エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

今の自分だから出来る-『悩みを幸せに変える法則』苫米地英人氏

 

今日も雨。

お天気の回復は遅いのか

結局、今も小雨が降っている。

昨日は、市の公園通りの

桜並木を車で過ぎただけでも、

見事だったのだが、

やはり雨に煙る桜の花だった。

 

 

 

 

 

f:id:koboaoineko:20170409153542j:plain

 

 庭の桜と利休梅も雨に煙る

 

f:id:koboaoineko:20170409153217j:plain

 

 

 

f:id:koboaoineko:20170409153311j:plain

雨の中で、シャクナゲ(石楠花)が咲き出していた

 

 

f:id:koboaoineko:20170409153413j:plain

玄関先で咲いていたが、雨で倒れていたのを花瓶に

原種系チューリップ レディジェーン

 

庭へも春の到来なのに、

雨で足止めをくらっているのは

私も猫も同じ(笑)

 

ところで、

先月から、思いもかけず、新しいことを始めることになり、

いわゆる自信がないけれどスタートという、心もとなさがあった。

 

最近、コーチングで知られた苫米地英人さんの本を読んでいて

面白い個所が目に留まった。

 

 講習会やセミナーでも「どうしたら自分に自信が持てるんでしょうか?」という質問は絶えません。

 そのたびに、私はこう答えています。

 「自信なんて、いりません」

(中略)

 自信とは、過去の実績のことです。いわば、ここまでうまくやってきた、ということ。

 だから、「今回もうまくいく!」というのが、「自信がある」というわけですけど、過去はもうすでに終わったことであり、決してまた巡ってはきません。

「前回この勝負に勝ったから、今回も勝てる!」という自信は、過去にすがっているだけです。

 

コーチング用語でいうと、「現状の中にいる」ということで、

居心地のいい現状にいるだけでは、今の自分からは脱却できない”と続き、

自信のかわりには、高い自己評価(エフィカシ―)を持てばいいという。

自己評価が高いと実績がなくても、

やり遂げることができると思えるという。

 

 本当に持ってもらいたいのは、「今の自分だからできる」という、確信なのです。

「ここまで練習してきたから大丈夫」は、意味がありません。

「失敗続きだったから、ちょっと自信がない」なんてのは、論外です(苦笑)。その失敗は、戻ってくることのない過去ですからね。

 ですが、「ここまで練習してきたからあきらめない」は、ありです。その練習と“今”が、続いているからです。

 

まあ、確信もなかったのだが、ふと感じていたのは、

前はできないと思っていたが、

「今の自分だからできる」のかもしれないというところ。

 

確かに経験がものをいうともいうが、最近感じるのは、

過去がどうということより、今、これからどうかという

ほうに焦点をあてたほうがいいようだということ。

 

コーチングでは、時が、過去から、未来へ流れるのでなく、

逆に、未来から、過去へと考えるようでもあるが、

それをおいても、変化の時代には、今まで以上に

特に、過去に固執しないほうがいいように感じる。 

 

ちなみに、引用した本は、女性誌に連載されたということで

苫米地氏の著書の中では、専門用語が少ない。

たぶん、わかりやすい一冊。

 

悩みを幸せに変える法則

悩みを幸せに変える法則

 

 

悩むのは、暇だからという話もあって(笑)

現状を打ち破る?刺激を受けられるかもしれません。

個人だけでなく、社会にも広がる内容が

興味深い著書が多いです。

苫米地氏が、一貫して伝えているのは、

社会や国家、権威に洗脳されずに、

自分の人生は自分でつかみなさい

ということでもありますね。

 

自信を持つとか、自己評価を高めるというと

難しく考えてしまいがちですが、

とにもかくにも、人と比べないことだったり、

何よりも、自分の気持ちや感覚を信じるという

ことにつきるように感じます。

 

 

f:id:koboaoineko:20170409161343j:plain

 

応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。


にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。