社会。

しかし、今こそ、根源的というか本能的な感覚が、

必要とされているのではないかと感じている。

そう、まさに(それぞれ)私が感じていることこそが…。

 

題名にある

“うけたもう”は、羽黒修験だけにある言葉だという。

すべてを受け入れる。

そこには信頼ということがあるんだろうね。

 

 “ゆるやかであいまいなところが日本文化のよさ” ともあった。

 

面白かったのは、女人禁制についての星野さんの気づきだ。

女人禁制は野生の強い女には修行は必要なかったから”とある。

確かに本来、女性は自然に近く、月のものは、浄化そのもの。

星野さんによれば、野生のエネルギーとなる。

 

女人禁制についても気づいたよ。

「女の人は山に入っちゃいかん」「修行しちゃいかん」という掟があった。

俺の気づきからいくと、女の人は修行に入る必要がないからなんだ。

野生も魂も強いから。

山に入ったり、修行する必要はなかったんだ。

民俗学では、月経があるから入っちゃいけない、という。

真逆なんだよ。

研究者は修行していないけれど、俺は自分でやって気づいたことだもの。

感じて考えて出たものだもの。

いまはそこから進んで、女の人が野生、魂を忘れているなら、修行に入れて、それを気づかせなきゃいけないという気持ちでいる。

 

新暦太陽暦)になったのは、明治五(1872)年。

感覚的に、旧暦のほうがしっくりくるのも

一年のサイクルと季節感がぴったり合っていたから。

もっとも、近年は、地球自体もバランスを取り戻そうと

気候も天候もあらゆるものが変動期に入ってしまってはいるが。

 

そして、こうしたインターネット生活が日常となり、

意識しないと、自然から離れてしまいがちな今、

やはり自然に触れ、身体感覚を取り戻すということは重要だと思う。

 

決断もそう、頭ではできない、

決断は魂、直感なんだという。

 

気になるのは魂のせい。

だから

気になることをどんどんする

 

よく取材にくるメディアの連中から聞かれる。

「星野さん、みんなはなんで修行にくるんでしょうかね」

俺はそういうとき、「それは気になるからだよ」という。

「星野さん、それじゃあ記事にならないんで」と、何やかやと理由をつけたがる。

だけど、気になったからきているんだと思うよ。

重要なんだよ、気になるということが。

気になるって、頭がさせるわけじゃない。

気になるのは、魂がさせるわけだから。

だから、気になることをどんどんやれば、魂を鍛えることになると、俺はいっているんだ。

頭で気になることとか、人からいわれて気になることじゃないよ。それ以外で気になること。その気になることをどんどんやればいいんだ。

そうしたら、魂がよろこぶ。

ところが気になることがあっても、それを止めるのは頭。

何やかやとやらない。やれない理由が出てくるんだ。

それは頭がそうさせているんだ。

そこをやめずに、気になることをどんどんやるんだよ。

 

気になった本を手に取って、よかった(笑)

「うけたもう」の人生。

 魂のまにまに、気になることをやる。

(“まにまに”とは、やまと言葉、そのまんまということだそうだ)

気になるかたは、一読をお薦めします。

 

 

f:id:koboaoineko:20170621104020j:plain

     

 応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。