エブリディ・マジック-日だまりに猫と戯れ

草木と庭と猫と…本や日常のあれこれ、小さな発見

MENU

詰まりを取る-『新・片付け術「断捨離」』/柄入り折り紙(秋めいて)

 

雨は、少し降って、

後はぱらつく程度。

 

 

f:id:koboaoineko:20170608172111j:plain

 ドドナエアの花後のさやが色づいてきた

 

 

ここしばらく、洗面台の水が流れにくく、

気にしてた家族に、昼前に、洗面台の

下の排水口のS字パイプの上部をはずしもらい、

バケツを置いて水を流し、詰まりを取り除いた。

この処置をしたのは、かなり以前のこと。

今回は、面白いことに、

片付けを始めたこの時期なんだよね。

 

ということで、このモードに入ると

今日も、思いつくままながら、

結果、小さな片付けがすむ。

例えば、冷蔵庫の隅とか、普段、スルーしているところも、

ちゃんと目に留まり、要らないものを処分出来る。

とりあえず…と、モノをとっておいて

そのままにしがちな癖も手放せれば、

尚いいですね(笑)

 

そして、実際、不思議なもので、

片付けたり、詰まりがとれると

必要なものがくるというのもあり。 

 

「邪魔」なモノ、家の中の詰まりとは、結局潜在意識の詰まり。だから、モノを1個取り除いたら潜在意識の詰まりも1個取れる。最初は小さな穴を開けていく作業かもしれないけれど、そうしていくうちにドーッと「見えない世界」どころか「もっと見えない世界」からの応援が来る。そんな感覚があります。その「もっと見えない世界」というのを神の領域と呼ぶか、サムシンググレートと呼ぶか、集合無意識と呼ぶか。その呼び方はなんでもいいのですが、もともと私たちはその恩恵に授かれる存在だと思います。でも、自分でガラクタを集めて蓋をして受け取れないようにしている人がたくさんいる。本来はそんな風にわざわざ詰まらせておく必要はないんです。その「もっと見えない世界」からの恩恵は、例えば海洋深層水のごとく湧いてくるというイメージ。詰まりのない人というのは、その恩恵を一手に受け取れます。でも、それを期待してやるというよりも、日々楽しみながら自分と日常のメンテナンスを行なっていくことが秘訣のような気がします。     

        『断捨離』 やましたひでこ 

  

新・片づけ術 断捨離 (マガジンハウス文庫)

新・片づけ術 断捨離 (マガジンハウス文庫)

 

  

昨日は、記事の引用でしたが、

今日は、そのまま本の引用箇所を載せておこう。

いずれにせよ、つまりが取れれば、

すっきりして、気分いいですね~(実感)

 

 

 

 


今日の一枚。

 

ポストカードこらーじゅ 61 

 

f:id:koboaoineko:20170604220225j:plain


最近は、ダイソーの折り紙にも、ほんとにいろいろな色柄があって、

面白そうだったので、それをいくつか使って、貼ってみました。

というわりには、目新しい感じもないですが(笑)

シールでアクセントつけて、出来上がり~。

 

 

f:id:koboaoineko:20170608172243j:plain

 

   

 応援クリック↓↓よろしくね!


ありがとう♪ 励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございます。